劇場版 ほんとうにあった怖い話 2019 冬の特別篇

  • 2019
  • 日本
劇場版 ほんとうにあった怖い話 2019 冬の特別篇

    第一怖「Trick or Treat」 これは僕が大学の夏休みに体験した話です。夏休みのある夜、僕と龍、航一の3人は、ある廃墟に肝試しをしに来ていました。都市伝説好きの龍が、とあるオカルトサイトでみつけた“悪魔のトリック・オア・トリート“という儀式をやろうと言うのです。その儀式は現代の一般的な”トリック・オア・トリート“とは違い、“悪魔に捧げたご馳走を皆で食べる“ことで力を持つ悪魔と契約するというものでした・・・第ニ怖「Phantasm」 これは、私がある年のハロウィンの時期に実際に体験した話です。夫の守は、私のことをいつもサプライズで驚かせようとしてくれる楽しい人です。ある日、私がパートから帰宅すると部屋中にトイレットペーパーが散乱していました。それは、ハロウィンでお菓子を貰う事を拒絶された子供たちがおこなうイタズラの代名詞でした。また夫の仕業だと思い、渋々それを片付けたのですが・・・第三怖「The Door」 これは、私が短大を卒業して、都内で就職し一人暮らしを始めたころの話です。当時、近くの公園でお弁当を食べるそのひと時が唯一の癒しの場となっていました。ある日、いつものようにお弁当を食べていると、少し離れた場所から、年配の外国人女性が、なぜか私の方をジーっと見つめていることに気が付きました。その女性を見た日から、私の身の周りで奇妙な事が起こり始めました・・・