おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>

おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>の画像・ジャケット写真
おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

5

  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>」 の解説・あらすじ・ストーリー

敏腕弁護士ディアーヌは仕事のパートナーで、3年前に離婚した元夫とオフィスで会うたび喧嘩ばかり。ある日、アレクサンドルという男性から彼女の携帯を拾ったとの電話をうける。知的でユーモラスな話に魅かれたディアーヌは、彼と会うことに。ドレスアップし、期待に胸を膨らませた彼女の前に現れたのは、自分よりもずっと身長の低い男性だった。落胆する彼女だったが、茶目っ気たっぷりのアレクサンドルにいつのまにか魅了されていく。リッチで知的で才能あふれる建築家の彼とデートを重ね、惹かれていくディアーヌ。ただ、どうしても身長差が気になってしまう。果たしてこの恋の行方は・・・?

「おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: フランス
原題: UN HOMME ? LA HAUTEUR

「おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:ローラン・ティラール 出演:ジャン・デュジャルダン ヴィルジニー・エフィラ

おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2019年01月09日 23:59
レンタル:2019年01月09日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

コメディなのに「笑っちゃいかん」これ如何に?

投稿日:2018/01/11 レビュアー:なんの因果

2016年製作・フランス
「オトコの価値は何で決まる?」を問う作品だそうですが、そんなの身長とか学歴じゃない事は自明の事で、なんなんでしょうこの映画。
身長136センチの建築家アレクサンドルを演じるのはジャン・デュジャルダン。(シブイ感じのハンサムさんですね)。
バツイチの女弁護士のディアーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)。
デァアーヌは落とした携帯を拾ってくれたアレクサンドルの人柄に惹かれ、初デートでは高度3万フィートからスカイダイビングまでしちゃいます。イヤッホウ♪
ところが、136センチなので、他人がジロジロ見るし親は「障害者なの?」とか言う。
これで、いろいろユーモラスな出来事があればコメディジャンルになるのでしょうが、
アレクサンドル「低いのはもちろんつらい。平気なフリをしてる。この体にはウンザリだ」
とシリアスな発言。妙にハンサムなので逆につらい。
同僚との場面でも長さとかデカサの話になると、みんな下を向いてしまい緊張が走る。
結局、アレク自ら冗談を言って切り抜ける。大変なことだ・・。
ストーリーは、自信をなくしたディアーヌが別れる決心をするも、ラストではやり直してゆくというわかりきった展開です。
男は顔じゃない、身長でもない、はじめからわかってます。
身長136?・そんなのカンケーねぇ?そんなのカンケーねぇ・オッ・パッ・ピッ♪
従って、知の分野でもエンタメ的にも収穫は何も無い映画でした。

──他の映画でも活躍してる公称182センチのジャン・テュジャルダンですが、
特典映像での説明によると、彼は義足で、この映画で本当の姿を見せた、という事です。
しかし、映像は誇張するためなのか、しばしば不自然で、場面によって彼の大きさが
変わったり、会話してる時は顔がすごく小さいのに、ディアーヌとのベッドシーンでは
二人の頭の大きさがほぼ同じ。(いわゆる普通の顔の大きさ)しかも顔以外は映さない。
う〜ん。もっと笑わしてくれ、というのは無理な望みだったか。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

身長(136cm)以外は、完璧じゃん!!

投稿日:2018/01/21 レビュアー:カマンベール

並んでる時に見栄えが悪い?!
人がジロジロ見る!?
パーティで友達に自慢出来ん!?

お金持ちでイケメンでフェロモンむんむん、優しくて高学歴、
そんなアレクサンドラ(ジャン・デュジャルダン)でも、
お相手のディアーヌは悩むんですね。
それが女心かも。

個人的にはもう少し会話にセンスがあれば、もっと笑えたんですけどね。
意外と内容が真面目。
ディアーヌの元ダンナが、知らないでアレクサンドラの椅子に座っちゃったとこと、秘書がコップの水を「こぼすといけないでしょ、減らしとくね」とストローをさしてあげるとこは爆笑しました!!
あと、アレクサンドラの飼ってる馬鹿犬(ドーベルマンかしら?)
にブチかましに合うとこも笑った!!
あと、特典映像でジャン・デュジャルダンが実際に低身長で
普段は義足を使ってる。
これ、真っ赤な嘘ですから(こんなことをユーモアと勘違いしてほしくないです、笑えないとはこの事です)

アレクサンドラが、口論してるディアーヌに一目惚れした理由の方が、
知りたいです。
まさか「見た目?!」

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生は気分次第?

投稿日:2018/03/10 レビュアー:ぱんだ

周りと一緒じゃなきゃ。という無意識の概念をどう乗り越えていくのか楽しみにしていたけれど…
乗り越えた!といってよいのかエンドロールで首をひねっていた。

前半の茶目っ気がとてもテンポよく紳士的な姿がかっこよかっただけに、あまり過去も追わないし、最後の表情にはなんともいえない感情になってしまった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

共感しづらい

投稿日:2018/03/09 レビュアー:あんちゃん

観ていて何か無理を感じる
最後まで見た感想は、
このカップルは、絶対幸せになれない末路を迎える気がしてならない
納得できる惹きつける中身を感じなかった

個人的には、全然幸せな気持ちにはなれない痛々しさだけが残った

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

個性ですからで難しい事だけど「個性ですから」で出来る事

投稿日:2018/01/14 レビュアー:まさばさ

ディアーヌが道行く人に綺麗なブロンドとスタイルが魅力だからか、すれ違う人から無意識に視線をもらって本人はおそらく気づいていない。
一方、顔がハンサム、一言話すだけで相手に笑顔をもらい好かれる人柄、建築の実力派であるアレクサンドルも視線を感じたり、視線に入らずぶつかられたり。こちらは本人が一番気づいている。
世間一般の「大人はこういう身体でこういう行動をするべき、子供はこういう身体でこういう行動が出来ないので制限するべき」というものが生まれつきや、不意な事故や病気でできなくなると大人で普通よりも他人の態度や普段の生活での少し不便を感じても「個性ですから」では解決できず助けが必要な場合もある。
それでも「この人の個性だから」と受け止めて何も不便を感じない周りと人の生活の共用が自然に出来る相手もいる。それになるには少し時間も感情のコントロールもかかるかもしれない。
「個性ですから」でより多くの人が普通の生活ができるのを考えさせる恋愛映画だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

おとなの恋の測り方<字幕/吹替パック>

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。