レジェンド・オブ・トゥモロー <セカンドシーズン>

  • Legends of Tomorrow season2
  • 2016
  • アメリカ
レジェンド・オブ・トゥモロー <セカンドシーズン>

    不死身の暴君ヴァンダル・サベッジと、彼と共謀していた腐敗した時の番人タイム・マスターズをついに倒したチームの前に、新たな脅威が現れる。一方、型破りで魅力的な歴史家であるネイト・ヘイウッド博士は衝撃的な発見をする--レジェンドのチームメンバーがさまざまな時代に散らばっていたのだ!ヘイウッドはウェーブ・ライダーの一筋縄ではいかないメンバーたちを救出する方法を探る。救出しなければならないのは、アトムこと、マイクロサイズに縮むことのできるエグゾスーツを開発したスター・シティの発明家、レイ・パーマー。訓練された暗殺者のホワイトキャナリーことサラ・ランス。メタヒューマンのファイヤーストームに融合するマーティン・シュタイン教授と“ジャックス”ことジェファーソン・ジャクソン、犯罪者であるヒートウェーブことミック・ロリー。1940年代に降り立ったチームは、ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ(通称JSA/ジャスティス・リーグより前に結成)と出会い、ビクセンことアマヤ・ジウィが仲間に加わる。チームは再び結集するが、気になることが1つあった──。元リーダーのリップ・ハンターの行方だ。再会したチームの新たな任務は、未来で大惨事を引き起こす可能性がある歴史上の歪みを食い止め、時間軸を異変から守ること。JSAのメンバー、コマンダー・スティールの孫であるヘイウッドはひょんなことから特殊能力を手に入れるが、不安や恐怖心を乗り越え自身の中にヒーローを見出す必要があった。新たな謎の脅威から世界を救うため、レジェンドたちは現在と過去の両方で敵と対決する。