3人の信長

  • 2019
  • 日本
3人の信長

    ときは戦国時代。永禄13(1570年)。織田信長、唯一の撤退戦となった「金ヶ崎の戦い」の最中。信長軍は浅井長政の裏切りに遭い、京へ逃げ込もうとしていた。そんな信長の首を狙っていたのは今川義元の元家臣・蒲原氏徳。今川軍の残党は「桶狭間の戦い」で主君・義元を討ち取られ、復讐に燃えていた。蒲原はついに信長を捕らえ、まさに首を斬ろうとしていたその時、家臣が駆け込んできて「信長を連れてまいりました!」さらにまた別の家臣が「信長を捕らえてまいりました!」今川軍がとらえたのは、なんと「3人の信長」だった!

    ユーザーレビュー