パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>の画像・ジャケット写真
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

17

  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>」 の解説・あらすじ・ストーリー

かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナーは、今や幽霊船フライング・ダッチマン号の船長として呪われた運命を生きている。その息子ヘンリーは、父を救おうと海の伝説を調べつくし、呪いを解く力が伝説の秘宝<ポセイドンの槍>にあることを突き止める。 勇気ある青年に成長したヘンリーは、英国軍の水兵となるが、いまだ<ポセイドンの槍>にはたどり着けずにいた。ある日、船が危険な“魔の三角海域”近くを航行中、恐ろしい姿をした“海の死神”サラザールに襲われる。 “魔の三角海域”の呪いから我が身を解き放つため、伝説の海賊ジャック・スパロウと彼の持つ<北を指さないコンパス>を欲するサラザールは、同じくジャックを探すヘンリーをひとりだけ生かし、ジャックへの伝言を託した。ほどなく船は遭難し、ヘンリーは、英国植民地セント・マーティン島に流れ着く。 そこでヘンリーが遭遇したのは、科学者ゆえに魔女の濡れ衣を着せられて追われている、美しい天文学者カリーナだった。彼女は、まだ幼い頃に生き別れた父が残したガリレオ・ガリレイの日記に秘められた謎を解こうとしていた。その謎とは、なんと<ポセイドンの槍>にたどり着くための方法・・・。だが彼女は、英国軍に捕らわれ、投獄されてしまう。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MEN TELL NO TALES

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:ヨアヒム・ローニング エスペン・サンドベリ 脚本:ジェフ・ナサンソン ストーリー:ジェフ・ナサンソン テリー・ロッシオ キャラクター原案:テッド・エリオット & テリー・ロッシオ スチュワート・ビーティー ジェイ・ウォルパート 原案:ディズニーの「カリブの海賊たち」 製作:ジェリー・ブラッカイマー, p.g.a. 製作総指揮:マイク・ステンソン チャド・オーマン ジョー・カラッシオロ・ジュニア テリー・ロッシオ ブリガム・テイラー 撮影監督:ポール・キャメロン, ASC プロダクション・デザイン:ナイジェル・フェルプス 編集:ロジャー・バートン リー・フォルサム・ボイド 衣裳:ペニー・ローズ 音楽:ジェフ・ザネリ 出演:ジョニー・デップ ハビエル・バルデム ブレントン・スウェイツ カヤ・スコデラリオ ケヴィン・R・マクナリー ジェフリー・ラッシュ

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>


400円(税抜)


再生可能機器: 再生時間:
TV、PC、Android、iOS
字幕: 音声: レイティング:
日本語(ステレオ)
価格: 視聴制限: 購入期限:
税抜400円(税込432円) 初回再生から48時間 2018年09月30日 23:59


500円(税抜)


再生可能機器: 再生時間:
TV、PC、Android、iOS
字幕: 音声: レイティング:
日本語(ステレオ)
価格: 視聴制限: 購入期限:
税抜500円(税込540円) 初回再生から48時間 2018年09月30日 23:59

【セル限定】パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>

2,000円(税抜)


再生可能機器: 再生時間:
TV、PC、Android、iOS
字幕: 音声: レイティング:
日本語(ステレオ)
価格: 視聴制限: 購入期限:
税抜2000円(税込2160円) 無制限 2018年09月30日 23:59

2,500円(税抜)


再生可能機器: 再生時間:
TV、PC、Android、iOS
字幕: 音声: レイティング:
日本語(ステレオ)
価格: 視聴制限: 購入期限:
税抜2500円(税込2700円) 無制限 2018年09月30日 23:59

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:17件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全17件

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊ネタバレ

投稿日:2017/09/09 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ポセイドンの槍をみんなで見つけるために、いつも通り大騒ぎする海賊たちの話。

 過去シリーズの主人公たちの息子さんがジャック・スパロウを探すところから始まり。相変わらず呪いのかけられたカタキ役がいて、父親を知らぬ魔女と言われる天文学者のヒロインがいて、彼らが求める先にいるジャック・スパロウ。

 ジャックが手下たちと銀行強盗するシークエンスはハチャメチャでシリーズ特有の勢いで押し切るアクションで楽しいツカミでした。英国軍に捕まったジャックとヒロインが処刑寸前での救出もギロチンを巡ってのピンチだけど全く緊張感のないドタバタもよかったです。

 そして過去シリーズのキャラクターであるバルボッサが形だけのカタキ役の協力を申し出てジャックを追いかけるくだりからドタバタ劇は息を潜めてしまうのが勢いがなくなって退屈に感じました。そこから新たな若者主人公の恋愛模様もヒロインとバルボッサの関係もそこまで深く描かれるわけでもないので、そこまでの感動を得られることもなく。

 そのためクライマックスでカタキ役のサラザールに追いかけれられてジャックとバルボッサの取る行動が謎に見えてしまいました。別にヒロインが狙われているわけでもないのに、ジャックはバルボッサを見捨てるように見えて、バルボッサも何でああいう行動を受け入れるのかが理解できなかったです。

 アクションシーンも明るいところではアラが目立ってしまい、サメに襲撃されるところとかはテレビゲームをもっと酷くしたようなCGでしたし、クライマックスでの決戦はナイトシーンで誰が何をしているのかが見えにくいのでこれまた退屈だけが残っていきました。アクションシーンに目新しさとか何かがないと惹きこまれないです。海底でのポセイドンの槍を巡るアクションもゴチャゴチャでどうでもよくなっていくクライマックスでした。

 あとは見ているこっちが悪いですが、シリーズを覚えていないと関係性や設定がわからないところが多くて、「ウィル・ターナーってどうしてあんなことになってるんだっけ?」とか「ブラック・パール号って何でビンの中に入ってるんだっけ?」と設定を覚えていないためそこがノイズになってしまう部分もありました。

 ちょっと130分が長く感じてしまって、テンポが悪い印象の映画でした。とはいえ、あのメインテーマが流れるとテンションの上がるのは間違いない映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

う〜ん・・・ネタバレ

投稿日:2017/11/15 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

このシリーズは私的にはいつもハズレなんですが・・・
それでも見てしまう。
不思議な魅力がある。
そして見終わった後、何でこんなに人気があるのだろうと自問自答してしまう不思議な作品です。

本作もご多分にもれず同じ結果に・・・
CGは凄いのですが、ジャック・スパローに魅力を感じ無い。
勢いと在りがちなギリギリの状況下でのアクション活劇な作品というのが私の感想。
しかも都合の良すぎる展開。
亡霊やサメのCGはユニークで良かっただけにストーリーが追い付いていないのが残念。

これでも続編を作り続けるのですね。
商業ベースで作られる作品は悲しいものがある。
もっと作品の世界観を大事にしてもらいたいものです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

伏線回収して、次のラストにつなげる。故に荒い。

投稿日:2017/09/10 レビュアー:ひゅう助

パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ最新作。そしておそらく最後。

今までのシリーズの伏線をすべて回収して、物語は終わる。

あらすじ

ウィル(オーランド・ブルーム)がフライング・ダッチマンとともに海に消えて数年。残された息子ヘンリーはある日父に誓いをたてる。

「僕がパパの呪いを解いてみせる」

青年になったヘンリーは、呪いを解く鍵の男、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を探す。

時を同じくして、海の死神サラザール(ハビエル・バルテム)も復活。

世界が混沌に包まれる・・・。


普通に面白かった。今までのシリーズ特有の小難しい言葉遊びがなく、いたってシンプルなストーリー。おそらく今までのシリーズを見てなくても楽しめる。まあ見ておいて損は絶対ないが。

ヘンリー役の最近売り出し中の若手俳優が結構頑張ってた。まあほかの5、6人のベテランの前では完全に霞んでたけど。

結局、このシリーズはジャックの話なんだな。周りが求婚しようが、親子だろうが関係ない。ジャックがすべての羅針盤を動かす。

ラストでシリーズの思い残しを全て回収したので、もう終わりだろう。これで続編作るなら、それはもう金稼ぎ以外の何者でもない。

と思ったら、次も作らfれるらしい。もうとうの過ぎたリンゴだろう。

でもまあ、ラストは割と感動できる。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やった借り入れた

投稿日:2017/12/18 レビュアー:ジャッコーken

待つこと1ヵ月半ようやく借りれました。実は私このシリーズあまり好きでは無いのです。じゃあ何で見てるのと言われれば、ジョニーデップのファンだからであります。
皆さんいろいろ書いてるようで、かぶらないようにしたいので、
ジャックスパロウってさぁものすごい 運 の持ち主だとは思いませんかおまけ
だって特に何もしないし、なんかいつも訳知り顔で見てるだけのような気がします。動くのは自分が危ない時だけ責任感まるでない船長ですよね。もう5作目 になります、 2冊目から4作目までが難解だったり、やたら長い時間だったので今回は一作目に戻ったような感じでとても面白かったです。ご家族揃って楽しめる映画だと思います。
だってディズニー印だもん
以上

















やたらと長い映画だったので今回は何か1作目に戻った感じで面白かったです
ご家族揃って楽しめる映画だと思います。だってディズニー印だもん
以上

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

コミカルなジャック・スパロウ

投稿日:2017/11/08 レビュアー:カマンベール

1作目の次に面白かったです。
良かったところ。

冒頭の金庫が開けられると中にはジャック。そしてその建物1棟ごと、
引き摺り回されるシーンは、笑いました。
建物がセット丸出しで、お粗末なのも。

処刑台のシーン。ギロチンの刃が落ちてくるたびに、一回りして、
ハラハラしながら笑いました。

今回のジャック・スパロウはコミカルなシーンが多くアクション少なめ
でした。やや残念な点。

あと良かったのはバルボッサ親娘。予想外の娘登場とは!
『海賊はつらいな!』そう言うジャックの言葉が沁みました。

そして悪役のサラザール。呪いを掛けられた姿が凄すぎて、解けた時の落差がすごかった。

でもでも、何と言っても一番心躍ったのは、『パイレーツオブカリビアン』のテーマ曲がエンディングで掛かった時。
本当に良い曲で、最初と中間と終わりと、三回は聴きたかったですね。
ウィルとエリザベスも見れて良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全17件

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊<字幕/吹替パック>

視聴期限(購入):
無制限

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。