傷だらけの男たち

  • 傷城/CONFESSION OF PAIN
  • 2006
  • 香港
傷だらけの男たち

    かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイ(トニー・レオン)とボン(金城武)。しかし、ボンは恋人の自殺で、生活が一転。刑事を辞職し、飲めない酒に溺れ、酔っ払いの私立探偵に成り下がっていた。一方のヘイは億万長者チャウの一人娘スクツァン(シュウ・ジンレイ)と結婚し、幸せな新婚生活を送っていた。ある日、チャウが彼の豪邸で何者かに惨殺され、ヘイが捜査を担当。すぐに犯人らしき男たちの死体が上がり、事件は解決するかに見えた。だが、事件を不審に感じたスクツァンは、ポンに捜査の協力を要請する。ポンは事件を見直し、捜査を再開。すると、意外なことに捜査線上にはヘイが浮上してくる。その発端となったのは、1978年にマカオで起きた惨殺事件。30年以上の時を超えてヘイとチャウを結びつけた因縁は一体何だったのか?そしてヘイとスクツァンとの愛は本物だったのか…!?