detailScreenBanner

16ブロック

  • 16 BLOCKS
  • 2006
  • アメリカ
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    解説・あらすじ

    ニューヨーク市警の刑事ジャックに課された任務は、16ブロック(区画)先の裁判所に証人を送り届けるだけのごく簡単なもの。だが、護送中、何者かに襲撃されてしまう。その証人が警察内部の不正を目撃していたのだ。法廷での証言開始まで残された時間は118分。NY市警対一人の刑事。ブルース史上、最も壮絶な戦いが始まる!

    キャスト・スタッフ
    監督:リチャード・ドナー 出演:ブルース・ウィリス モス・デフ デヴィッド・モース 音楽:クラウス・バデルト
    作品・情報
    再生時間 : 01:41:40
    字幕 : 日本語
    音声 : 英語
    視聴制限 : <レンタル>初回再生から48時間
    購入期限 : <レンタル>2026年07月12日 23:59
    対応機器:
    • AndroidTV
    • HTML5
    • FireTV
    • PC
    • Android
    • iOS
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    人は努力すれば生まれ変われる。
    投稿者:masamune
    2006年12月22日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

    本作は一言で括ってしまうと「バディ・ムービー」かもしれませんが、其処に留まらない魅力が渋く光る佳作だった。アクション好きには「ガントレット」っぽいシーンも有りますが、本作をアクション大作と思って観ると物足りないかもしれないし、伝えたいテーマもそれとは異質なものだ。監督のRichard Donne(おん年76歳!)と言えば「オーメン」「グーニーズ」「スーパーマン」と何でも撮れる職人監督だが、やはり「リーサル・ウェポン」も外せない。本作も似たジャンルでは有るが、チョッと風合いが違う点が時代性なのかもしれない。前作の「タイムライン」が酷い脚本で気の毒だったが、本作では熟練した演出で再び楽しませてくれたのは嬉しかった。内容は今時のリアルタイム風のアクション演出を織り交ぜつつ、物語も高速道路一直線な展開が小気味良い。復活の兆しの有るBruce Willis、リアルな落ちぶれ振りも中々だが、今回はセンシティブな中年親爺を巧みに演じてる。監督の描く主人公はどれも心に傷を負ったヒーローが多いが(まあオーメンは論外だが)、本作でも監督の「まなざし」が垣間見える点は高く評価したい。最近は見た目のハデさばかり追いかけ、肝心の「人」が描けない作品が多く散見されるが、本作のテーマ「people can change!」は古くて新しいテーマだが、それを素直に描ける監督はやはり素晴らしいと思う。「完全な善人や完全な悪人など居る筈は無い、人間には善と悪が同居しているのだ」そんな監督のメッセージが心地よい作品で、古い言葉で言えば「人間臭さ」が有ると思う。本作を見てると、以前のハリウッド映画の良さを思い出した・・・そんな感じだったのは私だけだろうか?。劇中の会話一つ一つが「活きている」様に感じ、登場人物にも違和感無く入っていける点も最近の作品で忘れられてる感触だった。まあ主人公がBruceで、ニューヨーク市警の刑事とくれば誰でも「ダイ・ハード」を期待するのは無理からぬ事。来年にはダイ・ハード第4弾「Live Free or Die Hard」が公開を控えてるなら尚更か・・・しかし、手触り感としては同じBruceでも「ラスト・ボーイスカウト」の方が本作には近い。アクション・サスペンスとして見た場合、脚本が荒削りで追跡劇にもご都合主義が見てとれるが、本作の意図はそこには無いので私は意に介さない。なのでSONYの宣伝文句「わずか16ブロック先に証人を護送する、それは簡単な任務のはずだった」を鵜呑みにすると(するわな、普通)、そこに期待なさると本作は凡作へ格下げになる恐れがある(頼むよ、ソニーさん)ので要注意。娯楽映画とは、こうして作るものだ・・・と監督が未だに教えてくれてる気もしますね。日本の諺に「災い転じて福となす」と言う言葉が有るよと監督に伝えたくなった、そんな作品でした。

    本作の最大の「売り」はラストだと思う・・・スカッと爽やか、そしてチョッピリ泣ける。単純だけど映画って楽しいものだ、と思う。本作は日頃はアクション映画をご覧にならない方にも是非観てほしいですね。

    masamuneさんがおっしゃるように
    投稿者:こんちゃん
    2007年03月05日

    この作品は、バディ・ムービーとすれば、「ラスト・ボーイスカウト」に近いテイストなのかもしれません。
     枯れたおっさんの(もう老人?)のブルース・ウィリス(ちなみに私は数年前まで、ブルース・ウィリスに似てるとよく言われました)も、ダイ・ハードの面影はないものの、渋い味を醸し出しておりますし、モス・デフも新米役者としては(ラッパーとしては有名なんですってね。私、そちらの方はほとんど興味ないんで)なかなか頑張っています。
     アクションや、クライム・ストーリーよりは、会話を中心に物語が進んでいきます。モス演じるところのエディが何度も口にする
    「人は変われるんだ」というセリフが、この物語の背骨になって居るんでしょう。その言葉を聞くうちに、ブルース演ずるところのジャック(最近、ジャックが多いなぁ~)の心の中にも変化が起こります。
     私の大好きなデビット・モースが悪徳刑事で出てますが、「グリーンマイル」のブルータルとは、全く違った面が見えておもしろいです。(彼はどちらかというと、TVドラマがメインのようです)
     エンディングのケーキのシーンで結構、ぐっと来るものがありました。毎日が誰かの誕生日なんですよね。で、流れてくるエンンディング・ソングがタイヤ泥棒(本当かどうかは知りませんが)のバリー・ホワイトの「あふれる愛に−Can't Get Enough of Your Love, Babe」でした。数年前に無くなりましたが、「アリーmyラブ」の中でよくかかっていた(ジョンのテーマソングだったかな)「Everything」を歌った黒人シンガーで懐かしく聞かせてもらいました。
     もうひとつのエンディングというのを、何人かの方がレビューしてますが、私見てません。この作品のエンディングがほっとさせる、ハッピーエンドで(誰も死ななかったし)良かったなと思うので・・・。
     作品として作って世に出す以上、脚本を推敲を重ねて完成させるのが当たり前で、「こういうエンディングもあるんだけど?」という提示の仕方は、製作者の姿勢としてどうなんでしょう?言い方は悪いかもしれませんが、ちょっと卑怯な気がします。監督や脚本家がDVDの特典で解説したり、言い訳したり(解説しないと理解させられない時点で、作品としてのクオリティが低いと言うことですが)するのは、まあ許せるとして、エンディングをもう一つ作るのは、個人的に認めたくないので、あえて見ていません。本編のエンディングだけで言わせていただければ、おすすめできる作品だと思います。
     

    2時間で一生分の友情
    投稿者:カプチーノ
    2007年04月16日

    2006年の映画では、「マイアミ・ヴァイス」とこの作品が圧倒的によかった。テレビのCMを見た瞬間に、これは面白いと感じました。実際に観てみると、予想以上の素晴らしさ。「マイアミ」は別の要素も含んでいますが、同じテーマがあり、男の友情。で、この作品は、2時間で一生分の友情をつくりあげてしまうという、男にとっては泣ける映画です。モス・デフの謎かけも面白い。高校時代に、親友からこれとよく似た質問をされたことがありましたー「断崖絶壁で、落ちていく彼女と俺のどちらかしか助けられなかったら、どちらを選ぶ?」。それから30年ぐらい経ちましたが、いまも兄弟以上の無二の親友です。
    ブルース・ウィリスは坊主頭より、この方が渋くていいですね。見直しました。アクション映画ですが、人間ドラマよりも泣ける。最高。(もうひとつのエンディングはせつないので、余韻の残る本編を支持します。)

    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    TSUTAYA TV(動画配信サービス)

    豊富なジャンルで
    新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの10,000タイトル以上が見放題
    ポイント付与!
    毎月付与される動画ポイントを利用して新作なども楽しめる!
    いつでもどこでも
    クリアなHD画質の映像をスマホやタブレットでも!
    TSUTAYA TV〈動画配信サービス〉の動画見放題プランで、新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの見放題対象作品約10,000タイトル以上をお楽しみいただけるサービスです。毎月付与される動画ポイント(1,100pt)を利用して新作なども楽しむことが可能です。
    ※動画ポイントは新規入会の場合、ご利用開始時に付与されます。ご利用者様の場合は契約更新当日の正午までに付与されます。有効期限はポイント付与から45日です。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

    よくある質問

    無料お試し期間中に退会した場合はどうなりますか?
    もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。また、その場合は料金は一切かかりません。
    無料お試しサービス終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
    ※本サービスは1ヶ月ごとの自動更新サービスとなります。
    無料お試しは本当に無料ですか?
    はい。無料お試し期間中は、ご利用料金は一切かかりません。
    また、30日間の無料お試し期間が終了するまでに解約していただければ、その後も料金は発生しません。
    無料お試しはお一人様一回限りになります。
    無料お試しの登録に、なぜクレジットカードが必要なのですか?
    無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
    信頼できるサービスなのですか?
    「TSUTAYA」や「蔦屋書店」、「Tポイント」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の100%子会社「カルチュア・エンタテインメント株式会社」がご提供する安心のサービスです。
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。