斉木楠雄のΨ難

斉木楠雄のΨ難の画像・ジャケット写真

斉木楠雄のΨ難 / 山?賢人
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

26

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「斉木楠雄のΨ難」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

麻生周一の人気ギャグ漫画を「銀魂」の福田雄一監督、「四月は君の嘘」の山崎賢人主演で実写映画化。様々な優れた超能力を持ちながらも、目立たず平凡な生活を望むクールな高校生が、その意に反して風変わりなクラスメイトたちのせいで次々とトラブルに見舞われていくさまをギャグ満載に描く。生まれながらにしてテレパシーやサイコキネシス、テレポートはじめあらゆる超能力を持つ高校生、斉木楠雄。そんな彼が何よりも願っていることは、普通に暮らしたい、ということ。しかし、彼の周りには、学園のアイドルを自認し、上から目線で斉木に言い寄る勘違い美少女・照橋心美、バカすぎて斉木が唯一心を読めない燃堂力、筋金入りの中二病患者・海藤瞬はじめ変わり者ばかりが集まり、ことあるごとに斉木の平穏な日常を踏みにじっていくのだったが…。 JAN:4547462116260

「斉木楠雄のΨ難」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「斉木楠雄のΨ難」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

葛城事件

オトナ女子

稲川淳二・恐怖の現場 最終章Part2 〜終わりの始まり〜 VOL.2 幽霊屋敷。古墳に棲みつく無数の霊魂 佐賀県/某所

弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

家族で笑い転げた

投稿日:2018/04/18 レビュアー:なんの因果

この世にこんな面白い映画があったとは!
オープニングから、笑い転げて死にそうでした。
夕方から家族で観たので途中で止められず、今夜の夕食おかずはありません(笑)。
日本の漫画は、ここまで水準高いのか?
今の漫画は「知の欲求」を十分、満足させてくれるのですね。

原作の漫画(麻生周一)もアニメも見ていません。
監督は「銀魂」や「HK変態仮面」の福田雄一。(さすがだ、おっふ!)

コメディの主演は初となる山崎賢人が、無表情なりの熱演。

「漆黒のツバサ」役の吉沢亮が、早送りかと思うほどの機敏な身体能力見せつけて、
よく見れば顔も賢人君より、勝るとも劣らないじゃないかと、オバサンは初めて見たので
周知のイケメンさんだったらゴメンナサイ。

オバサンのためでもないだろうけど、賀来賢人さんや新井浩文さんも笑わせてくれた。

で、橋本環奈さんですが、銀魂であそこまでやったのですから、こちらは誰かに
チャンスを譲ってやっても良かったのでは?こんなおいしい役を2回も引き受けるとは。
(そろそろ鼻穴についてきた!?)おっふ、おっふ。
日本に生まれて、こんな映画を大笑いして観て、幸せでございます。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

斉木楠雄のΨ難 ネタバレ

投稿日:2018/09/04 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 超能力者の斉木楠雄の災難の話。

 生まれながらの天才で超能力を使える主人公が自分のことが好きなヒロインを何とか振りほどこうとするのがメインの流れでそれに愉快なクラスメイト達のドタバタが描かれて、福田作品らしいバカバカしさゆるさくだらなさが全開でした。

 ただこれも福田作品らしさみたいなテレ東の深夜ドラマとかコントとかで見るような笑いが全開でそれを許せるか許せないかで評価がわかれてしまう映画でした。

 変な滑降した役者さんたちがハイテンションで変なことを言ったり変な動きをしたりして変なSEや音楽が入っていくのを90分ちょい見せられるので、クスッと笑ってしまう部分は個人的にはありましたが、基本、ほとんどがゲンナリしてしまう笑いというのが全体的な印象の映画でした。

 最初に主人公とクラスメイト達の紹介があって、その後学園祭が開かれることになって、最後に学園祭の1日というのが平坦に同じようなシーンが続くので短い上映時間だけれども長さを感じてしまう要因だと思いました。

 アニメでやれば面白そうですが、実写でやるのは難しいと思ってしまう漫画原作映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

福田ワールド全開!!

投稿日:2018/05/05 レビュアー:kazupon

原作は漫画(ギャグコメディ)だそうで、ウキウキしちゃうような色使いに気分は高揚。
若手俳優陣(若くない俳優も)が、弾けて壊れてしまったような演技で、さらに楽しませてくれる。
主人公、ピンク頭の斉木楠男(山崎賢人)は、生まれつきの超能力者なのだ。
その能力のせいで、(気の毒なことに)自分以外の人の心の声が聞こえてしまう。
彼の目下の悩みは、PK学園の美少女アイドル・照橋心美(橋本環奈)に付きまとわれていること。
彼女に見つめられた男子は、皆、“おっふ”となってしまうのに、斉木だけは“おっふ”とはならない。
それは、斉木には照橋さんの心の声が丸聞こえだから。
これから観る人、超ポジティブな照橋さんと、超冷静な斉木の心の声を楽しんで!!
唯一、燃堂力(新井浩文)だけはバカ過ぎて、斉木のテレパシーでも思考が読めないらしい。
海藤瞬(吉沢亮)は、中二病。
灰呂杵志(笠原秀幸)は、彼が発する熱で気温が上昇するほどの熱血漢。
窪谷須亜蓮(賀来賢人)は、TVドラマの『スーパーサラリーマン左江内氏』で味を占めたのか、またまた変顔を披露。
ムロツヨシは、蝶野雨緑というイリュージョニスト役で笑わせてくれる。
この配役と演技を観て、遅ればせながら気づいたのは、監督があの福田雄一さんという事だった。
そう言えば、佐藤二朗さんも校長役で出ていたし、ゆる〜いギャグ満載なのも納得だ。
私は、橋本環奈の弾けっぷりと変顔に度胆を抜かれたが、「銀魂」を観た人には意外でも何でもないらしい。
「銀魂」も是非観てみなくては!と決心する私。
福田ワールドを愛する人は、見逃さないようにね!

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督

投稿日:2018/05/12 レビュアー:oyoyo

原作コミックは2巻まで読みました。
とても面白かったです。
映画のほうは・・・
面白いけど、原作には負けてますね。

「おっふ」のくだりはちょっとしつこいかな?
橋本環奈さんですが、「銀魂」に続いてぶっ壊れてます(笑)
このテの役が似合うコメディ女優になりましたね。
福田監督作品には欠かせない?佐藤二郎さんやムロツヨシさんも笑える。
他の出演者も皆、個性的で楽しいキャラばかり。
福田監督という事で、パロディネタを期待していたが、パロディは少なめだった。
超能力の見せ方がイマイチだった(なんでもありの能力)

アニメ版も観てみたいと思いました。

橋本環奈さん  100点
総合的にみて  75点

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

無表情なくーちゃんに胸キュン、けっこう面白かった〜

投稿日:2019/04/23 レビュアー:飛べない魔女

原作を読んで映画も見に行った息子が
『あんまり面白くなかった。実写映画にする理由がわからん』とかなんとか言っていたので
ほとんど期待せずに見たのが良かったのか
息子よ、母は楽しめたぞよ!

イケメンくんたちが、まあ弾けること、弾けること!
みんな自分の役どころを楽しんで演じているのがよーくわかる。
『銀魂』ではクールな沖田総悟役だった吉沢亮くんの真面目な弾けっぷりといい
『今日から俺は』でこういう演技も合ってる!ってことに気づいちゃった賀来賢人くんが
あのドラマをやる前からこんな風に弾けてたんだ!ってことを知り
これまた楽しめた。
橋本環奈ちゃんは、美少女なのに変顔とかしちゃうのが得意なことは『銀魂』で証明済だしね。
そして何より、斉木楠雄役の山崎賢人くんの無表情な演技がオバサン的には胸キュン。
ストーリーはまんま漫画なんであれなんだけど
笑えるシーン満載で、多いに楽しませてもらった。
福田監督は役者のアドリブを大いに歓迎する監督さんらしいので
今回もアドリブをそのまま採用、なーんてシーンもあったのかなぁ?
そう、理屈じゃないのよ。
頭空っぽにして楽しんじゃえばいいのよね、この手の映画は!(笑)
しかし、クーちゃん、こんな能力があったら、もう無敵だねぇ。
宇宙一強いんじゃね?

余談:
現在劇場公開中の『キングダム』には、山崎賢人くん、吉沢亮くん、橋本環奈ちゃんの三人は
メインキャストで共演。
先日観てきたきたけど、凄い良かった〜。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全26件

斉木楠雄のΨ難

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

家族で笑い転げた

投稿日

2018/04/18

レビュアー

なんの因果

この世にこんな面白い映画があったとは!
オープニングから、笑い転げて死にそうでした。
夕方から家族で観たので途中で止められず、今夜の夕食おかずはありません(笑)。
日本の漫画は、ここまで水準高いのか?
今の漫画は「知の欲求」を十分、満足させてくれるのですね。

原作の漫画(麻生周一)もアニメも見ていません。
監督は「銀魂」や「HK変態仮面」の福田雄一。(さすがだ、おっふ!)

コメディの主演は初となる山崎賢人が、無表情なりの熱演。

「漆黒のツバサ」役の吉沢亮が、早送りかと思うほどの機敏な身体能力見せつけて、
よく見れば顔も賢人君より、勝るとも劣らないじゃないかと、オバサンは初めて見たので
周知のイケメンさんだったらゴメンナサイ。

オバサンのためでもないだろうけど、賀来賢人さんや新井浩文さんも笑わせてくれた。

で、橋本環奈さんですが、銀魂であそこまでやったのですから、こちらは誰かに
チャンスを譲ってやっても良かったのでは?こんなおいしい役を2回も引き受けるとは。
(そろそろ鼻穴についてきた!?)おっふ、おっふ。
日本に生まれて、こんな映画を大笑いして観て、幸せでございます。

斉木楠雄のΨ難

投稿日

2018/09/04

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 超能力者の斉木楠雄の災難の話。

 生まれながらの天才で超能力を使える主人公が自分のことが好きなヒロインを何とか振りほどこうとするのがメインの流れでそれに愉快なクラスメイト達のドタバタが描かれて、福田作品らしいバカバカしさゆるさくだらなさが全開でした。

 ただこれも福田作品らしさみたいなテレ東の深夜ドラマとかコントとかで見るような笑いが全開でそれを許せるか許せないかで評価がわかれてしまう映画でした。

 変な滑降した役者さんたちがハイテンションで変なことを言ったり変な動きをしたりして変なSEや音楽が入っていくのを90分ちょい見せられるので、クスッと笑ってしまう部分は個人的にはありましたが、基本、ほとんどがゲンナリしてしまう笑いというのが全体的な印象の映画でした。

 最初に主人公とクラスメイト達の紹介があって、その後学園祭が開かれることになって、最後に学園祭の1日というのが平坦に同じようなシーンが続くので短い上映時間だけれども長さを感じてしまう要因だと思いました。

 アニメでやれば面白そうですが、実写でやるのは難しいと思ってしまう漫画原作映画でした。

福田ワールド全開!!

投稿日

2018/05/05

レビュアー

kazupon

原作は漫画(ギャグコメディ)だそうで、ウキウキしちゃうような色使いに気分は高揚。
若手俳優陣(若くない俳優も)が、弾けて壊れてしまったような演技で、さらに楽しませてくれる。
主人公、ピンク頭の斉木楠男(山崎賢人)は、生まれつきの超能力者なのだ。
その能力のせいで、(気の毒なことに)自分以外の人の心の声が聞こえてしまう。
彼の目下の悩みは、PK学園の美少女アイドル・照橋心美(橋本環奈)に付きまとわれていること。
彼女に見つめられた男子は、皆、“おっふ”となってしまうのに、斉木だけは“おっふ”とはならない。
それは、斉木には照橋さんの心の声が丸聞こえだから。
これから観る人、超ポジティブな照橋さんと、超冷静な斉木の心の声を楽しんで!!
唯一、燃堂力(新井浩文)だけはバカ過ぎて、斉木のテレパシーでも思考が読めないらしい。
海藤瞬(吉沢亮)は、中二病。
灰呂杵志(笠原秀幸)は、彼が発する熱で気温が上昇するほどの熱血漢。
窪谷須亜蓮(賀来賢人)は、TVドラマの『スーパーサラリーマン左江内氏』で味を占めたのか、またまた変顔を披露。
ムロツヨシは、蝶野雨緑というイリュージョニスト役で笑わせてくれる。
この配役と演技を観て、遅ればせながら気づいたのは、監督があの福田雄一さんという事だった。
そう言えば、佐藤二朗さんも校長役で出ていたし、ゆる〜いギャグ満載なのも納得だ。
私は、橋本環奈の弾けっぷりと変顔に度胆を抜かれたが、「銀魂」を観た人には意外でも何でもないらしい。
「銀魂」も是非観てみなくては!と決心する私。
福田ワールドを愛する人は、見逃さないようにね!

「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督

投稿日

2018/05/12

レビュアー

oyoyo

原作コミックは2巻まで読みました。
とても面白かったです。
映画のほうは・・・
面白いけど、原作には負けてますね。

「おっふ」のくだりはちょっとしつこいかな?
橋本環奈さんですが、「銀魂」に続いてぶっ壊れてます(笑)
このテの役が似合うコメディ女優になりましたね。
福田監督作品には欠かせない?佐藤二郎さんやムロツヨシさんも笑える。
他の出演者も皆、個性的で楽しいキャラばかり。
福田監督という事で、パロディネタを期待していたが、パロディは少なめだった。
超能力の見せ方がイマイチだった(なんでもありの能力)

アニメ版も観てみたいと思いました。

橋本環奈さん  100点
総合的にみて  75点

無表情なくーちゃんに胸キュン、けっこう面白かった〜

投稿日

2019/04/23

レビュアー

飛べない魔女

原作を読んで映画も見に行った息子が
『あんまり面白くなかった。実写映画にする理由がわからん』とかなんとか言っていたので
ほとんど期待せずに見たのが良かったのか
息子よ、母は楽しめたぞよ!

イケメンくんたちが、まあ弾けること、弾けること!
みんな自分の役どころを楽しんで演じているのがよーくわかる。
『銀魂』ではクールな沖田総悟役だった吉沢亮くんの真面目な弾けっぷりといい
『今日から俺は』でこういう演技も合ってる!ってことに気づいちゃった賀来賢人くんが
あのドラマをやる前からこんな風に弾けてたんだ!ってことを知り
これまた楽しめた。
橋本環奈ちゃんは、美少女なのに変顔とかしちゃうのが得意なことは『銀魂』で証明済だしね。
そして何より、斉木楠雄役の山崎賢人くんの無表情な演技がオバサン的には胸キュン。
ストーリーはまんま漫画なんであれなんだけど
笑えるシーン満載で、多いに楽しませてもらった。
福田監督は役者のアドリブを大いに歓迎する監督さんらしいので
今回もアドリブをそのまま採用、なーんてシーンもあったのかなぁ?
そう、理屈じゃないのよ。
頭空っぽにして楽しんじゃえばいいのよね、この手の映画は!(笑)
しかし、クーちゃん、こんな能力があったら、もう無敵だねぇ。
宇宙一強いんじゃね?

余談:
現在劇場公開中の『キングダム』には、山崎賢人くん、吉沢亮くん、橋本環奈ちゃんの三人は
メインキャストで共演。
先日観てきたきたけど、凄い良かった〜。

1〜 5件 / 全26件