gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>

gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>の画像・ジャケット写真
gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

32

  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>」 の解説・あらすじ・ストーリー

『(500)日のサマー』の監督のFOXサーチライト・ピクチャーズ最新作。孤独な男と、天性の才能<ギフテッド>を持つ少女の絆を描く感動ハートフルドラマ!フロリダでボートの修理をして生計を立てている独り身のフランク。彼は、天才数学者だったが自殺してしまった姉の一人娘、メアリーを養っている。彼女は先天的な数学の天才児“ギフテッド”で、周りは特別な教育を受けることを勧めるが、フランクは「メアリーを普通に育てる」という姉との約束を守っていた。しかし、天才児にはそれ相応の教育を望むフランクの母イブリンが現れ、フランクとメアリーの仲を裂く親権問題にまで発展していく――。

「gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: Gifted

「gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:マーク・ウェブ 出演:クリス・エヴァンス マッケンナ・グレイス リンゼイ・ダンカン オクタヴィア・スペンサー ジェニー・スレイト

gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2019年06月01日 23:59
レンタル:2018年11月20日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:32件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全32件

gifted/ギフテッドネタバレ

投稿日:2018/04/26 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 天才少女を巡って大人たちが親権を争う話。

 冒頭から少女の数学に対する天才っぷりが判明していって育ての親代わりの主人公のおじさんから「能力は使ってはいけない」とスーパーヒーローもののような人間社会でばれないようにという育て方をされる日常からして主人公家族や周りの環境が見ていて楽しかったです。夕焼けの中、主人公2人のシルエットだけで神様の話をするシーンだけで見てよかったと思える作品でした。

 冒頭は天才ものとして描かれていきますが、数学天才ものはメインではなくあくまでモチーフになっていて、メインは本当の幸せをみんなで考えてそれをぶつけあってみんなが成長していくという展開でした。

 主人公は子供らしい生活をさせたいと望み、祖母は数学の能力を活かした生活をしたいと望み親権を争っていきますが、主人公たちの幸せな生活をしているのを知っているだけに引き離されていくのは【クレイマークレイマー】と同じような飛び道具で反則技でした。そりゃ感動するよという。

 個人的には小学校の同級生の男の子とかが最初に出てきたわりには後半全く関係なくなっちゃうのとかは残念でした。

 結果、何をどんな考えにせよ子どもが幸せなのが1番なんだと教育や育児の原点を改めて教えてくれる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

《天才児》を育てる叔父さん。

投稿日:2018/05/26 レビュアー:カマンベール

2017年作品。マーク・ウェブ監督作。

「ギフテッド」とは生まれつきの才能があること。
高度な知的能力があることを指す言葉。

主人公の女の子メアリー(マッケンナ・グレイス)は7歳だが、
一流大学の学生程度の数学問題が解ける天才児。
母親のダイアンがメアリーが生後半年の時に自殺してしまう。
母親のダイアンもまた数学の天才だった。

叔父さんのフランク(クリス・エヴァンス・・・キャプテンアメリカ役の)
はメアリーを引き取って実の父親のように育てようと努めるが、
ある日フランクの母親がメアリーを探し当てて、現れる。

メアリーを恵まれた環境で英才教育するべきだと親権を主張して、
フランクと裁判になる。

ここで妥協案として「里親に12歳まで預ける」という決定が下される。
この「里親」という選択肢が日本人の私には不可解でした。
「里親」って全くの他人です。
(虐待とかの危険とか考えてしまう日本人は心が狭いのかなぁ)

ともかく叔父さんのクリス・エヴァンスが格好良い。セクシー!!
ナンシー役の子役のマッケンナ・グレイスが子供ながらに天才児の、
型破りな雰囲気を持っていてただ者じゃないです。
なのにまつ毛が長くタレ目で可愛い。
片目の猫のフレッドがいいアクセントだし、憎まれ役の祖母イヴリン
(リンゼイ・ダンカン)もはまり役です。

フランクとメアリーの住む水色の壁の平屋建てとかも、すごくオシャレで可愛い。
自殺したダイアンの、母親イヴリンへの本当の想い。
それは残酷なものでした。・・・母親は毒親になることも多いのだと思います。
子供は平凡な子供だって育てやすい子なんていないです。
本当に子供の気持ちを尊重して育てるって、実は本当に難しい。
ナンシーが普通の子供の部分を残しながら、才能を発揮できるといいなあと思います。
心に染みる名作でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どちらも天才少女の幸せを考えていますが・・。ネタバレ

投稿日:2018/05/26 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 天才数学者だったが自殺した姉、その一人娘メアリーを引き取って面倒をみているフランク(クリス・エヴァンス)。
フランクも大学の准教授まで経験したが、今はボートの修理工をしている。
数学の才能を受け継いだメアリーだが、フランクはメアリーを天才児が集まる小学校に
通わせようとは考えず、普通の生活、普通の人生を送らせてやりたいと思っている。
それはメアリーの母である姉ダイアンが出産後に自殺してしまった、弟のフランクは、姉の苦しみを知りながら、それを止められなかった事に悔恨の思いを抱え、
姉の願いだとしてメアリーを普通の子として育てようとするのだった。

しかし、そこに疎遠だったフランクの母(メアリーの祖母)が現れて、
「孫の才能は活かすべきだ。天才児の学校に通わせるべきだ」と親権を主張。
メアリーをめぐって叔父対祖母の裁判が開始される。
この裁判の場面での言い争いが結構長い。どちらもメアリーの幸せを考えているのだが・・。
取引も含め、裁判官の出した結論にはオドロキしか感じない。
7歳と言えば、数学以外の事だって、ちゃんと自分の意志は言える。
子供の気持ちを無視して良いものだろうか?
「フランクと決して離れない」と約束したのに、フランクが健康保険を持っていないというだけで
会ったこともない里親の元へやられるメアリー。
笑顔がとってもキュートなメアリー(マッケンナ・グレイス)は、泣きじゃくる顔もまたとても切ない。
(ちょっとエマ・ワトソンに似てる感じです。)
彼女の感情をしっかり受け止めるクリス・エヴァンス、素晴らしい愛情だと思いました。
ギフテッドというのは、母親から受け継いだ才能という意味ですかね。

「(500)日のサマー」、「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブが監督。
普通の生活をさせることが幸せなのか? 特別な教育を与えた人生が幸せなのか?
簡単には結論の出ないテーマだが、凡人の私から見ると「笑顔」になれる方が良いに
決まっていると思うのだが、頭の良い人たちの気持ちはわからない。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

子供のしあわせは どこにある?ネタバレ

投稿日:2018/06/11 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「gifted」というのは、天から授かった特別な才能・それを持った人という程の意味でしょうか。
7歳になるメアリーは、叔父のフランクに育てられています。
フランクの姉ダイアンは、亡くなる前にメアリーを弟に託したのです。
ダイアンの希望は、メアリーが普通に子供らしく育つ事でした。
**   **   **   **   **   **
ダイアンとフランクの母・イヴリンは数学者で、自分の娘が数学の天才と知って、ダイアンの才能を伸ばすことに夢中になります。
それなりの経済力があって、我が子の才能を伸ばす道(方法)を知っているなら、親としては当然かもしれません。
ただ、イヴリンの場合は、ダイアンのためと言うよりも、その才能を世間に知らせることに向いてしまった。
あるいは、それを親としての務めであり愛情だと勘違いしてしまったように私は思いました。
そして、最終的には「ミレニアム問題」の一つ、「ナビエ-ストークス方程式」の解明を娘に課してしまったのです。
解明まであと一歩というところで、ダイアンは自らの命を絶ってしまいました。
フランクは大学准教授を辞職し、姪のメアリーをイヴリンから遠ざけて、自身はボートの修理の仕事をしながら、ダイアンの遺言どおり普通に育てていました。
7歳になって口が達者で生意気なメアリーでしたが、彼女にも数学のギフテッドがありました。
フランクは、他の子供たちと同じようにメアリーを小学校に入学させ、子供同士の関わり合いが持てるようにと考えました。
しかし、この小学校入学で、メアリーのことがイヴリンに知られるきっかけになってしまいました。
孫のメアリーの才能を知ったイヴリンが、フランクとメアリーの前に現れ、今までの生活を掻き乱します。
イヴリンの意のままにされては、メアリーはダイアンの二の舞です。
その後の親権を争う裁判や、メアリーをフランクから離して里親に預けるなど、メアリーの思いは無視されたままでした。
そして、フランクを心底怒らせる事態になりました。
ついにフランクが、メアリーを取り戻すために、イヴリンに向かってダイアンの遺言を伝えたのです。
実は、前出の問題をダイアンは解明済みで、その発表は死後にしてほしいというものでした。
イヴリンは「ダイアンが亡くなったのは、10年も前だ」と言います。
そして、フランクが突きつけた言葉は、
「その死後は、ダイアンのではない」
それは、とてもショッキングな言葉でした。
特別な才能があってもなくても、1人の人間を育てるのは並大抵のことではありません。
その育て方が正しかったのか、間違っていたのか、その結果はいつ出るのでしょう。
誰が判断するのでしょうか?
子供の育て方だけではなく、子供の愛し方まで考えさせられる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

我が子の才能に誘惑されないためにはネタバレ

投稿日:2018/06/03 レビュアー:hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 教育方針が正反対の叔父フランクと祖母イブリンが、姉(娘)ダイアンの遺した天才児の養育権をめぐって裁判で争う話だが、裁判の過程で見えてくるのは、厳格な母親イブリンが、子どもに強いた英才教育の不幸な結末だ。

 輝かしい成果を求めて、生活のすべてを数学に献身することを強制された天才の姉ダイアンは自殺。弟フランクは、そんな母親に反撥して、哲学の准教授の地位を捨ててボストンから離れ、ボートの修理工として、姉の遺児メアリーと共に遠くフロリダに暮らす。それが、我が子の目がくらむような能力に誘惑されて、才能を伸ばすという名目のもと、実際には自らの功名心に駆られた母親に突き付けられた冷酷な現実だ。

 それでも彼女はその事実から目を背け、天才の孫娘メアリーに対しても同じことを繰り返そうとする。そんな彼女の非人間性は、メアリーの愛猫フレッドを残酷にも何のためらいもなく、安楽死寸前の運命へと追いやった行為に象徴されている。ここに至ってフランクは、フレッドを他の猫と一緒に救い出すと、本当の意味で母親と対峙する。姉ダイアンもまた、自らの世界的な数学の証明を、母親の死後でなければ発表するなと、言い遺していたほどなのだ。

 親は我が子の能力を伸ばす努力はしても、才能に誘惑されてはいけない。どんな子どもも無条件に愛されて、子どもらしい子ども時代を送る権利があるはずだから。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全32件

gifted/ギフテッド<字幕/吹替パック>

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。