秒速5センチメートル

秒速5センチメートルの画像・ジャケット写真
秒速5センチメートル
全体の平均評価点:
(5点満点)

130

  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「秒速5センチメートル」 の解説・あらすじ・ストーリー

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。そんなある日、大雪の降る中、貴樹は明里に会いに行く・・・。二人の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。三本の連作アニメーション作品。

「秒速5センチメートル」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本
収録時間: 01:02:51

「秒速5センチメートル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

声優:遠野貴樹(水橋研二) 篠原明里(近藤好美) 篠原明里(尾上綾華) 澄田花苗(花村怜美)

秒速5センチメートルの詳細

  • 見放題
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:02:51
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から168時間
購入期限:
レンタル:2018年10月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:130件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全130件

そろそろ次に進もうぜ

投稿日:2008/01/03 レビュアー:number 6

えー…。
誠くんはいつまでこれをやり続けるつもりなんでしょうか。
確かに美しいよ?
この叙情的な映像は職人芸としか言いようが無い。
まあ他に何人もはこれが出来る人はいないでしょう。

でもさ、でもですよ?
なんであんたは引き出しが一個しかないんだよw
「振られました、悲しいです」で一生行くつもりなのかよ。

それは悲しいだろうし、それを作品にするのもいいけど
人間はそれだけでは生きていけない。
悲しいだけの人生なんてないし、あるとしてもそれは耽溺だと思う。
そろそろ次に進もうぜ。

世界は前に進んでるんだ。
過去へのオマージュだけで生きていく人もいるが、
それは若者にはふさわしくないと思わないか?
感傷のために人生をまるごと捨てるのはオススメしない。

もっと世界を広げるんだ。
狭い世界から抜け出すんだよ。
逆にそうしないといつまでもその傷を抱えて生きることになるぞ?

気が進まないだろうが、いろいろな女の子と付き合ったほうがいい。
今なら選び放題だろう。
結果として今の繊細さは部分的に失われるかもしれないけど、
それを無くすかわりに人生を取り戻すんだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 29人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本当に、ハッピーエンドではないのだろうか?ネタバレ

投稿日:2009/04/18 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

世の中で初恋を成就させ、一生添い遂げられる人達はどれぐらい居るのだろうか、それ自体が幸せに直結するのだろうか、それは人それぞれに違う筈で、理想と現実の距離、それに翻弄される人や流れに任せる人、それぞれの感じる時間や心の距離は同じではなく、子供や大人でも違う、ごくありふれた日常において点とも言える奇跡の時間を共有出来たのは、「貴樹」と「明里」に取ってあの雪の日の再会までだったのだろう。

十代の多感な時期に取って身近でしかし最も遠く、心がかき乱される不思議な感覚を与えてくれる、それが恋なのでしょう
正に揺れる心を、桜が舞う様にゆっくり表現した本作、心情と時間の流れを的確に表現していて監督の力量を感じる
特に、社会人パートの本作のタイトルと同じ第三話は、大人達なら共感できるのではないだろうか、今でも彼女が好きなのか?、それともあの頃の思い出にすがり付きたいだけなのか?、世間の厳しさやそれに抗いたいが出来ない自分への葛藤、それを打破する為に貴樹が取ったカンフル剤が、一番嘘や損得考えず突っ走れたあの頃の明里への想いだったのでしょう
会社を辞める事で明里との距離が縮まる訳でも、何かが変わるのかは分からないが、動かずにはいられなかったのだろう、しかし明里は新たな幸せに向かい歩み始めていたのだった
いずれ貴樹は知る事になるのだろうが、それは果たして不幸なのだろうか?、それは本人の行動や考え方によるもので、この先の事は誰にも分からないのだから。

美しい田舎の原風景に、自然現象の秀逸な描写、ここまで雰囲気に浸れる作品はそう多くは無いでしょう
兎に角、一話と二話のゆっくりとした時間の流れ方と、切ないやり取りは特筆もので、声優さん達も絶妙な台詞回しで感情移入させてくれます
実写では表現し辛い色合いや構図は、アニメの特色を存分に生かしており素晴らしいの一言です
大人達は思い出と重ね合わせ、若者達は今と照らし合わせ、誰もが感動出来るものだと思うので、全ての人達にオススメです。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男はロマンチストなのです。ネタバレ

投稿日:2009/02/28 レビュアー:黒猫と白猫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ほしのこえ」「雲の向こう、約束の場所」、そして「秒速5センチメートル」と視聴しましたが、「新海誠」監督の作品の中で一番好きな作品ですね。

大人の男性なら誰しもこんな「淡く切ない“想い”や“想い出”」を経験したことがあるのではないでしょうか。

幼い頃の純粋な想い・・・初恋。
そして時が経つにつれ、逢えないことで少しづつ離れて行ってしまう心。
それでも純粋な気持ちだったあの頃の「想い出」を忘れられないでいる自分。

写実的でありながら抒情的な映像美、そして主人公の詩的セリフ。新海監督が「映像詩人」と呼ばれる所以だと感じました。

この作品は、青春時代を過ごしてきた世代(20代以上)が、自分の過去の“想い出”と重ね合わせ、懐かしみながら、そして少しせつなく感じながら観ることのできる、数少ないアニメ作品なのかもしれません。

他のレビュアーの方も書かれていますが、男っていつまでも好きな女の子のことが忘れられないんです(笑)。ぶっちゃけ、自分がその通りなんですから(爆)。




遮断機の向こうに、見えたものは・・・「淡く切ない“想い出”のカケラ」。

そして、それはもう今は取り戻せないもの・・・。

甘酸っぱくも、美しき想いを胸にしまい込んで・・・。




個人的には非常に素晴らしい作品だと思います。ぜひ一度ご覧になって下さい。お薦め致します。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

75pts/100pts

投稿日:2007/10/28 レビュアー:ヴィル

いま一歩届かないのは、
この作品は、100%が80点的なところがあるからだと思う。

視聴者の想像力で補ってもらう、
つまり、元々、多くを描かず、
設定も、幅広く捉えることができるようにしておいて、
視聴者が、自分の体験を重ね合わせる要素を増やす。

自分のことを思い出し、
その中と照らし合わせて、
その心と恋の痛みを共有する。

それを利用しすぎている面、
これは、当然、狙いなのだが、
その狙いが大きすぎて、
満点が80点ということを、
もともと、受け入れて、
それでも、100点狙いで、50点にはならない、
ということをもくろんだ作品だと思う。

風景画は、本当に、すばらしく、
感情移入できる。

言葉も、練られていて、すばらしい。

しかし、それが故に、
ま、これも、狙いなのだが、
リアリティという面では、少し遠のく。

だが、
ここで踏み込んだ
大きなものに対するリアリティを獲得するより、
透明感のある、
ある意味、
”言えなかった好きという言葉も”
という、歌詞の、
誰もが共有するこの切ない思いを、
プロット的に、エッセンスだけを描くことにより、
より効率的な印象を引き出す。

それに徹した映画だと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

借りてしまったことを後悔しています

投稿日:2007/11/17 レビュアー:ひきむすび

宙を舞う 桜の花びら
夏の雲
誰もいない教室
雪の中を縫って走る電車

ひとつひとつが とても美しい
でも もう一つ届いて来ない

全てが同じように美しく 同じようにちょっぴり切ない。
青春を切り取ったポストカードを眺めているかのよう
作りすぎてしまった感が 私を遠ざけてしまうのです。。
ポストカード的 エッセイを取り混ぜた写真集のように美しいけれど
それ以上には迫ってくることがありません。
それならいっそ自分の呼吸でそのページをめくりたい。

どこで切っても 同じような表情の作品です。
主人公は 6年生の頃にすでに完成してしまっているんですね。
完成というか 時計がとまってしまっているのではないでしょうか。
恐らくは大人になった「ボク」の目線で描いちゃっているんでしょうね。

好みの問題でしょうが とても退屈してしまいました。
借りてしまったことをすごく後悔しています。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全130件

秒速5センチメートル

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
168時間

動画見放題

見放題プランへのお申込みはこちら

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。