レクイエム ─最後の銃弾─

  • 2013
  • 中国/香港
レクイエム ─最後の銃弾─

    幼馴染で親友のティン(ラウ・チンワン)、チャウ(ルイス・クー)、ワイ(ニック・チョン)の3人は警察官となり、麻薬取締班として活躍している。内偵のために警察の身分を隠し組織に入り込んでいたチャウは、タイの麻薬王、ブッダに近づくチャンスを得て3人はタイへ向かう。しかしブッダに潜入捜査と気づかれ、先に攻撃を仕掛けられてしまう。ティンはブッダの娘を人質にとり応戦するも、状況は芳しくない。そこでブッダが提案した案は──「仲間の2人のうち1人を見捨てろ」。ティンは苦渋の決断ながら、ワイを見捨ててしまうのだった。やがて5年の月日が過ぎ、ティンは左遷され、チャウは出世街道を歩いていた。そんな中、新しい麻薬組織とブッダの組織の争いが起こった。5年前の復讐にティンとチャウは再び立ち上がる。取引先としてブッダたちが香港にやってくる。しかし姿を現したのは、死んだはずのワイだった。敵と味方になってしまった3人に非情な運命が待ち受ける──。