神との約束

  • 2018 - 2019
  • 韓国
神との約束

    一人息子が骨髄性白血病に犯された。息子を救うことができる道はただ一つ、同じ両親の下に生まれた兄弟間の骨髄移植だけ。しかし、夫婦は既に離婚をして各々に家庭がある。それでも子どもを救うために、離婚した元夫の子どもを身ごもる女。それは不倫なのか? それとも崇高な母性なのか? 愛する子どもの命に関わる問題に直面した時、その命を守らなければならないのは親の責務だ。子どもを救える方法が一つしかないなら、親は当然その選択をするのが正しい。しかし、子どもを救うための選択は、各々の配偶者を裏切り傷つけることになる。命よりも価値あるものはないが、だからといって配偶者の不倫まで許せるものではない。子どもの命を守るために夫婦間の倫理と道徳を忘れてしまえば、それは正当といえるのか? すべての命は親の愛の中で生まれる権利がある。しかし、親の愛ではなく、兄弟を救うための‘手段’として誕生した命は自らの尊厳性を見つけることができるのか? なぜなら誰かの手段になりたくて生まれる者などいないから。一つの命を守るために、離婚した元夫の子どもを産んだが、そのように生まれてきた子どもは自分の命の尊厳性をどこで見つけなければならないのか? 兄弟を救うために生まれた守護天使? それが自身の尊厳に価値を与えるのか? このドラマは、二組の再婚夫婦を通じて、子どもの命を守らなければならない親としての義務と命の尊厳性、愛と憤怒が絡んだ夫婦間の倫理的、道徳的ジレンマに対して問いを投げかける。

    ユーザーレビュー