宮城野<ディレクターズカット版>

  • 2008
  • 日本
宮城野<ディレクターズカット版>

    時は江戸、薄汚れた女郎の処刑が行われようとしている。女の名は宮城野。罪名は東洲斎写楽殺し。その罪を決定づけたのは、宮城野が持っていた一枚の絵。写楽が描いたというその絵の名も、何の因果か、宮城野だった。わずか、十カ月の間に百数十点もの絵を残して、忽然と姿を消した、浮世絵師・東洲斎写楽。実在の人物でありながら、その謎は今なお、闇に包まれている。