ダウンサイズ<字幕/吹替パック>

ダウンサイズ<字幕/吹替パック>の画像・ジャケット写真
ダウンサイズ<字幕/吹替パック>
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

6

  • TSUTAYA TV
  • 新作
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ダウンサイズ<字幕/吹替パック>」 の解説・あらすじ・ストーリー

人生を救う大発明―― それは人間を13cmにする(ダウンサイズ)することだった。人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。科学の進化によって、なんと人間を1/14に縮小する技術が発見された。ネブラスカ州オマハに住む、いたって平凡な夫婦、ポール(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。低収入でストレスの多い日々を送る二人は、大金持ちで、大豪邸に住めるダウンサイズされた世界に希望を抱き、13cmになる決意をする。しかし、ミニチュア化したポールに待ち受けるのは予想外の人生だった・・・。

「ダウンサイズ<字幕/吹替パック>」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: Downsizing

「ダウンサイズ<字幕/吹替パック>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:アレクサンダー・ペイン 出演:マット・デイモン クリステン・ウィグ クリストフ・ヴァルツ ホン・チャウ ウド・キア ジェイソン・サダイキス ニール・パトリック・ハリス ローラ・ダーン

ダウンサイズ<字幕/吹替パック>の詳細

  • 新作
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) PG-12 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2019年06月19日 23:59
レンタル:2020年03月03日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

ダウンサイズネタバレ

投稿日:2018/07/17 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 人間が小さくできる技術のある世界で主人公も小さくなってそこで生活する話。

 前半は主人公が小さくなるまでを描いていて、そこで会社として成り立っている世界を丹念に描いていくのは面白かったです。体毛を剃って歯を治療して全裸になってというんを流れ作業で見せていくのとかよかったです。

 ただ小さくなってからの中盤から小さくなった人たちだけの世界になってしまって、ほとんど小さくなったことがあまり関係のない世界に見えてしまって退屈でした。その世界での格差や貧困なども描かれていきますが、別にダウンサイズの世界だからどうとかでもないように見えてしまうため、特に何も起きないまますぎていく130分といった印象でした。前半では人間が小さくなったことにより経済問題が起こったりしているのが描かれたりするのは面白かったのに後半ではあまり感じられなかったです。

 アレクサンダー・ペイン監督作品らしく人間とは? 幸福とは? みたいなことを描いてはいますが、後半に行くにつれて話がどんどんと広がっていって一体何の話だっけ? と見ていて風呂敷だけが広がっていってとっちらかったまま終わる映画で残念でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジャンルがコメディっていうのは何かの間違い

投稿日:2018/07/13 レビュアー:飛べない魔女

人間が14分の1になっちゃうってことは
アントマンよろしくヒーローとなって活躍するお話?なんて思っていた^_^;
全く違いました。
ジャンルがコメディとなってますが
コメディというよりは良質の人間ドラマ。
確かに、ダウンサイズされるときのあのシステムは
実に興味深く、面白く、コメディっぽいノリで小さくされていきます。
『22万分の1(だったけか?)の確立で死亡することがある』
と説明されて、ついには二の足を踏んでしまう妻。
夫婦そろって幸せのワンダーランドへ行こうと決意したはずが
一人取り残され、小さな体で孤独に生きることになったポールさん。
医者にもなれず、妻にも捨てられ、挫折ばかりを味わってきた彼が
ベトナム人の義足の女性に出会ったことで
新たな人生への生きる光を見出していく様が良かったです。

人間ドラマを描くのが得意のペイン監督らしく
人と人との繋がりを描きつつ
地球環境問題、汚染問題に食糧危機などをさりげなく入れ込んで
やがて人間が地球をダメにしてしまうことのへの警鐘を鳴らしている気がしました。
さまざまな物が小さくなっている理屈は敢えて考えなくても良いのではないでしょうか。
大きなものを分子縮小して小さくしただけなら、
環境保護や節約にはならないわけですから、
きっと小さな国でも製造工場を持っていて
大きなものをから作り変えているのでは?ってことでどうでしょう。

人間なんてたかだか20万年、ワニは1000万年の歴史だそうですよ。
そんな新参者の人間が、地球を破壊しているのかと思うと
心苦しい限りですなぁ。。
いっそのこと、みんなで小さくなっちまいますか!

好みが分かれる作品のようですが、私はけっこう好きです、これ。
面白く観れました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Think globally,Act locallyネタバレ

投稿日:2018/07/09 レビュアー:ポッシュ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「おじさんの自分探し」が映画のテーマで登場するようになって、すでに20年以上は経つだろうか。
おそらく「シティ・スリッカーズ」(1991)あたりが嚆矢だと思う。
で、この「ダウンサイズ」という作品も、その系譜に並べていいんじゃないだろうかと私は思う。
なんとなく今の自分に“不全感”を覚えながら暮らしていた主人公が、
現状を変えるために新しい世界に飛び込み、人々との出会いや、様々な経験を通して
本当の自分を見出す、というストーリー。

人間を縮小するというキテレツな設定ゆえに、配給会社も「おバカ・コメディ」を装って
宣伝してましたが、作品の本質を無視したこういう偽装広告には、ホント閉口する。

なので、アリエッティのスペクタクルを期待してはいけないのですね。
ビジュアル的な面白さ(だけ)を狙ってる作品ではないという事を、
使用上(鑑賞上)の注意として明記したい。ピンポーン!

構造としてはビルドゥングスロマン(教養小説)的に見えるのですよね。
時代の流れとともに産業構造、経済状況、人口動態、価値観、ライフスタイル・・・等々、
モロモロの変化によって都市部の人間たちは青少年期がぐぐぐーっと延びて、
いつまでも「成熟しない」万年青年が増えたんだろうと。だからイイ年して自分を
見失っちゃう“ミッドライフ・クライシス”なんてことに陥る。
(何も文献にあたらないで思いつくままに書いてるので、舌足らずな言説をご容赦願いたい。
あとは何か間違いがあったらごめんなさい)
だから、中年のおじさんが主人公の「成長物語」(教養小説)なんてものが成立する。

結論として、私はこういうオハナシが好きです。
フツーの人が、なんとなく鬱々として、悩んで、悪あがきして、そんな中で、
「自分の強みを生かしながら、今の自分のままで生きていけばいいよね」って
ちょこっとブレイクスルーを果たすという。

まぁ、アメリカ人にはウケないだろうな(笑)。

あとは、クリストフ・ヴァルツがフランス人をやってるってのも可笑しくて堪らん。
ずーっとフランス語なまりの英語しゃべってる。
彼のビジネス・パートナー(?)がウド・キアーってのも堪らん。

小人になって荒稼ぎしてるC・ヴァルツが「ここ(ミニサイズの社会)は西部開拓時代だよ」
って言うのも面白い。未だ少数の開拓民だけ、先手必勝の無法地帯ってことか。
或いは、すでに搾取できる「辺境」が無くなってしまった従来の世界では、
あらゆるビジネスがレッドオーシャン(激戦の既存市場)で商機が見当たらないが、
小人の世界は新たなる辺境(ニューフロンティア)で、可能性がいっぱいあるって事か。

主人公は、このフランス人と仲良くしつつも、偶然出会ったベトナム人女性を通して、
社会の底辺で生きる人々のことも知る。桃源郷のように謳われてたミニの世界でも
格差社会は厳然として存在していたのだ。
やがて、彼女が身を投じている社会奉仕活動を手伝うようになった主人公は、
また、更なる旅と出会いによって自己変革を遂げていく。

うーむ、こうやってプロットを書いていくとホントに生真面目なハナシだねー(笑)。
この辛気臭いナイーヴさは万人ウケしないでしょうなぁ。とほほ。

最後のトンネルなんて、すごくイイんですけどね。
「未知との遭遇」(1977)のラストに近い感慨がありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

予告編詐欺。コメディじゃない

投稿日:2018/07/07 レビュアー:QWERTY

予告編と出演者にクリステン・ウィグの名前があるからコメディだと思ってたけど
実際の内容は「変なコミュニティでマット・デイモンがベトナム女性と恋愛するドラマ」
でチョーつまんなかった。

で、つまんない理由は
登場人物が全員やたらと長ゼリフでテンポがすごく悪い。
小さくなるまでに40分くらいかかる。

さらに、小さくなることにストーリー上の意味がほとんどない。
単に引越しする理由が必要だっただけな感じ。

終盤にはノルウェー?だったかで”終末思想的環境保護論者のカルト演説”
みたいなのを延々と聞かされる。何も面白くない。

これアメリカではウケたのか?
と疑問に思ったので調べてみたら
・・だろうな、てくらいの大コケ興収(2440万ドル、製作費回収できず)だった。
当然だわ。チョーつまんねーもん。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

え、なんでそういう方向へゆくの?

投稿日:2018/06/25 レビュアー:なんの因果

科学の進歩で人間を14分の1(180センチ→13センチ)に縮小することが可能になった。
環境やゴミ問題、経済格差、住宅問題の解決につながると歓迎される。
平凡な生活のポール(マット・ディモン)とその妻は大豪邸に住めて資産も何倍にもなるという夢の生活を目指し、
その縮小化手術(ダウンサイズ)を受ける事にした。

この手術の様子がすごく楽しくて、スッポンポンにされて点滴されたポールらは、
流れ作業みたいに歯の検査されたり、○○を洗浄されたり。ウイ〜ン、ガチャと
稼働して数分後には・・ちびっ子チビ太みたいになってるのですね(笑)
看護婦さんたちが、なんとフライ返し(バターピーター)みたいなのでポールたちをすくい、
シルバニアファミリーのベッドにヒョイと乗せるんだわ。うふふ。

さあ、ベッドで目が覚めたポールは・・(男ってどうして「ある」かどうか確認するの?)
妻を探すが、妻はどこにもいない。土壇場で気が変わった妻は元の世界に逃げたのでした。
広々とした豪邸に一人暮らすポールは冴えない毎日でした。

これ、このままブラックユーモア風に展開してくれれば、発想が良いだけに面白くなったと思うんですがね。
宅配便が運んできた、フラフープのようなものが二人の結婚指輪だったり。(笑)
残念ながら、中盤からベトナム人のお手伝いさん(ホン・チャウ)とめぐりあい、彼女に連れられ、
ミニになった世界にも貧民街などがあって経済格差が存在するのがわかります。

そしてお話は、(私が感じるには)全然面白くない、説教くさい方向に進みます。
──、監督はアレクサンダー・ペイン。「ファミリー・ツリー」のね。
船で行ったノルウェーの景色はきれいでした。
が、前半と後半にギャップがあり、評価は分かれるのではと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

ダウンサイズ<字幕/吹替パック>

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版を購入/レンタルされた場合でも、スマートフォン/タブレットでの視聴の際は自動的にSD版で再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。