八日目の蝉

  • 2011
  • 日本
八日目の蝉
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    解説・あらすじ

    直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化した心揺さぶるヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。今日まで母親だと思っていた人は、自分を誘拐した犯人だった。21年前に起こったある誘拐事件。不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去った女、野々宮希和子(永作博美)と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜(井上真央)。実の両親の元に戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま成長した恵理菜は、ある日自分が妊娠していることに気づく。相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった。封印していた過去と向き合い、かつて希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜が見つけた衝撃の真実。そして、恵理菜の下した決断とは・・・?

    キャスト・スタッフ
    監督:成島出 出演:井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子 田中哲司 市川実和子 平田満 劇団ひとり 余貴美子 田中泯 風吹ジュン
    作品・情報
    再生時間 : 02:28:05
    音声 : 日本語
    視聴制限 : <購入>無期限 <レンタル>初回再生から48時間
    購入期限 : <購入>2099年12月31日 23:59 <レンタル>2030年12月31日 23:59
    対応機器:
    • TV
    • PC
    • Android
    • iOS
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    母性の強さ
    投稿者:ミルクチョコ
    2011年11月23日

    上映中、ずっと胸の奥をギュっと締め付けられていました。
    映画は大学生になった恵理菜(井上真央)の視点で進行し、彼女がほとんど記憶のない4年間を少しずつフラッシュバックという形で描いていきます。
    不倫相手の赤ちゃんを連れ去った希和子(永作)は、逃避行を繰り返しつつ、その子を愛情いっぱいに育てていきます。それに対して、本当の両親の元に戻った恵理菜にも関わらず、心を閉ざし、冷えきった生活を送るという皮肉。

    主役は誘拐された娘の恵里菜だったハズなのに、思いが希和子の方に流れてしまいます。
    希和子のしていることは、到底許されない誘拐犯なのに、いつしか希和子頑張れ!と思わせてしまいます。あの別れにはどうしても泣いてしまいますね。
    どうしようもない切なさには、胸が締め付けられる思いです。

    男性は田中哲司演じる秋山にしろ、劇団ひとり演じる岸田にしても、口先だけの頼りないダメ男だと思います。
    けれど、女性たちはそんな無責任な彼らを責めたりもしません。自分の力で前を向こうとしています。
    こんな男たちになぜ女性は騙されるの?と思いますが、その分女性はしっかりしていくのでしょうか?

    理屈ではない豊かな母性を野々宮希和子によって表現し、同じような母性を秋山恵理菜もこれから産まれる子供に注いでいくのだと確信させて終わるラスト。ちょっと救われました。
    彼女たちにとっては理屈じゃないのですね。
    永作博美が素晴らしいのと、そして彼女との過去に呪縛される井上真央と、二人のガチ演技ぶりが凄いです。
    小池栄子も、おどおどした感じを出していて良かったです。

    余貴美子怪演!
    2011年10月22日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

    不倫相手に説得されて中絶手術を受け、子供を産めない体になった希和子は、不倫相手が妻との間にもうけた子供を、発作的に連れ去ってしまう。
    希和子が薫と呼んだその子供との逃亡生活は4年で終わるが、恵理菜という本来の名前で成長したその子は、自分を育ててくれた希和子と同じような不倫の恋をして、妊娠してしまう。

    「おひさま」では底抜けに明るい井上真央ちゃんですが、この映画の陰のある役もなかなかよかったです。 メイクも控えめで服装も地味。ようやく女優開眼って感じですね。

    原作では前半が希和子と薫の逃避行、後半が自分の過去を訪ねる恵理菜の旅、というふうにわかれていた(と思う)ので、ドラマチックな前半に比べて、後半は盛り上がりに欠けるような気がしたのですが、そのふたつを同時進行にしたのは正解だったと思います。
    でも、隣の席の若い女の子は、終わると開口一番、「難しい。それに長い。」とつぶやいていたので、 映画をあまり見慣れてない人には、時系列が行ったり来たりする構成はわかりづらかったのかな?

    映画は逮捕された希和子の裁判のシーンで始まりますが、子供を連れ去られてしまった恵津子(森口瑤子)は証言の中で、自分の子供をずっと「恵理菜ちゃん」とちゃんづけで呼びます。
    個人的に、自分の子供を人前でちゃんづけする人は信用できない私は、この映画でも最初からこの恵津子に対する印象は最悪。
    でもよく考えると、自分の子供なのにそれほど距離があったということなんですよね。
    4年間。離れて暮らすうちに、自分がおなかを痛めた子供は、全く知らない子供になって戻ってくる。
    自分にはなじみのないなまりで話し、自分の知らない歌を歌ってほしがる子供。これはほんとに辛いですよね。
    母と子供の絆って一体なんなのかと考えさせられてしまいます。

    行き場所のない希和子と薫は、一種の新興宗教団体(ヤマ○○会みたいなもの)に身をひそめるんだけど、そこの教祖エンゼルさんが余貴美子。あまりに役にはまっていて、思わず吹き出してしまったほど。

    希和子が薫とふたりで、高台から瀬戸内海を眺めて、
    「これからママと一緒にきれいなものをいっぱいみようね。」
    というシーンで、泣けて泣けてたまりませんでした。
    とにかく今日1日、この子と一緒に過ごしたい。1日でも長く、この子と一緒にいたい。そんな希和子の気持ちが痛いほど伝わってきて。
    子育てしてるときって、とにかく早く楽になりたい、ひとりになりたいってそればっかり考えていたけど、ほんとはこんなふうに一瞬一瞬を大事にしないといけないんだよね。

    それにしても男はみんなほんとにダメ。
    恵理菜の父も、そして不倫相手も、
    「ほんとはちゃんとしたいんだ。でも今は時期がだめ。」
    と同じようなせりふを吐く。ちゃんとけじめつけろよ(怒)。

    ひとつだけがっかりしたのは、原作の最後にあった希和子と恵理菜の再会(ニアミスというべきか?)が全くなくなって、写真館の話にすりかえられたこと。まあこれもニアミスには違いないけど。そこで思いっきり泣こうと思っていたのに、がっかりして全然泣けませんでした。
    写真館の館主はできすぎ。時間の都合仕方ないとしても、ラブホテルの住み込みの部分とか、原作で印象的だったところがバッサリ切られてたのが残念でした。

    自分を見つめなおす1本になるかもしれません。
    投稿者:KEE
    2011年10月08日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

    ここまで映画を観て泣いたことがかつてあっただろうか。

    中盤から、もう涙が止まらない。

    ポロポロこぼれ落ちる涙はどうしようもないとしても、嗚咽になりそうな声を何度もハンカチで押し殺すほど。

    女性であれば、現在どんな立場にいようとも、心の琴線にふれるのではないのでしょうか。

    多かれ少なかれ。



    この映画に出てくる女性たちの誰にもピタッと感情移入出来るのです。

    もともとの母親の森口瑤子 演じる秋山恵津子には、ちょっと感情移入まではいかないけど、このひと、ほんと、大変だったと思う。




    ちょっと赤ちゃん家に置いたまま、夫婦で車にのって行っちゃうんだけど、おそらく、旦那を駅まで乗せていくかなんかだったんだろうな。

    観ながら、「え!赤ちゃん置いたままいっちゃうの?」とか思ったんだけどね。

    アメリカじゃ、考えられないけど、日本じゃありなのかしら?

    最後のほうで「なんで、車に乗せて連れていかなかったかな」と、恵津子が泣きながら言うのね。

    ああ、一番後悔してつらかったんだなあ。と。
    ほんとは一番自分を責めているのに、誰かのせいにするしかなかったんだね。

    全く悪くなかった、連れ去られた赤ちゃん。 井上真央 が実に上手いです。
    このひと、あまり好きじゃなかったんだけど、この映画、影のある役もできるんだと感心。でも、「おひさま」で今は好きになりました。


    取材をしにきたとあらわれた千草。小池栄子 が挙動不審に演じてまして、最初はToo Muchだとおもったけど、途中でこの人も、普通の環境で育ってなかったために、男性恐怖症になっているということを告白。
    ここから私の涙がとまらない。

    劇場でもすすりなきが。

    それぞれの立場で、自分を重ねて観てるんだと思う。


    母だとか、娘だとか、不倫をしてたりだとか、子をあきらめたりだとか、あるいは逆の立場だったり。

    この映画は何かがいけないとか、何が正しいとか、誰が悪いとか、全く言わないんだけど、それが心に突き刺さってくるのね。

    自分がわかってて蓋をしていたこととか、そういうことがどういう風に影響してるのか、とかね。

    考えてたら涙がとにかくとまらないし。

    何せ、永作博美 が抜群にいい。


    私は彼女にオスカーをあげたいよ。ほんと。

    彼女の表情も涙も、一緒につられてしまう。

    でも、やっぱりこの映画の男性たちはずるいよね。こういうのって、なんだろうね。
    万国共通だとは思うんだけど。

    写真館の田中泯 が、圧倒的な存在感です。あんな島にあんなひとはいないと思うんだけど。
    このひと、何に出てても、ダンサーのオーラがある。

    何故にあんなに泣いたのか、自分でも今となってはわからないけど、観終わったときにはきっと心の中の何かが、洗い流されているのではないでしょうか。

    化粧はボロボロだし、喉は乾くし、お腹は空いたし(笑)

    おそらく歩んできた人生によって感じ方はそれぞれでしょうね。

    試写会をみたという私の友人2名とも泣かなかったと言ってました。

    自分を見つめなおす1本になるかもしれません。

    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    TSUTAYA TV(動画配信サービス)

    豊富なジャンルで
    新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの10,000タイトル以上が見放題
    ポイント付与!
    毎月付与される動画ポイントを利用して新作なども楽しめる!
    いつでもどこでも
    クリアなHD画質の映像をスマホやタブレットでも!
    TSUTAYA TV〈動画配信サービス〉の動画見放題プランで、新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの見放題対象作品約10,000タイトル以上をお楽しみいただけるサービスです。毎月付与される動画ポイント(1,100pt)を利用して新作なども楽しむことが可能です。
    ※動画ポイントは新規入会の場合、ご利用開始時に付与されます。ご利用者様の場合は契約更新当日の正午までに付与されます。有効期限はポイント付与から45日です。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    よくある質問

    無料お試し期間中に退会した場合はどうなりますか?
    もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。また、その場合は料金は一切かかりません。
    無料お試しサービス終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
    ※本サービスは1ヶ月ごとの自動更新サービスとなります。
    無料お試しは本当に無料ですか?
    はい。無料お試し期間中は、ご利用料金は一切かかりません。
    また、30日間の無料お試し期間が終了するまでに解約していただければ、その後も料金は発生しません。
    無料お試しはお一人様一回限りになります。
    無料お試しの登録に、なぜクレジットカードが必要なのですか?
    無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
    信頼できるサービスなのですか?
    「TSUTAYA」や「蔦屋書店」、「Tポイント」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の100%子会社「カルチュア・エンタテインメント株式会社」がご提供する安心のサービスです。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。