22年目の告白−私が殺人犯です−

22年目の告白−私が殺人犯です−の画像・ジャケット写真
22年目の告白−私が殺人犯です−
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

50

  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「22年目の告白−私が殺人犯です−」 の解説・あらすじ・ストーリー

時効を迎えた連続殺人事件。その男は、突然現れた―。「はじめまして、私が殺人犯です」かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人という男だった。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂!賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、刑事への挑発、そして、サイン会まで。そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった・・・・・・。時効に守られ、絶対に捕まえられない美しき殺人犯・曾根崎に『デスノート』『藁の楯』『僕だけがいない街』の藤原竜也。22年前、逮捕寸前まで犯人を追い詰めながらも取り逃がした刑事・牧村に、「海猿」シリーズ、『悪の教典』の伊藤英明。さらに、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一ら若手実力派俳優陣と、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオルをはじめとするベテラン演技派俳優陣が競演。日本中が見守る告白の行方は――?事件(ゲーム)は、とんでもない領域へと加速していく!

「22年目の告白−私が殺人犯です−」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本
原題: A Confession After 22 Years

「22年目の告白−私が殺人犯です−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督/脚本:入江悠 脚本:平田研也 出演:藤原竜也 伊藤英明 竜星涼 仲村トオル 夏帆 岩松了 岩城滉一 早乙女太

22年目の告白−私が殺人犯です−の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2020年09月30日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全50件

最後の1分間まで面白い。

投稿日:2017/10/04 レビュアー:カマンベール

良く練られたミステリーだと思います。
最初にクレジットの名前を見た瞬間
「こいつ、犯人だ!!」と思った。その通りだったけれど、
犯行の動機は見ていて、成る程・・・いや、こんな動機で殺されたら、
たまらんぞ!!
犯人だと告白してマスコミに大々的に登場する曽根崎(藤原竜也)の
旨さが際立ちました。
カリスマ性とスター性で圧倒して、汗まみれで苦悩する。
伊藤英明や仲村トオルを圧倒してましたね。
犯人が二転三転して飽きさせない。
時効成立の盲点も組み入れて、良く出来たミステリーです。
オリジナルの韓国映画も観てますが、ほとんどリメイク版とは言えない
ほど、違ってますね。ヒントにした程度ですね。
国民性の違いが出ていて見比べると面白いです。
何と言っても、ラストにスカッとするじゃないですか!!

このレビューは気に入りましたか? はい 25人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

韓国版とは違う面白さ

投稿日:2017/08/17 レビュアー:飛べない魔女

韓国版のリメイクということだったので
仕掛けは事前に判っての鑑賞でしたが
これは面白かった!
韓国版とは設定も結末も変えてきましたね。
日本のこちらの方が、更に深みを出していて
見応えありでした。

ネタバレなしでレビューを書くのは非常に難しい作品です。
卓越な脚本に俳優人の熱演。
特に絶叫俳優・藤原竜也のクールビューティーは魅惑的です。
バランスのとれた秀作かと思います。
ぜひ、ごらんあれ。

それにしても、もうDVD化!
邦画にしては早いですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

社会派ではなくエンタメ。ただ面白い。

投稿日:2017/08/07 レビュアー:ひゅう助

時効が成立した事件の犯人と名乗る男が突然メディアに現れる。戸惑う被害者家族と刑事たちを尻目に、その男はどういう行動に出るのか?


時効がひとつのキーワードとしてでるので、てっきり社会派かと思ったが、かなりエンタメよりだった。

意外などんでがえしがあるが、現実にはあり得ないことなので、リアリティはさほどない。

だが、それをあまりある面白さで補っている。

近年の邦画ではベスト10に入るだろう。 

オススメ。

☆4.5つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

22年目の告白−私が殺人犯です−ネタバレ

投稿日:2017/08/02 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 連続殺人事件の時効が成立した途端に自ら犯人を名乗る男が出てきて、一躍時の人となり真相に迫る話。

 阪神大震災のニュース映像に始まり、連続殺人事件の犯人の目星がつかないまま時効成立した現在。主人公の刑事がチンピラを追いかけてるときにテレビで連続殺人の犯人が名乗り出て著書を発売するニュースが流れて、世間の話題をさらっていく自称犯人。それに戸惑う被害者遺族たち。近親者の目の前で殺人を犯したため、その近親者に狙われる自称犯人。法律のため自称犯人を守る刑事。

 刑事がなぜ執拗なまでに犯人を守るのかがわからないまま話が進み、その理由がニュース番組の生放送で明らかになって…。

 劇場型の事件になぜどうして? と興味の持続が続くものでそういった楽しみで見られる設定が面白くその設定の勝利の映画だと思いました。メジャー映画らしいダイナミックな映像や迫力もあってよかったです。

 ただしだいに真相に近づいていくとやはり途端につじつまや整合性で立ち止まったり、日本映画特有の大げさなお芝居などが目についてしまってトーンダウンしてしまいました。真相がわかると序盤で刑事と被害者遺族のお医者さんの2人きりの会話とか回想での妹の彼氏さんの自殺とかミスリードというより後出しじゃんけんに思えてしまう部分もありました。あとは100万回ある「いまなんて言った!」とさっきのセリフをもう一度確認する手法とかも2017年の映画でいまだにやっているのかとガックリきてしまいました。そもそも22年経っての藤原竜也さんってことは事件のとき何歳だったんだろう? と年齢設定とかも気になっちゃう映画でした。

 とはいえ、時効成立した途端、犯人が名乗り出るという面白さは新鮮でよかった映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

被害者家族の執念と犯人のプライド

投稿日:2017/11/27 レビュアー:kazupon

時効後とは言え、事件から22年も経った今、犯人だと名乗る曾根崎雅人(藤原竜也)が、告白本を出した意図は何なのだろう。
社会派のニュースキャスター仙堂(仲村トオル)が、自身の番組に曾根崎を出演させ、事件の真相を究明する。
芸達者の役者揃いで、特に藤原竜也の人を小馬鹿にしたような顔と、挑発するような憎たらしさが上手い。
刑事・牧村の耳元で、自分の口元を手で覆い、何やら囁くのだが、その時の表情ったら!
ぶん殴ってやりたくなる。
仙堂の執拗な追及場面や、新たに真犯人を名乗る男が登場するなど、飽きさせない展開だった。
犯人自ら告白本を出版するというのが、どこかで見たような気がしていたら、韓国の「殺人の告白」のリメイクだそうで・・・
ああ、そうか。と思ってはみたものの、そのオリジナルの展開が思い出せないでいる。
ラストのシーンが意外で、初めは誰だか分からず巻き戻して確認。
執念というか、自らの手で復讐したい気持ちは分かるけれど、手を下さなくても彼は死刑になるだろうに。
ちょっと、気持ちが塞ぐラストだった。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全50件

22年目の告白−私が殺人犯です−

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。