No.19 RANKING

22年目の告白−私が殺人犯です−

22年目の告白−私が殺人犯です−の画像・ジャケット写真
22年目の告白−私が殺人犯です− / 藤原竜也
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

34

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「22年目の告白−私が殺人犯です−」 の解説・あらすじ・ストーリー

藤原竜也、伊藤英明共演によるサスペンス。5人が殺害され、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。事件から22年後、犯人の曾根崎が突然名乗り出る。告白本を出版し、マスコミを連れて被害者遺族に謝罪、警察を挑発する曾根崎に人々は熱狂するが…。※一般告知解禁日:8月1日

「22年目の告白−私が殺人犯です−」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「22年目の告白−私が殺人犯です−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 入江悠
出演: 藤原竜也伊藤英明夏帆仲村トオル

22年目の告白-私が殺人犯です-の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000692010 2017年10月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3,317枚 524人 485人

【Blu-ray】22年目の告白-私が殺人犯です-(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
117分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000691958 2017年10月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
821枚 641人 542人

22年目の告白−私が殺人犯です−の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2020年09月30日 23:59
レンタル:2018年10月03日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:34件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全34件

最後の1分間まで面白い。

投稿日:2017/10/04 レビュアー:カマンベール

良く練られたミステリーだと思います。
最初にクレジットの名前を見た瞬間
「こいつ、犯人だ!!」と思った。その通りだったけれど、
犯行の動機は見ていて、成る程・・・いや、こんな動機で殺されたら、
たまらんぞ!!
犯人だと告白してマスコミに大々的に登場する曽根崎(藤原竜也)の
旨さが際立ちました。
カリスマ性とスター性で圧倒して、汗まみれで苦悩する。
伊藤英明や仲村トオルを圧倒してましたね。
犯人が二転三転して飽きさせない。
時効成立の盲点も組み入れて、良く出来たミステリーです。
オリジナルの韓国映画も観てますが、ほとんどリメイク版とは言えない
ほど、違ってますね。ヒントにした程度ですね。
国民性の違いが出ていて見比べると面白いです。
何と言っても、ラストにスカッとするじゃないですか!!

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

韓国版とは違う面白さ

投稿日:2017/08/17 レビュアー:飛べない魔女

韓国版のリメイクということだったので
仕掛けは事前に判っての鑑賞でしたが
これは面白かった!
韓国版とは設定も結末も変えてきましたね。
日本のこちらの方が、更に深みを出していて
見応えありでした。

ネタバレなしでレビューを書くのは非常に難しい作品です。
卓越な脚本に俳優人の熱演。
特に絶叫俳優・藤原竜也のクールビューティーは魅惑的です。
バランスのとれた秀作かと思います。
ぜひ、ごらんあれ。

それにしても、もうDVD化!
邦画にしては早いですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

社会派ではなくエンタメ。ただ面白い。

投稿日:2017/08/07 レビュアー:ひゅう助

時効が成立した事件の犯人と名乗る男が突然メディアに現れる。戸惑う被害者家族と刑事たちを尻目に、その男はどういう行動に出るのか?


時効がひとつのキーワードとしてでるので、てっきり社会派かと思ったが、かなりエンタメよりだった。

意外などんでがえしがあるが、現実にはあり得ないことなので、リアリティはさほどない。

だが、それをあまりある面白さで補っている。

近年の邦画ではベスト10に入るだろう。 

オススメ。

☆4.5つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

被害者家族の執念と犯人のプライド

投稿日:2017/11/27 レビュアー:kazupon

時効後とは言え、事件から22年も経った今、犯人だと名乗る曾根崎雅人(藤原竜也)が、告白本を出した意図は何なのだろう。
社会派のニュースキャスター仙堂(仲村トオル)が、自身の番組に曾根崎を出演させ、事件の真相を究明する。
芸達者の役者揃いで、特に藤原竜也の人を小馬鹿にしたような顔と、挑発するような憎たらしさが上手い。
刑事・牧村の耳元で、自分の口元を手で覆い、何やら囁くのだが、その時の表情ったら!
ぶん殴ってやりたくなる。
仙堂の執拗な追及場面や、新たに真犯人を名乗る男が登場するなど、飽きさせない展開だった。
犯人自ら告白本を出版するというのが、どこかで見たような気がしていたら、韓国の「殺人の告白」のリメイクだそうで・・・
ああ、そうか。と思ってはみたものの、そのオリジナルの展開が思い出せないでいる。
ラストのシーンが意外で、初めは誰だか分からず巻き戻して確認。
執念というか、自らの手で復讐したい気持ちは分かるけれど、手を下さなくても彼は死刑になるだろうに。
ちょっと、気持ちが塞ぐラストだった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

邦画エンタメでは出色

投稿日:2017/10/09 レビュアー:オッドジョブ

微妙な心理描写のドラマや身近な題材でのエンタメなら傑作も多い邦画ですが、サスペンス系となるとやっつけ仕事でガッカリさせられるのがたいていの流れ。

ところがこの作品は素晴らしい出来。予告編からの期待通りに2時間たっぷり楽しめます。だからと言って変わった作りをしているわけではなく、斬新な設定やきちんと二転三転させる展開など基本的な部分をキチンと作り込んでいけば良い作品ができるという証明になっています。

評判通りにお勧めできる作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全34件

22年目の告白−私が殺人犯です−

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。