ロダン カミーユと永遠のアトリエ

ロダン カミーユと永遠のアトリエの画像・ジャケット写真
ロダン カミーユと永遠のアトリエ / ヴァンサン・ランドン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」 の解説・あらすじ・ストーリー

「考える人」のオーギュスト・ロダンの半生を綴った伝記映画。1880年、パリ。ロダンは40歳にしてようやく国から注文を受ける。その頃、内妻のローズと暮らしていたロダンは、弟子入りを願う若さと才能溢れる女性、カミーユ・クローデルと出会う。※PG12

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: フランス
原題: RODIN

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロダン カミーユと永遠のアトリエの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 仏:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DZ9622 2018年05月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
100枚 4人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

花子はインドネシア人

投稿日:2018/05/22 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

白の世界 粘土と彫刻のアトリエ ロダンとカミーユの信頼関係
ヴィクトルユゴーと地獄の門の同時制作 そしてバルザック像

始まりから30分は退屈とゆうか 黒沢清にもある 原作物あるいは既成の
物語の 今ひとつ感は とりわけ動的な演出家のドワイヨンに適している
だろうか モネ セザンヌ ゾラ ミルボー リルケまでもが登場するのだが
単なる書き割りの人物に過ぎなく見える 天才ロダンの制作風景なんか
わざとらしい演技にしかならないよね

モデル無しには作品を作れないロダン カミーユとゆう弟子兼批評家も
いなければならない 当然女好きなので人間関係が複雑化する しかし
ロダンの女性に対する態度は不誠実でいい加減なとこがあり ドワイヨン
演出の磁場 俳優の演技的格闘へ バトルラブならぬバトルフィールドへ
痴話喧嘩のドキュメントへw 観客を引きずり込む いつもの力が無い!

ラブバトルではない 実話なりのもう一方の重要なテーマは芸術的格闘
そのロダンの芸術と性愛を巡る三角関係へと踏み込むには 歴史的天才
のスケールが大き過ぎて無理がるね ここで逃げを打つとしたら 粘土や
大理石の物質的存在感 メカニカルな物への考察 現象的接近を 熱情から
怜悧なそれへと バランスを取り得たならと思うのだが どうか

しこうして 後半はあっさりとカミーユは舞台から去り 後は散漫に物語の
収束へと向かう 3Pのご乱行 牛みたいなおばはんと人形 花子さん登場
自由なポーズを取るモデル達 などなど 月光に映えるバルザック像は
白日の元 だるまさんがころんだの びっくらこくラストで終わるだろう

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

ロダン カミーユと永遠のアトリエ

月額課金で借りる

都度課金で借りる