detailScreenBanner

機動新世紀ガンダムX

  • 1996
  • 日本
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    解説・あらすじ

    宇宙革命軍と地球連邦軍の戦争による核の冬から環境の回復が見られるようになった15年後の地球。戦災孤児のガロード・ランは、ニュータイプの少女ティファ・アディールの導きで「ガンダムX」を入手する。彼女を守ろうとフリーデンに同乗したガロードは、仲間と共にニュータイプに関する戦闘や困難を乗り越えていく…。

    キャスト・スタッフ
    テクス・ファーゼンバーグ:中博史 キッド・サルサミル:くまいもとこ エニル・エル:本多知恵子 カリス・ノーティラス:水谷優子 ランスロー・ダーウェル:竹村拓 パーラ・シス:長沢美樹 ナレーション:光岡湧太郎 企画:サンライズ 原作:矢立 肇 富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より) 監督:高松信司 シリーズ構成:川崎ヒロユキ キャラクターデザイン:西村誠芳 メカニカルデザイン:大河原邦男 石垣純哉 音楽:樋口康雄 美術監督:佐藤 勝 撮影監督:大神洋一 音響監督:浦上靖夫 編集:辺見俊夫 制作協力:電通 創通 制作:テレビ朝日 サンライズ 声優:ガロード・ラン(高木渉) ティファ・アディール(かないみか) ジャミル・ニート(堀内賢雄) ウィッツ・スー(中井和哉) ロアビィ・ロイ(山崎たくみ) シャギア・フロスト(森川智之) オルバ・フロスト(佐々木望) トニヤ・マーム(三石琴乃) サラ・タイレル(かかずゆみ) シンゴ・モリ(中村大樹)
    作品・情報
    再生時間 : 00:24:06
    音声 : 日本語
    視聴制限 : <レンタル>初回再生から48時間
    購入期限 : <レンタル>2023年03月31日 23:59
    対応機器:
    • AndroidTV
    • HTML5
    • FireTV
    • PC
    • Android
    • iOS
    新規登録で、
    1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
    • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
    • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
    • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
    • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
    • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
    • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。
    とても明るくて夢のあるガンダム版ロードムービーでした。
    投稿者:ひら
    2008年08月20日

    たまたまヒマだった時に偶然手にとって見た作品がこの「X」でしたが、感想を一言でいうと、気張らずにリラックスしながら楽しめる良作だったように思います。

    Gファンの間ではあまり評判が良くないと聞いていたし、全52話の予定が短縮されて全39話になったしまったことや、2005年になってやっとDVD化されたという事実などから、最初はちょっと恐る恐るといった感じで見始めましたが、これが予想以上にしっかりとしたテーマのある物語になっていて、ガンダムらしい設定ではなかったけれど、同じサンライズの「戦闘メカ・ザブングル」のような冒険型ロードムービーになっていて、とっても楽しめる作品でした。

    この作品のメインテーマは二つあって、その一つめが、主人公の少年ガロードと孤独な少女ティファのボーイ・ミーツ・ガールな物語で、二つめが、「ニュータイプとは何ぞや?」という、Gシリーズの根源を見つめ直すものでした。

    物語の背景については、七度にわたる大戦により、ニュータイプと呼ばれる人々がほとんどいなくなってしまった世界の中で、生き残った数少ないニュータイプを奪い合い、生体実験にかけ、生物兵器として利用しようする哀れな人間たちの姿が描かれていました。

    ヒロインのティファは、そんな希少なニュータイプの一人で、幼い頃から捕らわれて研究材料にされていたために、すべての事柄に対して心を閉ざしてしまうという悲しい生い立ちの少女として描かれていました。

    この物語は、そんな宿命を背負った少女を偶然助けてしまった戦災孤児でジャンク屋の少年ガロードが、彼女の笑顔を取り戻すためだけに、ひたむきに頑張っていく姿を描いたもので、心を閉ざしていたティファが、ガロードの真っ直ぐな気持ちに出会ったことによって、徐々に心を開いていく過程や、その表情の変化などはとっても魅力的でした。

    また、未来に希望を見いだせない荒廃しきった世界を作ってしまった己の責任を痛切にかみしめながら、若い二人を支えていこうとする周りの大人たちの姿がしっかりと描かれていた点も好印象でした。

    そうした状況の中で、物語の前半は、ティファと同じような境遇にあるニュータイプを見つけ救出するために世界を旅していくという展開になっていて、その中で出会った様々な境遇の人々と想いを共有していくというストーリーで、逆に後半は、世界で最初に誕生したニュータイプが封じ込められた月面基地をめぐる新たな戦争の危機を回避するために、集まった仲間たちが月を目指していくという展開になっていました。

    そしてラストは、月面基地にたどり着いたティファが、その原初であるニュータイプに対して、戦争の道具としてしか見られないニュータイプの存在意義とその進むべき道を尋ねるという構成になっていました。

    まあ、その答え(制作スタッフの考え)は、ある面でそれまでに作られてきたガンダムの世界観の半分を否定するものでもあるので、よくぞ思い切ったことをしたもんだと呆気にとられもしましたが、ニュータイプという存在の行き着く先としては、それもアリかなーという感じで捉えることのできる結末だったように思います。

    ということで、物語が短縮されたために後半が詰め込みすぎになってしまった点とか、ガンダムをはじめとするMS全般がもろにオモチャっぽいデザインであったこととか(サテライトシステムとその受光部となるXウィングはカッコよかった)、人選ミスとしか思えないガロードの声など、不満な点も多々ありましたが、しっかりと筋の通ったロボット冒険活劇になっていたように思います。

    明るくて夢のあるロボットアニメに飢えている方にはおすすめの一本です。

    ニュータイプをテーマにしたガンダム作品
    投稿者:ハット
    2007年02月05日

    このユーザーレビューはネタバレを含みます

    ガンダムXのすごい所は、そのラストでニュータイプを超能力者のような特殊な存在とし、決して人類全体の革新の現象ではないとした事でしょう。この作品でニュータイプの元来の意味を否定したことは、とても意味あることだったと思います。
    ニュータイプというのは、どちらかと言うと今の人類を否定し、人は都合良く安易に正しい生命体に変質できるというような間違った認識を観る者に与えてしまうと思うので、この作品でニュータイプが否定されて良かったと思います。
    実際、その後に作られた富野監督の∀ガンダムにニュータイプは出てこないし、∀で示される黒歴史の中でガンダムXの一場面が出てくるあたり、富野由悠季もこの作品のニュータイプ否定に賛同したと考えられます。同じ富野作品であるイデオンなどを観てもわかる通り、当時の富野由悠季は人間に幻滅していたとしか考えられない作品ばかり作っています。ニュータイプはその幻滅から生み出された概念なのでしょう。でも最近の富野監督は、人間に対して非常に愛と希望のある作品を作っていますよね。 だからニュータイプは、今の富野監督にとっても否定すべきものなのだと思います。
    まあ何にしても、テーマのど真ん中にニュータイプを据えた珍しいガンダム作品ということでおススメします。

    ジェネレーション・バインディド・ウィズ
    投稿者:白銀
    2006年08月02日

    「フリーデン発進せよ」
    フロスト兄弟の暗躍もあって新連邦と革命軍は全面戦争の様相を呈し始めた。反連邦組織に身を寄せるジャミル達は自分達の行く末について考える。

    「私はDOME…かつてニュータイプと呼ばれた者」
    月のマイクロウェーブ送信基地を目指すフリーデンと両軍。月面基地を巡る激戦の中、フリーデンクルーとザイデル、ブラッドマンらはファーストニュータイプ、DOMEによって作り出された不思議な空間へと導かれる。

    「月はいつもそこにある」
    ニュータイプは存在しない。その答えを得たフリーデンクルーは戦争終結に向けて最後の戦いへ。

    DOMEとは人類初のニュータイプの体を遺伝子レベルまで解体しシステムに組み込んだものだった。それでも人格を保ち続け、ニュータイプの真実を語る。ニュータイプとは幻想であり、人類の革新ではない。未来を作るのはガロードのような強い心を持つ者である。

    DOMEの話はなんとなくうまく丸め込まれたような気がしないでもない。でもはっきり幻想と言い切ったのは曖昧な結論で濁すより良かったと思う。

    自分を認めない世界ならば破壊するという無茶苦茶な論理で戦うフロスト兄弟。もう少し共感できる敵役っていないもんかなあ。

    元々46話完結予定だっただけに、終盤はかなりドタバタした感じがします。でも一貫してニュータイプというテーマにこだわった良い作品だと思う。テーマに全力投球した分人物やメカに割ける力があまりなかったということでしょう。主要なキャラはフロスト兄弟すらも死なないし、終わり方も希望があって好印象でした。

    アフターストーリーも良い感じ。医者の名言は流石です。

    前評判より良かったガンダムX。僕がガンダムに縛られた世代じゃないからかな?

    配信中エピソード

    110件 / 全48

      #1 月は出ているか?

      宇宙革命軍と地球連邦軍の戦争から15年。戦災孤児のガロード・ランは、謎の紳士ライク・アントから依頼を受け、ティファ・アディールという少女を奪還した。だがティファがアントを見て怯え出したため、ガロードは彼女を連れて離脱。ティファの導きで旧連邦地下工場に逃げ込んだガロードは、「ガンダムX」を発見する!

        #2 あなたに、力を…

        ガンダムエアマスターとガンダムレオパルドに苦戦するガンダムXは、ティファを盾にして逃亡に成功。その頃、ガンダムXの登場を察知した情報屋は、あらゆるバルチャーにその情報を売りつけ、ガンダムXが高く売れることを触れ回っていた。そのため、穏やかな夜を過ごしていたガロードはモビルスーツに取り囲まれて…。

          #3 私の愛馬は凶暴です

          サテライトキャノンにより死んでいった人々の感情を感応したティファは、精神的なダメージを受け昏倒してしまう。そんな中、ガロードはジャミルに捕らわれ、彼女は船医のテクスに預けられる。その頃、アルタネイティヴ社にシャギアという男が現われた。一方、フリーデンにはオルバと名乗るモビルアーマー乗りが現われ…。

            #4 作戦は一刻を争う!

            ティファの容態が急変した。それが彼女の病室に忍び込んだオルバの仕業だと知らないジャミルは、ティファを治療するために充分な医療施設のあるアルタネイティヴ社への奇襲を決定する。だがジャミルがティファに固執する理由を知らないクルーは、懐疑的にならざるを得なかった。そこでジャミルは自らの過去を告白する…。

              #5 銃爪(ひきがね)はお前が引け

              ガンダムヴァサーゴとアルタネイティヴ社のモビルスーツに強襲され、フリーデンは交戦状態に突入した。その間にティファがアルタネイティヴ社に連れ込まれ、出撃するガンダムX。そんな時、巨大モビルアーマー、グランディーネが現れ、攻撃を仕掛けてきた。ガロードはジャミルの指示でサテライトキャノンを発射して…。

                #6 不愉快だわ…

                「ザコット一味」を率いるバルチャーのザコットが、フリーの女モビルスーツ乗り、エニルにガンダムXの情報を持ちかけた。その動きをまだ察知していないフリーデンは、旧連邦の工場跡地を目指していた。そんな中、ジャミルに想いを寄せていたサラは、ジャミルがティファばかりを心配していることに嫉妬して…。

                  #7 ガンダム、売るよ!

                  動力炉から撤退すべくサテライトキャノンを発射したガロード。その発射のせいで、負傷したジャミルは昏睡状態に陥ってしまう。そのことをクルーたちに責められ、さらにサラとの関係でナーバスになっていたティファからは接触を拒まれてしまうガロード。帰る場所を失ったガロードは、ガンダムXで飛び出してしまい…。

                    #8 あの子、許さない!

                    炎の時計部隊の攻撃から、フロスト兄弟の輸送機のお陰で逃げることに成功したウィッツ。彼は戦力不足のフリーデンに呼び出されたロアビィと偶然合流し、共にジャミルが回復するまでの用心棒として雇われる。一方、ガロードの部屋を訪れたエニルは、彼に警戒され追い出されてしまう。そのことを逆恨みしたエニルは…。

                      #9 巷に雨の降るごとく

                      エニルや炎の時計部隊、フロスト兄弟に攻撃され窮地に立たされていたフリーデン。そこへガロードが急行して戦線に復帰する。それをチャンスと見た艦長代行のサラは、炎の攻撃から身を守るために湖へとフリーデンを移動させた。湖に移動することで新たな危機が待ち受けると察知したティファは、移動を止めようとするが…。

                        #10 僕がニュータイプだ

                        ニュータイプを保護するため、ティファの描いた絵画を頼りにフリーデンはフォートセバーン市を目指していた。そんな中、ティファはニュータイプの能力でカリスを感じ、カリスも同様にティファを感知していた。ニュータイプの能力で人々を幸せに導こうと考えるカリスは、ティファを奪取しようとベルティゴで出撃する!

                        新規登録で、
                        1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
                        • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
                        • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
                        • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
                        • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
                        • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
                        • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

                        TSUTAYA TV(動画配信サービス)

                        豊富なジャンルで
                        新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの10,000タイトル以上が見放題
                        ポイント付与!
                        毎月付与される動画ポイントを利用して新作なども楽しめる!
                        いつでもどこでも
                        クリアなHD画質の映像をスマホやタブレットでも!
                        TSUTAYA TV〈動画配信サービス〉の動画見放題プランで、新作・準新作を除く映画・ドラマ・アニメなどの見放題対象作品約10,000タイトル以上をお楽しみいただけるサービスです。毎月付与される動画ポイント(1,100pt)を利用して新作なども楽しむことが可能です。
                        ※動画ポイントは新規入会の場合、ご利用開始時に付与されます。ご利用者様の場合は契約更新当日の正午までに付与されます。有効期限はポイント付与から45日です。
                        新規登録で、
                        1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
                        • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
                        • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
                        • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
                        • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
                        • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
                        • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。

                        よくある質問

                        無料お試し期間中に退会した場合はどうなりますか?
                        もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。また、その場合は料金は一切かかりません。
                        無料お試しサービス終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
                        ※本サービスは1ヶ月ごとの自動更新サービスとなります。
                        無料お試しは本当に無料ですか?
                        はい。無料お試し期間中は、ご利用料金は一切かかりません。
                        また、30日間の無料お試し期間が終了するまでに解約していただければ、その後も料金は発生しません。
                        無料お試しはお一人様一回限りになります。
                        無料お試しの登録に、なぜクレジットカードが必要なのですか?
                        無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
                        信頼できるサービスなのですか?
                        「TSUTAYA」や「蔦屋書店」、「Tポイント」などを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の100%子会社「カルチュア・エンタテインメント株式会社」がご提供する安心のサービスです。
                        新規登録で、
                        1,026円(税込)「動画見放題※1」プランを
                        • ※1動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約10,000タイトル以上がお楽しみいただけます。
                        • ※230日間無料はTSUTAYA TV/TSUTAYA DISCASを初めてご利用の方限定のサービスです。
                        • ※3本サービスは1か月ごとの自動更新サービスです。
                        • ※4無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
                        • ※5本サイト内の「見放題」の表記に関しては、全て本説明の内容を指します。
                        • ※6一部「見放題対象外・動画ポイント対象外」の作品がございますので、ご注意ください。