水曜日が消えた

  • 2020
  • 日本
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    解説・あらすじ

    幼い頃の交通事故をきっかけに、ひとつの身体の中で曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”。性格も個性も異なる7人は、不便ではあるが、平穏に暮らしていた。各曜日の名前で呼び合う彼らの中でも、“火曜日”は一番地味で退屈な存在。家の掃除、荷物の受け取り、通院、、、他の曜日に何かと押し付けられて、いつも損な役回り。今日も“火曜日”はいつも通り単調な一日を終えると、また一週間後に備えて、ベッドに入る。それは突然やってきた。“火曜日”が朝目を覚ますと、周囲の様子がいつもと違うことに気付く。見慣れないTV番組、初めて聞く緑道の音楽・・・そう、“水曜日”が消えたのだ。水曜日を謳歌する“火曜日”だったが、その日常は徐々に驚きと恐怖に変わっていく。残された“火曜日”はどうなってしまうのか―。

    キャスト・スタッフ
    監督/脚本:吉野耕平 出演:中村倫也 石橋菜津美 深川麻衣 中島歩 休日課長 きたろう
    作品・情報
    再生時間 : 01:43:16
    音声 : 日本語
    視聴制限 : <購入>無期限 <レンタル>初回再生から48時間
    購入期限 : <購入>2022年03月31日 23:59 <レンタル>2022年03月31日 23:59
    対応機器:
    • AndroidTV
    • HTML5
    • FireTV
    • PC
    • Android
    • iOS
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    火曜日の僕がの視点で描く、ぼくの未来
    投稿者:カマンベール
    2020年12月04日

    2020年。監督・脚本・VFXは吉野耕平
    2度観ても発見のある映画でした。
    解離性同一性障害(一般的には多重人格)を患うひとりが、
    曜日ごとに異なる7人の自分を持つ。
    その中のひとり、「火曜日の僕」の視点で描きます。

    一番大人しく、従順で真面目。
    「火曜日の僕」は掃除、ゴミ出し、宅配の受け取り、冷蔵庫の管理など、
    細々した家事を受け持たされ、病院に行くとほぼ一日が終わってしまう。
    憧れているのはいつも火曜日に休館の図書館に行くこと。

    主演の中村倫也は、カマトトか?!
    って位、植物的で人畜無害なキャラクターを、超自然体で演じている。
    23歳にしか見えない(実年齢は33歳らしい・・)
    アイドル映画とも思えるが、お洒落でスタイリッシュな映像。
    そして医師(16年担当してる、きたろう)とのやりとりや、交通事故の映像は繰り返し繰り返し、僕の脳裏を走る。

    7人の人格を中村倫也が演じ分けるか?と期待すると、期待は半分くらい裏切られる。
    水曜日の僕、が消えて・・・それは変化の予兆で、図書館の司書の女性との交流が始まり、
    (ステキな図書館は、水戸市立西部図書館でした。ここは、「図書館戦争」でも使われた
    そうです)
    火曜日の僕から水曜日の僕へ・・・その願望も芽生える。

    後半、もうひとりの人格とのテレビ電話での対決もあり、サスペンスタッチになります。
    リアル中村倫也の片鱗もうかがえて、ドキッとする。

    もう少し、カメレオン俳優・中村倫也の7変化を観たかった!!
    穏健に卒なくまとめた映画って感じですね。

    中村倫也の演技を堪能する
    投稿者:くまげらの森
    2020年12月02日

    それ以下でも以上でもない。元々好感度の高い俳優さんだ。
    幼い頃の交通事故の後遺症のため、多重人格になり、ひとりの男の身体に7人の人格が宿る。
    曜日ごとに生活していたがある日「水曜日の僕」が行方不明になったことで、日常のバランスが崩れていく様を描き出す。
    設定だけ聞けばノオミ・ラパスの「セブン・シスターズ」を連想するのであるが、
    比較するのはあまりに申し訳ないので何も言わない。
    「ジョナサン・二つの顔を持つ男」には少し似てるかしらね。

    「水曜日が消えた」というタイトルは上手いですね。なんのこっちゃ?と思わせるし
    正確には「消えた」んじゃなく(ネタバレ→〇曜日が〇曜日に△△した)という話ですもん。
    さて、物語は火曜日君の視点で描かれてその困惑ぶりを演じるんですが、
    記憶のない各曜日への伝達手段はポストイットですよ(笑)
    あとは医者への報告も兼ねた連絡帳みたいなのを書いてます。
    (ポストイットって剥がれますよね。私は強力タイプ使ってます)
    廊下にカメラも設置されてるし、後半で携帯のカメラも使ってますから、
    「ジョナサン」みたいにビデオレター使えばいいのにと思いますよね。

    問題は、他の曜日の状態を前半でもっと見せるべきだった、と思いました。
    最後の方で出し惜しみしてるかのようにやっと多重人格の倫也さんが現れますが、
    やっと始まったと思いましたよ。倫也の七変化、と書きたかったけど無理。
    それでも倫也さんが好きな人には満足する作品だと思う。

    着地点が予想と違って、「ま、それもアリですかね」と思った事と
    「やっぱり医者の存在は意味不明」ということでした。
    面白い人には面白い作品だと思う。

    タイトルに惹かれて
    投稿者:kazupon
    2021年02月17日

    監督・脚本:吉野耕平(2020年・日本・104分)

    これは吉野耕平さんのオリジナルストーリーなんですね。
    ジャケットとイントロで本作のあらすじが殆ど紹介されているので、私の感想を書いてみます。
    「水曜日が消えた」というタイトルの響きでミステリーを期待しました。実際に観た感想は、意外にまったりした印象。
    繰り返し挿入される交通事故のフラッシュバックのシーン。壊れたドアミラーに空を飛んでる鳥が映るんだけど、フラッシュバックの度、だんだんその数が減って行くんですね。そして最後には一羽も映らなくなる。
    冷蔵庫などに貼られる連絡用の付箋は7色あって、それも最後には“火曜日のボク”の水色だけになる。
    多くを語らなくても、そういう視覚的なもので、ひとりの体に存在する7人を表現するのは、スッキリとしていました。
    ただ、後半に登場する“月曜日”以外は実感として感じられなかったかな。
    この家に出入りしている一ノ瀬(石橋菜津美)の言葉から判ったのは、“火曜日”が本来の彼だったのだろうということ。
    彼の仕草の癖は、それが事故前の彼の癖と一緒だったから。
    最後に残ったのが“火曜日”だということは、7つに分離していた人格が元通りに統括されたと考えていいのでしょう。
    でも、“火曜日”は、― “水曜日”も“木曜日”も、あの強かな“月曜日”も― 全部の曜日に戻って来てほしいと考えます。
    長年、彼ら(7人)を見守って来た安藤先生(きたろう)が、別人格のひとりひとりを大切に考えてくれた気持ちと同じですね。
    “火曜日”自身が「この状況は不便だけど、不幸じゃない。」と言い切っていました。
    確かに、一年365日を7人で分け合って生活する(一人当たり52日程度?)ってことなんだけど、これって「損」なの?「得」なの?

    一人七役を演じた中村倫也さん。お疲れ様でした。と言ってもハッキリと姿(特徴)を観ることが出来たのは、月・火・水の3人だったと思うけど、他の曜日の特徴はクローゼットの洋服や、仕事場(机)で存在を感じさせてくれました。
    観終わって思ったこと。
    私たちは誰でも自分の中に「違った自分」が数人同居しているのかもしれないなー。と・・・
    怒ると別人。酔うと人が変わった様…。平気で人を騙す。あんな優しい人が子供を虐待…
    大抵は上手くコントロールしているだけで、何かのきっかけで人格が分離なんてことが・・・あるのかも。

    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    TSUTAYA TV(動画配信サービス)

    豊富なジャンルで
    新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの10,000タイトル以上が見放題
    ポイント付与!
    毎月付与される動画ポイントを利用して新作なども楽しめる!
    いつでもどこでも
    クリアなHD画質の映像をスマホやタブレットでも!
    TSUTAYA TV〈動画配信サービス〉の動画見放題プランで、新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの見放題対象作品約10,000タイトル以上をお楽しみいただけるサービスです。毎月付与される動画ポイント(1,100pt)を利用して新作なども楽しむことが可能です。
    ※動画ポイントは新規入会の場合、ご利用開始時に付与されます。ご利用者様の場合は契約更新当日の正午までに付与されます。有効期限はポイント付与から45日です。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    よくある質問

    無料お試し期間中に退会した場合はどうなりますか?
    もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。また、その場合は料金は一切かかりません。
    無料お試しサービス終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
    ※本サービスは1ヶ月ごとの自動更新サービスとなります。
    無料お試しは本当に無料ですか?
    はい。無料お試し期間中は、ご利用料金は一切かかりません。
    また、30日間の無料お試し期間が終了するまでに解約していただければ、その後も料金は発生しません。
    無料お試しはお一人様一回限りになります。
    無料お試しの登録に、なぜクレジットカードが必要なのですか?
    無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
    信頼できるサービスなのですか?
    「TSUTAYA」や「蔦屋書店」、「Tポイント」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の100%子会社「カルチュア・エンタテインメント株式会社」がご提供する安心のサービスです。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。