婚約者の友人

婚約者の友人の画像・ジャケット写真
婚約者の友人
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「婚約者の友人」 の解説・あらすじ・ストーリー

1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツを亡くし哀しみの日々を送っていたアンナは、ある日フランツの墓に花を手向けて泣いている見知らぬ男に出会う。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアドリアン。アンナとフランツの両親は彼の友情に感動し、心を癒される。だが、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンは自らの“正体”を告白する。いくつもの謎を残したまま姿を消したアドリアンを捜すために、フランスへ旅立つアンナ。パリ管弦楽団、ルーヴル美術館と、心当たりを訪ね歩くアンナは、アドリアンが入院したという病院にたどり着き、衝撃の記録を見つけるのだが−。

「婚約者の友人」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: フランス
収録時間: 01:53:45

「婚約者の友人」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督/脚本:フランソワ・オゾン 撮影:パスカル・マルティ 美術:ミシェル・バルテレミ 音楽:フィリップ・ロンビ 出演:パウラ・ベーア ピエール・ニネ アントン・フォン・ラック エルンスト・ストッツナー マリエ・グルーバー

婚約者の友人の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:53:45 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
複数言語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2019年04月26日 23:59
レンタル:2019年04月26日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

女は踏みつけられたままで終わらないネタバレ

投稿日:2018/05/01 レビュアー:なんの因果

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「8人の女たち」などのフランソワ・オゾン監督が、
エルンスト・ルビッチ監督「私の殺した男」(1932年)を基に描く。

1919年、第一次大戦後のドイツ。アンナ(パウラ・ベーア)は、婚約者のフランツを戦争で亡くし、
傷も癒えぬまま彼の実家で暮らしていた。
ある日、フランツの墓の前で花を手向け泣いているアドリアン(ピエール・ニネ)と出会う。
まだ、戦争の影が残り、敵国フランス人というだけで「息子を殺された」などとくってかかるドイツの町だ。
危険を顧みずやってきた、友人だったというアドリアンの話を聞きたいと、その両親の願いを受けホテルまで迎えにゆくアンナ。
アドリアンの方からは、ほぼ何も話さないのだが、両親は好意的に迎える。
「婚約者のフランツの事は忘れません」というアンナだったが。
灰色がかった白黒画面から、アドリアンと二人で湖に向かう山道を歩いているシーンは、
徐々に明るいカラー画面になってゆき、アンナの高揚する気持ちを表現してゆく。
アンナにも婚約者の両親にも、小さな、生きる希望が見えてくる。

──しかし、アドリアンには秘密があった。・・・。
帰らねばならぬと言って姿を消したアドリアン。
今度は、ドイツ人として、見知らぬフランスの地で彼を探すアンナ。
──慣れぬ旅路の果てに、あの再会の場面は同じ女として非常に怒りを覚える。
(クソ頼りない男を演じるピエール・ニネが、上手すぎて笑うわ!)
婚約者の両親には心配させまいと、ウソをくるめた思いやりのある手紙を送り続けるアンナだ。
泣いてばかりじゃいられない!という強い気持ちを感じる。
なるほど、カラーの場面は一瞬で、モニクロが多かったが、
最後に鮮やかな色彩で「マネの絵」を魅せるためだったのか!

「私の殺した男」(エルンスト・ルビッチ監督)は、一言でいえば反戦映画で、
人間を殺してしまって罪に苦しむ男、後遺症の悲惨さ、家族を殺された深い悲しみを
描いていたが、
フランソワ・オゾン監督は、当時は描き切れなかった男女の恋愛感情や、
女性の優しさ強さを描き加え、見応えのある仕上がりにしてくれたと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

優柔不断が招くイノセントな二重の罪ネタバレ

投稿日:2018/05/09 レビュアー:hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ほぼモノトーンの映像はクラシックだけれど、古くさくはなく、陰影が美しい。ときおり転換するカラー画面は、アンナの心象を反映してとても印象的。さり気なく構成に凝っていて、様式美を感じさせる。

 しかしながら、いろんな意味で、ヒロインのアンナにおんぶに抱っこという映画。それなのに、優しく健気な彼女に報いるものは何もないという結末に、怒りさえ感じる。モネの「自殺」を縁に生きろと?

 贖罪の覚悟もなく、中途半端な気持ちで許しを乞いにやって来て、婚約者フランツの友人というアンナの誤解に甘えて、善良そうな仮面を被ったままアンナやフランツの両親と交流するアドリアン。人を殺したという自分の心の傷には敏感でも、真実を告げることが相手にどんな衝撃を与えてしまうかには思いも及ばない。嘘と真実で相手を二重に傷つける、彼の無邪気な利己主義ぶり。帰国前夜に事実を告白されたアンナは、義両親の苦悩を思いやって、彼らには嘘を貫き通す。そしてそのことで彼女自身は一層苦しむことになる。

 さらに悪いことに、アンナにとってフランス青年アドリアンは、戦場で婚約者フランツを殺した相手でありながら、詩(ヴェルレーヌ!)と音楽(ショパン!)を愛した繊細なフランツに代わり得る人になってしまう。アンナは消息不明になったアドリアンを懸命に探して、ついにふたりは再会するが、彼には婚約者がいる。無意識かどうか、ここでもアドリアンのイノセントな鈍感ぶりは際立っている。自覚のないエゴイストほど最悪なものはない。

 最後、モネの「自殺」の前にたたずむアンナを、映画は無情にも見捨ててしまう。重荷をすべてアンナに背負わせて、強いのだから生きていけるなどと言いたくもない。アンナの優しさと強さに甘え過ぎている。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オゾン監督の実験的な古典的映画。

投稿日:2018/05/03 レビュアー:カマンベール

2016年(フランス/ドイツ合作)フランシス・オゾン監督作品。

言語がほぼドイツ語で主役女優もドイツ人。
ほぼモノクロ画面の映画で、しかも舞台はほぼドイツ。
時代は第一次世界大戦の終結直後の1919年のドイツです。

ドイツ人婚約者が戦死して、毎日墓参りを日課にするアンナは、
ある日墓に花が手向けられているのに気付きます。
花束の主・フランス人のアドリアンと知り合ったアンナは、
アドリアンが婚約者・フランツの友人と知ります。

この辺りから、アドリアンとは誰?何者?何しに墓参りを?
とミステリー風になるのですが、そのこと以外に、アンナとアドリアンの間に、共に惹かれ合う愛情が生まれはじめるのです。

しかし、その後に聞かされるアドリアンの告白は、衝撃的でした。
第一次世界大戦ではフランスとドイツは敵として殺し合った国同士なのですね。
当事はフランス人はドイツ人にとっては憎っくき敵です。
逆もまたそうです。

アンナがアドリアンに惹かれるのですから、フランシス・オゾン監督も
微妙なタブーに切り込みましたね。

映画はアンナとアドリアンのすれ違う愛の感情を、ほろ苦く描いて行きます。
正直言って、それ程面白くはなかったです。
ただ、劇中に何度も流れるショパンのノクターン遺作のヴァイオリンの音色が、素晴らしく甘く美しく感情を掻き立てました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

敵国でも自国でも、失った命の重さは変わらないネタバレ

投稿日:2018/06/27 レビュアー:飛べない魔女

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ある父親の言葉が印象的だった。
『息子を戦地に送り込んだのは父親である私たちなのだ。それは敵国でも同じこと』
戦争という名の殺人。
戦争という名目であれば人を殺すことは許されるわけだ。
殺るか、殺られるかの戦地では、たくさん敵を殺した人が英雄なのだから。
それでも、普通の人間ならば、人を殺めてしまったことを正当化し忘れることなんて
出来ないだろう。
フランス兵だったアドリアンもそういう普通の男だったのだ。
だからこそ、フランツの墓石の前で泣きもし
フランツの婚約者と家族に謝りたかった。
戦争なんだから仕方がないではないか、で済まされなかった彼の心情が痛い。
フランツの友人の振りをして
フランツの思い出のつくり話をして
真実を切り出せずにいたアドリアン。
次第に互いに惹かれあるアドリアンとフランツの婚約者アン。
モノクロからカラーに変化するその場面は
彼らの過去からの呪縛から解き放たれたようになる。
見事なコントラストだ。

言わなくてもいいのに・・言ったからと言ってフランツが帰ってくるわけでもないし
これは戦争と言う名の下で起こった殺しなんだし
言っても仕方ないよ。。と観ながら思っていた私。
案の定、アンはフランツの両親には真実を告げることは出来なかった。
これ以上彼らを傷つけることなんて出来い。
真実を告げることが果たして勇気なのか?正義なのか?
フランスまでアドリアンを探しに行ったアンの心情も切なくて
汽車の前での口づけは美しくも悲しい別れの瞬間だった。

ラストシーン。
マネの『自殺』の絵の前にアドリアンによく似ている男性が座っていたが
あれは別人でいいのか?
それともアンの幻想か?
絵を見つめるアンの表情に力強さと笑みが。
生きる勇気をもらえる絵だという彼女。
オゾン監督、さすがに描き方が繊細だと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

死者は確率100%ネタバレ

投稿日:2018/09/09 レビュアー:icy

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

許しは難しい主題だし、それを乗り越えて生きるのも難しい。それを上手く描き切ったとは思えない。第一次大戦という、ヨーロッパの戦死者数では第二次大戦より酷かった災禍とその社会的影響を考えると、このプロットではこんな難しい主題を扱っても消化不良。描かれている登場人物個人の苦しみのレベルが極めて平凡だからだと思う。まあ、そうは言っても身内を殺されるとかいう話だから重い訳だが、映画的レベルでは平凡。
原題はFrantz。戦死したドイツ青年で映画の主人公のアナの婚約者。戦死した彼の人生はファクトとして100%の確率で決まっていて、あとの人々とはそこが決定的に異なる。アナもアドリアンもファニーもフランツの両親もドイツ人もフランス人も、確率100%で終わった者に影響されながら不確実な将来を生きる。その不条理を突き詰めたプロットだったら面白かっただろうに。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

婚約者の友人

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。