健さん

健さんの画像・ジャケット写真
健さん
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「健さん」 の解説・あらすじ・ストーリー

遭いに行きましょう、日本の男に。あなたは本当の健さんを知っているだろうか―?2014年11月10日、日本映画のひとつの時代が幕を下ろした。“最後の映画スター”高倉健、逝く──1960年代のプログラム・ピクチャー全盛期に任侠映画のブームを牽引し、映画館に詰めかけた観客を熱狂させ、主題歌を合唱させ、時には男泣きさせた。スクリーンから発せられる圧倒的な存在感にふれた観客は親しみと敬意を込めて、こう呼びかけた。──「健さん!」しかし我々は“健さん”を本当に知っているのだろうか?生前に限られたインタビューしか受けなかったこの不世出のスターの素顔は、わずかな情報の中でしか明らかにされていない。彼は何を考え、どう行動し、何を成し遂げてきたのか?『健さん』はそんな疑問への答えを提示した初のドキュメンタリー映画である!

「健さん」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本
収録時間: 01:34:49

「健さん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:日比遊一 出演:高倉健 マイケル・ダグラス ポール・シュレイダー ヤン・デ・ボン

健さんの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:34:49
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2030年12月31日 23:59
レンタル:2030年12月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

健さんネタバレ

投稿日:2017/06/04 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


 映画俳優・高倉健さんの人となりを関係者が語るドキュメンタリー。
 
 健さん自身の言葉も交えながら、健さんと親交のあった人たちが語り外堀を埋めて人柄を見せていく構成で、とにかく皆さんが健さんのことが大好きなんだというのはつたってくる映画でした。奥さんの江利チエミさんとの生活や高倉健と小田剛一の違い、「漠然と生きるのではなく、一生懸命な男を演じたい。日本の男を演じたい」というスターの人柄を知れて面白かったです。

 ただひたすら健さんのことがみんなこれだけ大好きだ。というのは伝わってきますが、それだけの構成なので少し退屈に感じてしまう部分もありました。

 とはいえ、最後の皆さんの「健さん」の一言の編集に胸が熱くなる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「日本の男を演じたい」

投稿日:2017/11/13 レビュアー:カマンベール

それが俳優・高倉健の理想だった。
高倉健以上に日本を代表するスターは思い浮かばない。
このドキュメンタリー映画は2016年公開され、ゆかりの人々が語る
「高倉健像」を海外の監督、俳優にも多くの時間を割いた多角的な
作品になっている。
『ブラックレイン』で共演したマイケル・ダグラスの傾倒ぶりはかなりで、昨日のように健さんの思い出を語る。
ロケ地大阪で見たファンの熱狂は、『アメリカでこんなに尊敬されるスターはブルース・スプリングスティーン以外にいない』と述べている。
マーティ・スコセッシ監督は高倉が『レイジングブル』を愛し、数え切れないほど観たことを嬉しく思い、『沈黙』のオファーをしていた。
しかし高倉は丁重に断ったという。
高倉から、貰った革ジャンとか、上着とかを宝物にして自慢する後輩俳優は、本当に嬉しそうだ。
高倉健と名を彫ったロレックスを貰ったスターはビート・たけし、千葉真一他数名である。
映画のエピソードで印象深かったのは、実妹の語る母親の死を巡るエピソード。
撮影中で葬儀に欠席した高倉は、やっと駆けつけた仏間に心配するほど長く籠ったという。
何をしていたかと問うと、「母さんの骨を少し齧って食べた………」
そう答えたと言う。
高倉健ならここでどう行動するだろう?
それこそが、高倉を律し高め、尊敬に値する俳優(人間)に完成させた。
32歳から撮り始めた「任侠映画」を45歳でスッパリと辞め、東映映画と縁を切った。
彼の心の中で「ヤクザ映画」は、切るべきジャンル。
高倉健にもうふさわしくない。
私が観ている映画も1974年のロバート・ミッチャムと共演した
『ザ・ヤクザ』以降の作品になります。
それ以後の活躍、日本映画を背負って立った男・高倉健の姿は、
まだまだ映画の中で輝いています。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素敵です

投稿日:2017/11/07 レビュアー:KEE

そのまま健さんを語るドキュメンタリー映画。
健さんを知る人々、国内外からカメラの前で健さんの想い出を語るというファン以外は興味がないかもしれない内容。
私は高倉健大好きなので楽しめました。
やっぱりかっこいいよね。
ハリウッドにも進出してハリウッドでもキチンと高倉健という俳優が私達が感じるものと同じように認められているというところが嬉しくもある。
高倉健を演じきった高倉健。素敵です

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

健さん

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。