コンカッション

コンカッションの画像・ジャケット写真
コンカッション
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

12

  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「コンカッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ナイジェリアからアメリカに夢を抱いてやってきたベネット・オマル(ウィル・スミス)は、検死官も務める真面目で誠実な医師。2002年、彼はアメリカンフットボールのNFLを引退した花形選手マイク・ウェブスター(デヴィッド・モース)の解剖に携わり、頭部への激しいタックルが原因である脳の病気を発見する。しかし、国民的スポーツにメスに入れたオマル医師の見解をNFLは全面否定し、絶大な権力で彼とその周りに圧力をかけていく。巨大組織と、真実の持つ力を信じる不屈の男の、一歩も譲らない戦いが始まった─。

「コンカッション」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: Concussion
収録時間: 02:02:49

「コンカッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:ピーター・ランデズマン 製作:リドリー・スコット 出演:ウィル・スミス アレック・ボールドウィン ググ・ンバータ=ロー ポール・ライザー アドウェール・アキノエ=アグバエ デヴィッド・モース アルバート・ブルックス エディ・マーサン

コンカッションの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:02:49 日本語字幕
音声: レイティング: 視聴制限:
英語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2030年12月31日 23:59
レンタル:2030年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

アメフトの危険性を訴えた医師の信念

投稿日:2017/01/07 レビュアー:ミルクチョコ

ナイジェリアからやってきた医師ベネット・オマル(ウィル・スミス)は、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を引退し、心筋梗塞で亡くなったマイク・ウェブスターの変死解剖に携わります。オマルはプレイ中の頭部への激しいタックルが原因である脳の病気「CTE(慢性外傷性脳症)」を発見し、論文を発表するが、NFLサイドはオマルの見解を全面否定。権力を使い、オマルと彼の周囲に圧力をかけていきます。

これが実話と聞いて驚いてしまいます。
真実を暴くために戦う姿のウィル・スミスの演技光ります。
巨大組織NFLを相手に戦いを挑むオマル医師や支える人々に感銘を受けました。
彼の恋人まで嫌がらせを受けたりと、アメリカにおけるアメフトが本当に大きな存在なんだろうなと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

コンカッションネタバレ

投稿日:2017/05/01 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 アメリカンフットボール選手が頭を強打するのが原因で精神を病んで自殺しちゃうことを暴こうとするナイジェリア人医師の話。

 丁寧に真摯に作られていてスポーツ選手が頭をぶつけて、それが原因で病気になるというのを発表するけど。アメリカンフットボールはアメリカの一大娯楽産業なので、当然主人公は潰されそうになる困難に立ち向かうというのを静かな映画の中で、困難を突破しようとする主人公を応援できる映画でした。

 が、主人公は解剖してフットボール選手に謎の病気があるぞと判明しますが、それだけでフットボール選手が自殺してくれないと次に進まないので、葛藤や対立のドラマとして基本弱い映画でした。そのため、主人公が特に何もせず。選手の自殺待ちになってしまっているのが面白みに欠けると思いました。

 それに主人公は全くアメフトのことは知らないまま否定しているようにも思えてきてしまいました。主人公はアメフトを否定しているのではなく事実を知りたいみたいなことを言っていましたが、アメフトに対しての愛が感じられないのも問題でした。アメフトがなぜアメリカで愛されているのかとか少しでもいいから映してほしかったです。

 とはいえ、こういった激しいスポーツにリスクはつきものとアメリカ人はわかってないのかなと勉強になれる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スポーツはビジネス、選手は商品

投稿日:2017/03/03 レビュアー:飛べない魔女

至って真面目なシリアスドラマでした。
『スポーツはビジネス、選手は商品』であるという概念は
どのスポーツにも共通して言えることでしょう。
各スポーツ協会は、選手を商品としかみていませんから
商品価値としてあるかないか、価値がなければ切り捨てる、
それがこの業界のやり方でしょう。
ましてや、アメリカでアメフトは野球以上に人気の国民的スポーツ。
アメフトで活躍する選手は超花形で国民のアイドル。
脳に危険を伴うスポーツだからといって、あなたたち、止めてしまいなさい、とは言えないですよね。
どんなスポーツにも、多少の体へのリスクはあります。
バスケやバレーボールなら足に過度の負担がかかるでしょうし、
サッカーやラグビーといった格闘技と同格のスポーツはやはり脳震盪の危険が伴います。
日本の相撲だってそうですね。
むしろそちらの方が、ヘルメットをかぶってのプレイではないので、リスクが高いのでは?と心配になりました。
オマル医師のやったことは事実や倫理としては正しいことではあっても
NFL側が受入られないのも頷けます。
それがきっかけになって、たんなる商品として扱われていた選手への配慮などが変わったのなら
それは一石を投じたことになったので、意義のあることだったのでしょう。
でもこの映画を見たら、わが子には将来アメフトの選手になって欲しいなんて、到底思えなくなることでしょうね。

あと、ビックリだったのは、アメフトの選手に商品価値を高めるためなら何でもやる、とっいって色々なクスリ(?)の名前を挙げていきます。
これって、ドーピング違反にはならないのかしら?
脳震盪で脳がいかれちゃう前に、クスリで体壊すわ!って思ったのですが・・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一体何がしたいんですか??

投稿日:2017/02/26 レビュアー:パープルローズ

頭部に激しい衝撃を繰り返し受けることで発症する、「慢性外傷性脳症」を発見した解剖医が、
その危険性を訴えてNFLと戦う・・・という「インサイダー」のアメフト版のような映画。

アメフトのことは全くわかりませんが、最近大相撲にはまりにはまっている私は、
ついついアメフトと大相撲を置き換えて観てしまいました。
なので、頭部に強い衝撃を受けるとキラープロティンが生成され、蓄積されたキラープロティンが記憶障害などを引き起こし、
果てはその人の人格までも変えてしまうというオマル医師の発見にはぞっとせずにはいられませんでした。
私の好きなあの力士やらこの力士にもそんな危険があるんじゃないかと思うと、もう心配で心配で。

しかし後半、オマル医師がこの事実を公表しようとするあたりでは
「あなたは一体なにがしたいんですか??」と頭にきてしまいました。
だいたい、この人ナイジェリア人のいわゆる「よそ者」で(ウィル・スミスも普段とかなりしゃべり方を変えてますね。)
競技自体には全くの無知。それなのに、「これで病気で苦しむ人が減る。」ってあまりに単純すぎるでしょ。
もし相撲をみたこともない人が、突然「危険だからやめろ」って言い出したら、絶対怒り心頭ですよ。
「私の楽しみを奪わないで!!」って。
それに、選手以外にも多くの人が競技にかかわっていて、その人たちの生活がかかっていることを考えると、
そういう人たちにとっては、「一体何してくれるんじゃい!」ですよね。
だからこの医師が受けた嫌がらせも当然のことじゃないかと思えてしまいます。

エンドクレジットに流れるテロップによると、結局5000人だかの元アメフト選手が健康被害を訴えたということですが、
一体どのくらいの現役選手が、危険だからと言ってプレーをやめたりするでしょうか?
報酬だったり名誉だったりを得るために、みんな(力士も)命をかけてやってるんです。
そしてだからこそ、そこに数々のドラマが生まれ、見る者の心を熱くする。
それをわかってない人に、危険だからといって止めさせる権利があるのでしょうか。

「インサイダー」で主演したラッセル・クロウも、あんなに煙草の健康被害を訴える映画にでても煙草は止めなかったと聞いてます。
結局そのあたりは個人の選択。
事実を伝えることは大事ですが、それが受け入れられるとは限らないのです。

あと、オマル医師と奥さんのなれそめにはびっくり。
いくら真面目な信者だからといって、うら若い女性をいきなり同居させるって、そんなことしていいの?
そっか、あれってマッチメイキングの一種なのか。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

別人みたいにシリアス演技のウィル・スミス

投稿日:2017/01/07 レビュアー:カマンベール

見直しちゃいましたよ。
ウィル・スミス、格好良かったです。

コンカッションという言葉は「脳震盪」のことで、
NFL(アメフト)の選手が、激しいタックルに慢性的にさらされることにより、CTE(慢性外傷性脳症)を引き起こし、記憶が飛んだり、
家族に暴力を振るったり、果ては絶望して自殺したりする事態が多発。
ウィル・スミス演じるナイジェリア人の検死官ベネット・オマルは、
研究論文を発表するけれど、NFLの汚い妨害に晒されます。

アメリカン・フットボールは国民的娯楽です。
物凄い数の人々が関連した職業に付き、何百万人の懐が、
潤っているのです。
ベネット・オマルはFBIの捜索を受け、職場と住む家を追われ、
田舎町で細々と検死官を続けます。

検死の前に死体に話しかけ、許しを乞い、芸術的仕草で検死を
します。
激しいタックルによるCTE(慢性外傷性脳症)を、今だNFLは認めては
いません。
現在も進行形の物語です。
「スポーツとお金」「スポーツと危険」そして「スポーツと危険薬物」
様々な問題点が浮かび上がる良心的作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

コンカッション

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。