楚喬伝~いばらに咲く花~

  • 2017
  • 中国
楚喬伝~いばらに咲く花~

    平穏な時が流れているかのような魏(ぎ)国。しかし、その内部では国の覇権を巡る権力闘争が渦巻いていた。諜紙天眼(ちょうしてんがん)と呼ばれる皇帝直下の諜報機関を率いる宇文ゲツ(うぶん・げつ)は、貴族の子息たちによる残酷な<人間狩り>ゲームからただ一人生き残った記憶喪失の娘・小六(しょうろく)に武芸の才を感じ、星児(せいじ)という名を与えて間者にするため厳しい訓練を課していく。彼女は、自分を「楚喬(そきょう)」と呼ぶ女の淡い記憶を頼りに自身の出自を求めながら、宇文ゲツから与えられる過酷な任務を遂行していくのだった。そんな中、宇文ゲツの親友・燕洵(えん・じゅん)の祖国・燕北(えんほく)に謀反の動きありとの報が皇帝に届く…。楚喬は、対照的な2人の男・宇文ゲツと燕洵との間で揺れ動く思いを抱えながら、国を揺るがす大乱へ身を投じていく。