【吹替】三十九夜

  • THE 39 STEPS
  • 1935
  • イギリス
【吹替】三十九夜

    ロンドンのイーストエンドのある寄席に、最近カナダから帰ったハネイは入った。舞台上ではミスター・メモリーと称する記憶の達人が、客から出されたあらゆる質問に答えていた。その時、突如一発の銃声が起こった。観客は舞台後の出口へ殺到し、ハネイは自分の身体にぴたりとついて来る女に助けを乞われ、自分のアパートへ取りあえず同行した。女は灯をつけるな、と頼む。そして女が言う通り、街角には怪しい男が二人立っている。女は自ら国際スパイであると語った。