クズ・ゾンビ

  • Kudzu Zombies
  • 2017
  • アメリカ
クズ・ゾンビ

    飼料用作物としてアメリカ南部に持ち込まれた外来種の葛(クズ)は、その繁殖力の強さから急速にアメリカ全土に広がっていった。それを駆除すべく、バイオ研究所「グローボ・バイオテク」は新薬クアドキシンを開発、その散布実験をひそかに開始した。しかし、クアドキシンには恐るべき副作用が隠されていた。それはクズの寄生力を増幅させ、人間の体内で繁殖できる変異種を発生させてしまったのだ・・・・・・。くしくもクアドキシンの散布実験が行われた山林からほど近いエリアでは、夏フェスが開催されていた。薬剤散布の飛行パイロットのロニーもこの日は叔父のミートパイ屋台を手伝っている。と、突如そこに乱入してきたクズに寄生されたゾンビたち。逃げ場もないまま見境なく襲われる観客たちも、つぎつぎ植物ゾンビと化していった。かろうじて生き残ったロニーたちは何とかフェス会場を脱出、武器を求めて町の中心部へと移動するも、そのころにはすでに町全体が地獄絵図と化していた。いちかばちか、武装したロニーら一団は「グローボ・バイオテク」研究所のある飛行場を目指すが・・・・・・。