アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

  • I, Tonya
  • 2017
  • アメリカ
アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    解説・あらすじ

    貧しい家庭で、幼いころから暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変。転落が始まる。一度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられていたトーニャ・ハーディングだったが、その後、彼女を待ち受けていたのは、、、、。フィギュアスケート史上最大といわれる衝撃的な事件の意外な真相と、彼女の波乱万丈な半生の物語。

    キャスト・スタッフ
    監督:グレイグ・ギレスビー 出演:マーゴット・ロビー セバスチャン・スタン アリソン・ジャネイ ポール・ウォルター・ハウザー
    作品・情報
    再生時間 : 01:59:41
    字幕 : 日本語
    音声 : 英語
    レイティング : PG-12
    視聴制限 : <購入>無期限 <レンタル>初回再生から48時間
    購入期限 : <購入>2021年10月31日 23:59 <レンタル>2021年10月31日 23:59
    対応機器:
    • TV
    • PC
    • Android
    • iOS
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル
    投稿者:片山刑事
    2018年10月27日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

     男を見る目がないと波瀾万丈の人生になってしまうのがわかる話。

     実在のフィギュアスケーターのトーニャ・ハーディングさんの実録もので彼女の幼少時代からライバル選手襲撃事件を起こすまでをテンポよく編集や話運びであっという間の120分でした。

     主人公のお母さんは登場してからいきなり自分の娘さんを愛していないのかと感じてしまう行動言動の連続で「才能を与えた」とか言っていますが、実の娘さんだけでなく周囲の人間を全員を見下したかのような態度が最高でした。彼女にここまでにしてしまったんだろうと今までの人生に一体何があったのかとそれを知りたくなる映画を見たくなりました。

     スケーターとしての才能に恵まれた主人公だけど技術だけじゃ勝てないと悩んだりしますが、主人公も主人公で努力が認められないと周りがおかしいと暴れたりしてぶっとんだ主人公でした。DV夫もすぐに暴力を振るう最低男ですが、主人公も意外に負けじと殴り返したりしているのが凄かったです。

     そして結局、旦那の友達が一番とんでもない奴であいつがいなかったら別の道があったんではなかろうかと思える面白いキャラクターでした。付き合う相手を間違っちゃいけないなと勉強になる映画で、彼が動き回るだけでこの映画の面白さが倍増する行き当たりばったりの行動言動がよかったです。ライバル選手襲撃のドタバタも笑えました。

     スポーツものとしてもフィギィアスケートのシーンも映画的なダイナミックさでどうやって撮影しているんだろうと考えてしまう見たことない場所で見せてくれる迫力のフィギィアスケートでした。

     オリンピック選手なのに自分で衣装を作っているだけでも偉いと思ってしまう映画でした。

    アイ、トーニャ・・!
    投稿者:なんの因果
    2018年11月24日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

    レヴューしにくい作品である。マーゴット・ロビーは熱演だし、アリソンジャネイは怪演、
    カメラワークも素晴らしい。
    だが、面白いか?と聞かれれば答えに窮する。
    1994年、ナンシー・ケリガンが襲撃された事件。
    ライバルのトーニャ・ハーディングの関与が疑われ、そんなわかりやすい事するかなと
    思ったものだったが、まさにそこがスキャンダラスなわけで。
    あの、泣き顔を作りながら審査員席にドカッと片足を乗せ、靴ヒモがどうたらと訴えて
    時間を潰すサマは見苦しいものだった。

    スケート界のヴィランとなったのも仕方あるまい。真実かどうかと言うより、やっぱり
    そんなような事だったのね、と上書きされただけで、新しいオドロキがあるわけでもないのだ。
    だが映画は、DV母だからDV夫だから、下層階級だからと同情を誘う作りにはしていない。
    ドキュメンタリータッチにして分割画面にしたり、観客に向かって話しかけるという、それ自体は珍しい技ではないが、
    「我に返る時間」を存在させ、ダークで愚鈍とも言える話しを軽い印象にしている。

    「私が悪いから愛されない」と言っていた幼少期。
    DV男と出会ったのは気の毒だけれども、長じて「私は何も悪くない!」と反動のように
    自己主張ばかりのトーニャ・ハーディング。
    子役のマッケナ・グレイスからマーゴット・ロビーに替わった時は、いくら何でも15才を演じるのはキツイと見た。
    しかし後半になるにつれてマーゴットらしい場面が出てくる。
    特に「試合前にメイクしながら笑い顔をしようとする場面」は素晴らしい。
    まるで老婆のように人生に疲れた目をしながら、鏡を見て笑おう、笑おうとしつつ、目からは涙があふれる。
    つらいよね。笑わなければいけない時って。(女性ならば誰でも身につまされる思いがするだろう)

    のめりこむ事は避けたいのだが真実というものが、少し角度を変えると見えなくなる「だまし絵」のようなもの
    だからと、何度も立ち位置を確認させられるこの作品。
    ラストの格闘技で血を飛ばしながら戦うトーニャ、血糊がスローで、華麗なスケーティングシーンに交差する。
    美しく、そして激しい。
    さて我々はトーニャ・ハーディングの人生を公正にジャッジできるだろうか。

    私は、トーニャ・・・こうしか生きられない!
    投稿者:カマンベール
    2018年10月28日

    2017年。

    1994年のオリンピックでトーニャ・ハーディングの演技の実物を
    見ています。
    フィギュアスケートは、冬のオリンピックの人気競技なので、
    ある程度の年齢の方は結構見てると思います。
    小柄でエネルギッシュで不良っぽいイメージでしたね。

    その後のライバル襲撃事件も、朝のワイドショーで報道されたから、
    少し印象に残っています。

    映画はトーニャの幼少時代からの生い立ちを、細かに追っていて
    なかなか面白い。
    付き合う男性も、金も地位も学歴ない・・そんな相手。
    オリンピック候補の選手になっても手作りで衣装を縫う様子はいじらしい。
    普通ならお母さんがする役目。
    トーニャの母親はそんな殊勝な人物ではない。

    付き合う相手がクズなら、その友達もおバカ。
    ライバルの「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の顛末も、
    漫画みたいです。

    映画はトーニャ役のマーゴット・ロビーのスケーティングも
    すごく上手いし、今の撮影技術での、フィギュアの競技映像が
    とても迫力があり手に汗を握ります。

    それにしても、スキャンダルの渦中のトーニャを、リレハンメル・オリンピックの代表に選ぶアメリカのスケート協会って、いかがなものなの?
    (いくら確たる証拠がないとは言え・・・)
    トーニャがトリプルアクセルを成功させてメダルを取れば、
    結果オーライなの?
    それってズルくないかしら?
    スポーツマンシップはいったいどこにあるの?

    この映画は、オリンピック選手の起こした前代未聞のスキャンダルを、一面から見た記録である。

    五輪とは、踊る人、踊らされる人・・運命を変える魔物ですね。

    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    TSUTAYA TV(動画配信サービス)

    豊富なジャンルで
    新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの10,000タイトル以上が見放題
    ポイント付与!
    毎月付与される動画ポイントを利用して新作なども楽しめる!
    いつでもどこでも
    クリアなHD画質の映像をスマホやタブレットでも!
    TSUTAYA TV〈動画配信サービス〉の動画見放題プランで、新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの見放題対象作品約10,000タイトル以上をお楽しみいただけるサービスです。毎月付与される動画ポイント(1,100pt)を利用して新作なども楽しむことが可能です。
    ※動画ポイントは新規入会の場合、ご利用開始時に付与されます。ご利用者様の場合は契約更新当日の正午までに付与されます。有効期限はポイント付与から45日です。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    よくある質問

    無料お試し期間中に退会した場合はどうなりますか?
    もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。また、その場合は料金は一切かかりません。
    無料お試しサービス終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
    ※本サービスは1ヶ月ごとの自動更新サービスとなります。
    無料お試しは本当に無料ですか?
    はい。無料お試し期間中は、ご利用料金は一切かかりません。
    また、30日間の無料お試し期間が終了するまでに解約していただければ、その後も料金は発生しません。
    無料お試しはお一人様一回限りになります。
    無料お試しの登録に、なぜクレジットカードが必要なのですか?
    無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
    信頼できるサービスなのですか?
    「TSUTAYA」や「蔦屋書店」、「Tポイント」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の100%子会社「カルチュア・エンタテインメント株式会社」がご提供する安心のサービスです。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。