ヘチ 王座への道 <字幕/吹替パック>

  • 2019
  • 韓国
ヘチ 王座への道 <字幕/吹替パック>

    ヘチ(カイチ)とは善と悪を判断する伝説上の生き物・・・ 司憲府の門番として置かれている裁判獣。舞台は李氏朝鮮王朝時代の18世紀初頭。第19代王、粛宗<スクチョン>の次男イ・グム(チョン・イル)は聡明なうえに武芸にも長けた青年だったが、母の身分が低かったためにその存在を軽視され、自らも政治の世界には関わらぬように生きてきた。しかし、王位継承者の世子(セジャ)で母が異なる兄イ・ユンが病弱で世継ぎが生まれないということがわかり、老論<ノロン>派たちは、変わりに陰で悪行の限りを尽くしているイ・タン(チョン・ムンソン)を後継者にしようと動き出す。王座への異様な執着を見せるイ・タンと彼を利用して朝廷を我が手中に収めようとする派閥の重臣たち。彼らを野放しにすればこの国の政治は腐敗し歪んでしまう。イ・グムは不正のない、民のための世を実現させるため、そして正義を守るために仲間と一緒に改革に力を尽くすことになる。