No.36 RANKING

花戦さ

花戦さの画像・ジャケット写真
花戦さ / 野村萬斎
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

5

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「花戦さ」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「花戦さ」 の作品情報

製作年: 2016年

「花戦さ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 篠原哲雄
出演: 野村萬斎

花戦さの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
128分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRTD05021 2017年12月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
337枚 256人 247人

花戦さの詳細

  • 新作
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 02:07:44
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2018年03月31日 23:59
レンタル:2018年03月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

池坊が花で暴君秀吉を諌めんとす

投稿日:2017/12/07 レビュアー:なんの因果

きれいで艶やかな花が見られたらそれでいいやと思ってレンタル。
まさか戦さというからには、剣の代わりに花束でエイヤッとやるとか、
花コンテスト・バトルみたいなのかな、と思ったがそんなバカは私だけで。
画面いっぱいに見事な作品、色も鮮やかで松の樹なんか、工芸みたいに切断して
接合させたりするですね。華道の池坊が、日本最古で深く生活に関わってきた事も
初めて知りました。山野に佇む小さな花もまたいじらしく。
花をこよなく愛する、出世や世情に全く興味がない池坊専好に野村萬斎、
出世して、信長亡き後は戦国時代を終結させ、全国を統一するも権力を笠に暴君と化す豊臣秀吉に市川猿之助。
映像には出なかったが、秀吉が豪華な黄金の茶室を作ったって、え?ホントなの?
和室の中に黄金の小部屋?(そりゃ利休(佐藤浩市)だって呆れますわな)。
秀吉ってそんな○○だったのかーー。
自分のこと「おサル」ってバカにされたから立腹して打ち首?
天下人とあろうものがそんな小物なのかい。(小物入れにしちゃうゾ!)
で、ついに池坊が花で秀吉の心を開かせようと、巨大な造形物・砂山を作って披露する、という話ですね。
これ、上手く行って良かったという感じで、一刀のもとに打ち捨てられる場合だってあったわけですね。
野村萬斎さんはいつもよりテンション低めな感じでしたが、禅問答のようなフカーイ会話もあり、
利休の自害の顛末を知っている人と知らない人では、面白さがまた違うでしょうね。
ちょっと評価しにくい作品ではないでしょうか。(池坊の方々、協力ありがとうございます)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

華道が主役

投稿日:2017/12/08 レビュアー:カマンベール

生け花の大作が見事で楽しかったです。
主役の池坊専好(野村萬斎)が大の松好き・・・ということで、
織田信長に献上した花は「昇り龍」
これは池坊の教授達が10人で14日間かけて制作したそうです。
茶会カーニバルの際に千利休に生けた花は「花笑う」
この花は現代風で、池坊の教授が活けてません。
横に張った太い幹に可憐な色とりどりの小花(7色位)をただ差し込んだだけです。
(これが私的には一番好き)

お話は千利休に嫉妬して(私見)打ち首を命じた豊臣秀吉を、
池坊専好が花の力で秀吉に反省を促し、ユーモアで座を収める・・・
という内容です。
「猿」と小作民や町民、子供からも陰口を叩かれた豊臣秀吉は、
権力を持つと、それが許せなくなったのです。
いつも端然として品格ある人格者、千利休を「小癪な奴」「目障り」
と排除してしまう。
対して池坊専好は抜けたところのある、お調子者。
同じ言動をしても、肩や「小癪で生意気」こなた「気の利いた可愛い奴」となるのです。
サラリーマンの出世話しにも応用出来そうですね。
日本の伝統芸術である、華道の池坊も茶道の千家も、500年の歳月の流れにも負けず隆盛しているのは目出度いことですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

役者は揃った!

投稿日:2017/10/31 レビュアー:飛べない魔女

華道をより立体感のあるものに発展させていったとされる一代目・池坊 専好さんの物語。
最初はテンポが悪くて、ちょっと睡魔にも襲われたが(笑)
後半、豊臣秀吉の気がおかしくなってきて
千利休にひどい仕打ちをし始めて
民を敵に回してしまう頃、物語はようやく動きだす。
”振り下ろした剣を鞘に仕舞わせる”ために作を練った専好さんの巨大創作生け花。
果たして秀吉の曲がった心をいさめることが出きるのか否か?

野村萬斎演じる専好さんが実にいい。
上手いですね。
さすが喜怒哀楽を表現させたら顔力が凄いです。
セリフ回しが舞台っぽくはありますが、
クスッと笑える見せ場もあって
なかなか面白かったです。
専好さんと対峙する秀吉役に市川猿之助なので
もう役者は揃ったというところでしょう。
佐藤浩市、中井貴一、高橋克己、佐々木蔵之助といった
主役級の俳優陣で脇固めして、
きっちりと作りました、というような映画になっていました。
面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

また佐藤浩市が好きになった。。。

投稿日:2017/11/01 レビュアー:じゃじゃまる

野村萬斎主演「花戦さ」をみました。
共演佐藤浩市(千利休)、市川猿之助(豊臣秀吉)、中井貴一(織田信長)、吉田栄作(石田三成)、
佐々木蔵之介(前田利家)などなどです。

花僧池坊専好は、花以外に興味のない変わり者。ある日織田信長に請われ「登り龍」の生け花を披露し、一躍有名になる。
その生け花が途中で枝折れしたがその窮地をユーモアで救ったのはのちの秀吉。

数年後、専好の師匠がなくなり、教授の立場になるが好きに花を生けられない専好は沈む。

幼馴染の吉右衛門の家に活けられた花に目をとめた千利休は、専好を庵に招き、お茶をたてる。
悩んでいた専好は、千利休のおかげで、再び花の道を目指すが。。

この作品の、大茶道会のシーン、「利休にたずねよ」で見ましたね〜あれ実話だったんですね。
茶道を、民衆にも開放したくて開いた利休の発案が、いつしか「おごり」ととられ秀吉の不満を買ってしまうんです。

この作品、まあ野村萬斎の立ち振る舞いは上品で、彼は時代劇向きだな、と思いましたがやっぱり、佐藤浩市の千利休が素晴らしかった。いい役者ですね〜〜〜

昔はお寺で花を教えてて、”花僧”と呼ばれ、これが池坊の発祥なんですね。
今回は茶道と華道のタッグ映画で、出演者も歌舞伎と狂言師。時代が時代なら、同じ舞台に立つことはないそうです。そこも面白いですよ。

ラストの花戦さ、うう〜ん、もうちょっとわかりやすくできなかったかな?と思いました。

「花の力」を主張してて、確かに美しい画面で、見てて、花もなかなかいいね〜
別に格式にとらわれない活け方でもいいじゃんと思ったりしましたし。

民衆あっての政治、文化、なんですね。それを表現したかったんですね。

でも秀吉、最後までXXだったからなぁ〜どこまで理解していたのかねぇ(コレコレ

見事に石田三成が悪役になってますよ(笑)

歴史は端折ってますが、描きたかったのは利休との心の交流、民衆の力などだったので、それでも結構わかりやすかったです。

芸達者が出ているので退屈はしません。池坊のプロバガンダでもなかったし。



このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

豪華キャストがもったいない。ネタバレ

投稿日:2017/10/31 レビュアー:mikatoday

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「花戦さ」が始まるまでが長いです。
いけばなを知らない方のほうが楽しめるかもしれません。
エンタメ作品にしては人が死に過ぎるのも気になる(子供まで!)
ラストは良かったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

花戦さ

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。