真夏の方程式

真夏の方程式の画像・ジャケット写真
真夏の方程式
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

61

  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「真夏の方程式」 の解説・あらすじ・ストーリー

手つかずの美しい海が残る玻璃ヶ浦。その海底鉱物資源の開発計画の説明会に招かれた湯川は、旅館「緑岩荘」に滞在することに。そこで湯川は一人の少年・恭平と出会う。恭平は親の都合で、夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになったという。翌朝、堤防下の岩場で男性の変死体が発見された。男は旅館のもう一人の宿泊客・塚原。これは事故か、殺人か…。思わぬ形で事件に巻き込まれていく恭平、環境保護活動にのめりこむ旅館の一人娘・成実、観光業がふるわず廃業を考える伯母夫婦。死んだ塚原はなぜこの町にやってきたのか。事件を巡る複雑な因縁が、次第に明らかになっていく。そして、湯川が気づいてしまった事件の悲しき真相とは……

「真夏の方程式」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本
収録時間: 02:08:31

「真夏の方程式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:西谷弘 原作:東野圭吾(「真夏の方程式」文春文庫刊) 出演:福山雅治 吉高由里子 北村一輝 杏 山崎 光・塩見三省 白竜・風吹ジュン 前田 吟

真夏の方程式の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:08:31
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
レンタル:2019年03月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:61件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全61件

後味悪しネタバレ

投稿日:2013/12/15 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ガリレオ」の5年ぶりとなる劇場版第2弾は、天才物理学者湯川と理科嫌いな少年との一夏の交流を描いた異色作。
海底鉱物資源の開発計画の説明会に招かれた物理学者の湯川は、“緑岩荘“という旅館に滞在します。川畑夫妻が経営する旅館で、列車の中で出会った、夫妻の甥の少年・恭平と再会します。そして、湯川は、宿泊していた旅館で元刑事の不審死に遭遇します。
海辺で見つかった転落死体と15年前に東京で起きたホステス殺害が意外な繋がりを見せます。

大切な人を守るために、深刻な秘密を胸の奥にしまって暮らす家族がために、引き起こす弊害。何気なく言った言葉に隠された意図を知ってしまった衝撃。
そうとは知らずに事件に関わってしまった少年。科学の恐ろしさを痛感したと思います。
少年が自分のしたことの意味に気付いてしまった場面、事件とは何の関係も無い子供の人生が気の毒過ぎます。切なすぎますね。
子供嫌いの湯川が科学の面白さを教えていく場面は触れ合いもあり、良かったです。湯川と少年が海辺で手作りロケットの発射実験をするシーンは感動的でした。
環境保護活動にのめりこんでいる旅館の娘の成実(杏)に、科学と自然がどう共存してきたかを話し「すべてを知った上で結論を出しなさい」と計算式では解き明かせない気持ちを諭す場面も良かったです。
でもちょっと後味は、悪すぎます。海が綺麗なのが救いでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

TVドラマの映画化と侮ることなかれ

投稿日:2013/11/10 レビュアー:さえぴょん

本作でも西谷弘は涙ぐましい努力でもって、本格的な「映画」を仕上げようと頑張っています。

特に前半はぶっちぎりで面白い。極力台詞を排除し、行動で物語を展開させていき、カット割も「視線」で紡がれているためほとんど気になりません。
また、単純な切返しを拒否する姿勢もかっこいい。ダイアログ中において、ほぼ毎回、小道具や会話に参加していない人間の視線を捉えたショットを挟んでいる。

これはベスト級の傑作がきたか!と内心興奮を抑え切れなかったのですが、後半はTV局制作映画の魔の手に絡め取られています。
「砂の器」並みの、うんざりするぐらいの回想過多。それを必死で乗り切ろうとする西谷弘の懸命な視線演出に感動しつつも、なんとも面倒なことをするなあ、と苦笑。
前半、福山雅治が窓際に花火の炸裂光を見る場面のように回想が始まれば、まだ面白かったのですが。。

また、回想等に関連して「窓」「鏡」といった反射物の使用が全編にわたってみられます。それら反射物の極めつけの使い方は、やはりあの取調室のマジックミラーでしょう。
前田吟と杏の見つめ合い。観客に複雑な感情を抱かせるこの場面は素晴らしい。ヴェンダースの「パリ、テキサス」も意識してるのでしょうか。
推測に過ぎませんが、恐らく原作では「反射物」はここまで大々的に扱われていないのでは?

「教育」の映画の系譜であり、福山雅治と山崎光の「共同作業」が描かれるペットボトルロケットのシーンは「同一方向を見つめる」ショットが収められていることによって、爽やかな美しさを画面に呼び込む。
西谷弘は無能な演出家などでは決してなく、現代日本で支持すべき数少ない映画監督の一人であると、強くここに主張します。

・見事な撮影は北野武組の柳島克己によるもの。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

多分、原作は面白いのでしょうネタバレ

投稿日:2014/05/23 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

予想してたよりはよかったかも。でも2時間TVドラマ的。

ミステリーとしては面白い筋書きだと思う。
でもヒロインの成実(杏)とその両親、主要人物であるこの3人の誰にも共感できない。
人物設定がいかにも推理小説的で、パズルのための設定であり、
不自然で現実味がないから、人間ドラマとして見たらイマイチ。
多分、原作を読んだら面白いのだと思う。

映画として見ると、海の中の光景や自然がとても美しかった。
湯川(福山雅治)の少年との関わり方がほほえましかったし、
ペットボトルのロケット実験のシーンは楽しそうでよかった。

しかし真相がわかるオチの部分はあんまりな感じで、
よくこんな残酷なことを考えついたものだと思う…

そうそう、杏の少女時代を演じてた子役の女の子は、杏と雰囲気がとっても似てましたね。
よく探したなー。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

このレベルなら2時間スペシャルでいいよね?フジテレビさん!

投稿日:2014/01/29 レビュアー:飛べない魔女

わりと原作に忠実に作られていたと思います。
まとまりもあって映画としては悪くはないと思いますが、
そもそも私的イメージでは湯川教授が福山くんというのはかっこよすぎてダメなのです。
最初の頃のガリレオシリーズを読んでいたとき、東野圭吾さんのあとがきで確か湯川教授は佐野四郎をイメージして書いたというようなことが書かれていたように思います。
私も、おお、ぴったり〜!って思ったものです。
だから、福山雅治という超イケメンのナイスミドルではダメなのですよ。
でも最近では、ドラマのイメージが先行しているようで、東野さんも、福山雅治的湯川教授で書いてる感じですかね。
本作も、まさに福山くんのために書かれた小説だったのかもしれません。

誰かを守るための犯罪なら真実は明かさない。
倫理的な問題もあるでしょうが、人間の心情として、一理はある気がしました。

でも、結局種証しをだらだらと湯川教授に語らせるのはいかがなものなのでしょう?
あの辺りから少々中だるみ気味。

それでも、「忘れるな。きみは一人じゃない」
あの台詞にはぐっときちゃいましたね。
あの低音の素敵な声で言われたら、誰だって「はい!」って言っちゃいますから(^_^.)
福山雅治ファン、必見!といったところでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

心を受けるネタバレ

投稿日:2014/05/05 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

珍しく
原作よりも映画のほうが面白かったパターン。
しかし
ガリレオ・シリーズ映画版の前作
「容疑者Xの献身」と比べると
全てにおいて劣っています。
大きなテーマとしてはどちらも同じ
「自己犠牲」を描いています。
が、前作は主人公である湯川の友人が犯人だったに対し
今回は湯川にゆかりのある人物ではありません。
そのへんの湯川の葛藤が
前作に比べれば薄いです。
前作の自己犠牲は「血のつながらない者」へ対してでした。
今回は「血のつながる者」「血のつながらない者」
両方の自己犠牲が描かれています。
自己犠牲というのは、やはり切なく
心に残るものです。
血のつながるわが娘への自己犠牲
血のつながらないわが娘への自己犠牲
その決意はゆるぎなく
そこにはただひとつの感情しかないのでしょう。
それはやはり愛なんだと思います。
ボクは漫画「ナルト」が大好きなんですが、
その中でこんなことが描かれていました。
愛という時は「心と受」という二つの漢字で作られている。
心を受ける。
それが愛。
愛なくしては成り立たない自己犠牲。
それはその愛を受ける側の犠牲も同様です。
自己を犠牲にして守られた側。
守られた側は、その立場での自己犠牲を強いられる。
相手の思いを受け止め
その思いを守ろうとする。
自己犠牲は
どちらもが受け止め、守り、背負うものなんですね。

前田さん演じる父親がとても印象的でした。

吉高ちゃん演じる刑事。
全くそのキャラクターが活きていません。
なんならいなくてもいいぐらいです。
テレビシリーズではひっかき回し役として活躍し
湯川に振り回されるナイスなポジションだったんですが、
シリアス一辺倒モードの劇場版では
その魅力を発揮できなかったようです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全61件

真夏の方程式

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。