detailScreenBanner

蒲田行進曲

  • 1982
  • 日本
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    解説・あらすじ

    『新選組』の撮影真っ只中、土方歳三に扮する“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎は、敵役の坂本龍馬を演じる橘が、主役の自分より目立っているのが気に入らない。さらに最大の見せ場である“池田屋の階段落ち”が、命の危険を伴うため中止になろうとしていた。ある日、大部屋役者のヤスのアパートに、銀ちゃんが子供を身ごもった女優、小夏を連れてきた。「俺を助けると思って、小夏と一緒になってくれ!」ヤスはいわれるままにする。そんな中、銀ちゃんが失踪した。ヤスは落胆しきった銀ちゃんを見兼ね、“階段落ち”を引き受けるのだった。

    キャスト・スタッフ
    監督:深作欣二 原作:つかこうへい 出演:松坂慶子 風間杜夫 平田満 音楽:甲斐正人
    作品・情報
    再生時間 : 01:47:47
    音声 : 日本語
    視聴制限 : <レンタル>初回再生から48時間
    購入期限 : <レンタル>2030年12月31日 23:59
    対応機器:
    • AndroidTV
    • HTML5
    • FireTV
    • PC
    • Android
    • iOS
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    面白いです。単純に
    投稿者:こんちゃん
    2007年05月30日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

     でもね。う~ん・・・。この作品を何故映画にしたんでしょう?ご存じの通り、つかこうへいが直木賞を取ったこの小説は、舞台で演じることを前提としていたと思うのですよ。
     現在の日本映画の凋落を嘆き、どうにかしなくちゃいかんと思っている映画関係者達のドラマ。スターと大部屋役者との関わり合い。それが、舞台上で展開されたときにシニカルな笑いが産まれ、感動にまで昇華していったと思うのですが、映画になってしまうと、「楽屋オチ」のような印象が漂ってしまうのですねぇ~。それは承知の上で深作監督は作っていったのでしょうが、ラヴァさんがおっしゃるように、ある意味では深作監督の最低作であるでしょうし、新たな面を模索してはいても、深作ワールドが終焉を迎えていたことを暗示させるのかも知れません。

     そもそも、東映の看板監督である深作欣二が、松竹キネマに関する映画を撮るというのも、実際のその撮影場所が東映京都撮影所であったことも、なんか妙な違和感がありますしね。銀ちゃんは時代劇のスターなので、京都。この「鎌田行進曲」は現代劇なので蒲田が舞台と言うことでしょうけど・・。角川氏は、この作品の主役に松田優作をと考えていたそうです(笑)
     数年後に、松竹のエース、山田洋二が蒲田撮影所を舞台にした「キネマの天地」を作りました。松竹の意地と行ったところでしょうが、出来映えは今ひとつだったようです。

     つかこうへいの原作は文句なく面白いので、そのままでも舞台でも、そして映画でも(脚本は、本人が担当しています)おそらくは、充分楽しんで鑑賞できると思います。当時の日本アカデミーも総なめにしていますから。
     当時、舞台俳優を目指していたじじいの郷愁かも知れませんが、この作品は映画にして欲しくなかったのです・・・。

    つかこうへいが描こうとしたもの。 深作欣二が描いたもの。
    投稿者:ロキュータス
    2010年07月12日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

    またナメちゃんに死の商人と揶揄されるかもしれませんが(笑)追悼レビューです。

    つかこうへいさんが亡くなった。 映画に比べ演劇をあまり観ない人間なので、氏自身が演出された舞台を実際観たのは30年以上も前でしょうか、『熱海殺人事件』の京都公演のみ。 
    あとは活字やテレビドラマ、そして映画では本作品などです。

    といっても、本作は、つかこうへい作品というよりも、濃厚に深作欣ニ作品です。
    深作監督は録音テープを繰り返し聞いたものの、つかさんの原作舞台は観ていないと言いますし、銀ちゃんに切られた後ヤスが階段を這い登るシーンは、つかこうへいの脚本にはなく深作監督が追加したもの。

    「あの映画がヒットしたのは、原作にあった差別の構図を薄めてヤスの映画にしたからなんだ。“ 階段落ち “じゃなくて” 階段登り “の映画にしたんだよ」
    笑って最後には泣ける人情話にした。それが大ヒットにつながったのは否定できない事実でしょうね。

    深作監督はつかさんが怒ると思ったが、「映画は深作監督のもの」と理解を示し喜んだという。
    ただし後に書くようにヤスに同情が集まってしまったことに、「これはいかん。 この作品は決して人情話ではない。 オレは女を押しつけられた男よりも、押しつける男の方にこそ悲劇性を探していたはずだ。」

    追悼報道の中で触れることが少ないのであえて申しますが、つかさんは『娘に語る祖国』でご自身書かれたように、日本で生まれ育った在日韓国人二世です。 語る際には、やはりこのことは避けて通れない。

    『熱海殺人事件』とは、熱海の海岸で殺されるには絵にならない「ブス殺し」を犯した犯人・大山金太郎(「工員風情が熱海に行く?」と侮られる)の話。
    『広島に原爆を落す日』をはじめ、支配・被支配、差別・被差別の関係は作品に色濃く出てくるので、それを従来の構図で見ようとすれば、むしろ容易です。
    『蒲田行進曲』の銀ちゃんとヤスの関係も、ヤスが演じた時代に散った浪人の情念も、「階段」も、見ようとすればそう見えてしまう。

    しかし在日を逆手に取れば芥川賞・直木賞でも取れるだろうが、そういう獲り方はプライドが許さない、と受賞前には公表しなかったように、安易な構図に乗っかるのはとことん拒否した人だと思う。
    在日メディアにはむしろ「民族には目覚めてねえぞオレは」と言い放ち、また安易なものわかりのよさを示してわかったつもりでいたい日本人の知識人やメディアへの反骨精神、ダンディズムがあった人だと思います。(わかったふうなことを言うという意味で自爆)

    図式とか固定観念への挑戦。
    それは口立て芝居で初日と最終日でまったく違うというライブ感覚に顕著で、常に視点を変えて、ありのままの人の心を映し出そうとされたのでしょう。
    そのライブ感覚ゆえに、寺山修司や蜷川幸雄とは違い、自身では映画は撮られず、演劇の人でした。

    「私たちは、母親による子殺しや、覚醒剤でどうこうという事件には、もう驚きもしなくなりましたる
    どう物語をつくっても、事実という重さには勝てない時代です。
    この映画の誇るべきところはドキュメントでもなく、ノンフィクションでもなく、ただのつくりものだと言うことです。
    久しぶりに、嘘にみちた映画らしい映画です。」
    本作に寄せた、つかさんの言葉ですが、虚構に託して真を描こうとされた方らしい。

    つかさんはビリー・ワイルダーの『サンセット大通り』をヒントに、松竹の蒲田撮影所を舞台に書き始めたものの、東映太秦を舞台にした『太秦ラプソディ』のようなものになったと書いています。
    その東映太秦をよく知る深作演出は、泥臭く、露悪的で、アナクロささえ感じさせますが、ラストが象徴的なように、それこそが嘘に満ちた映画でありながら私たちを納得させる生命感を持たせていると思います。

    素晴らしい
    投稿者:MonPetit
    2007年01月20日

    単に昔のよき時代の映画とは言い切れない。
    名作と呼ぶしかないでしょう。
    「蒲田行進曲」というタイトルの奥の深さには感嘆しました。
    全てが芝居なんですよね、これ。
    二段階のオチというか、素晴らしいです。
    また観ようっと。

    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    TSUTAYA TV(動画配信サービス)

    豊富なジャンルで
    新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの10,000タイトル以上が見放題
    ポイント付与!
    毎月付与される動画ポイントを利用して新作なども楽しめる!
    いつでもどこでも
    クリアなHD画質の映像をスマホやタブレットでも!
    TSUTAYA TV〈動画配信サービス〉の動画見放題プランで、新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの見放題対象作品約10,000タイトル以上をお楽しみいただけるサービスです。毎月付与される動画ポイント(1,100pt)を利用して新作なども楽しむことが可能です。
    ※動画ポイントは新規入会の場合、ご利用開始時に付与されます。ご利用者様の場合は契約更新当日の正午までに付与されます。有効期限はポイント付与から45日です。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    よくある質問

    無料お試し期間中に退会した場合はどうなりますか?
    もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。また、その場合は料金は一切かかりません。
    無料お試しサービス終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
    ※本サービスは1ヶ月ごとの自動更新サービスとなります。
    無料お試しは本当に無料ですか?
    はい。無料お試し期間中は、ご利用料金は一切かかりません。
    また、30日間の無料お試し期間が終了するまでに解約していただければ、その後も料金は発生しません。
    無料お試しはお一人様一回限りになります。
    無料お試しの登録に、なぜクレジットカードが必要なのですか?
    無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
    信頼できるサービスなのですか?
    「TSUTAYA」や「蔦屋書店」、「Tポイント」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の100%子会社「カルチュア・エンタテインメント株式会社」がご提供する安心のサービスです。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。