HOMELAND/ホームランド シーズン6

HOMELAND/ホームランド シーズン6の画像・ジャケット写真

HOMELAND/ホームランド シーズン6 / クレア・デインズ

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「HOMELAND/ホームランド シーズン6」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

クレア・デインズ主演による心理サスペンスドラマの第6シーズン第6巻。クインに呼び出されたキャリーは、ベルリンでの出来事について辛い言葉を聞くことになる。一方、キーンはある動画が公開され、批判が高まっていく。第11話と最終第12話を収録。

「HOMELAND/ホームランド シーズン6」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: HOMELAND

「HOMELAND/ホームランド シーズン6」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2

デクスター シーズン4

ピニェロ

宇宙への選択

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

クインは最後の最後までクインだった ネタバレ

投稿日:2017/11/17 レビュアー:ちょこりん♪

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やっぱり、ホームランドは面白い!(`・∀・´)イイ!
今回は、キャリーのハチャメチャな行動よりもクインがメインのようなシーズンでした
以下、ネタバレありありですっていうか、クインを語っちゃいます(苦笑)


前シーズンでサリン攻撃にあっていたクイン(´_ _`)シュン
もうね、見てて痛々しくて、あのまま死んじゃうのかもなんて思っていたのですが
生きていてリハビリをしてるクイン、身体が自由にならないイライラがマックス
そんなクインに付き添うキャリー
今までの大活躍していた二人を知っているファンならば、なんだか寂しくなってしまうよね
昼間っからドラッグしたり、娼婦を買ったり、お酒を飲んだり・・・
荒れた生活のクインをみているのは辛かった (´;д;`)ウエーン
そんな生活から今までのクインを取り戻したのは皮肉にも陰謀に気づいた事がきっかけでした
最後の次期大統領とキャリーを守ったあの行動は、2回も観てしまった!
涙なくしては観られないいいシーンだったわー どばーっ(┬┬○┬┬)
密かに次シーズンで、クインは生きていないかな?なんて思ったけど、きっと彼はフェイドアウトだね
そして当初、いい大統領になると思われた時期大統領のエリザベス
あの終わり方は、めちゃ怖い。。。・ヾ(。><)シ ぎょぇぇぇ
もう、疑心暗鬼になって周りにいる人は全て排除していっているもの
クインが持っていた写真の中に、幼い息子の写真と一緒に笑顔のキャリーがの写真があったねー
あれを見たキャリーの表情も良かった!この二人、お似合いだと思ったんだけどなー
そしてそんなクインに好意を寄せていたアストリッドの最期も切なかったね
ちょい役で、ティーバック役で有名なロバート・ネッパーも出てましたね(笑)
常にキャリーを助けるマックスも今回は大活躍でしたね ミ凸ヽ(^_^ )太鼓判だね
あの情報操作は、ある意味現代でもあり得ることなので本当に怖い
情報過多の現代では、なにを信じていいのか、本当に分からなくなりますね。。。

今回はNYが舞台となり、キャリーがCIAを離れているせいか、あまりアクションシーンがなくて
今までのシーズンと比べるとちょっと地味な印象がありますが
クインの最期のあの場面は、このホームランドでも1,2を争う印象に残るシーンとなったと思います
(*´ノ∀`)クイン、今までお疲れ様でした
さて、次のシーズンでは、キャリーが復職するとか、しないとか?!
フラニーがまた大きくなっているんだろうなぁ♪




このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

役者魂。

投稿日:2021/01/29 レビュアー:

vol6

久しぶりにHOME LAND。
たまにこうやって見てみると、やっぱアメリカのテレビドラマはお金のかかり方も違うし、
脚本もうまいし、何と言っても役者がうまい。

日本のドラマって役者の絶対数が違うのもあるんだろうけど、今旬の人、
つまり役者じゃないアイドルや有名人が半分以上占めていて、それはやっぱり
大目に見てもうまいとは言えない。
更にいうと役者もビジュアルや人気、プロダクションの大小で選ばれてるとしか思えない
人選。下手くそだらけ。
ああ、またこの人か・・
って感じで見れるドラマがない。

日本のドラマからアメリカのドラマに移ると、その落差に愕然とする。
保育園の学芸会、大人のドラマ。

で、ここまでは仕事、任務優先で生きてきたキャリーも、
こどもをもうけ、大切な人を失ったり失いかけたり、年齢も重ねて
人生の中で何が自分にとって優先すべきか、が揺らぎ始めている。

こどもを持つ、イコール生き方も制限されるのは妊娠する性が女性という物理的な
こともあって、男性ではなく女性。
この辺のジレンマは実際妊娠経験のある女性にしか分からないだろう。

仕事も大事だし、こどもも大事。
でも立場上、自分にしかできないのではないかと思える仕事が目の前に来ると
現場ではどうしても仕事に傾きがちになる。

そして、かつてはバリバリのやり手だったキャリーの元相棒クイン。
もう最初に登場した時の男前で鋭利な刃物のような彼の面影は全くない。
毒ガスの充満した個室に閉じ込められ瀕死の状態になった。
そこから治療の過程で薬物を投与せざるを得ない状況になってから薬漬けになり、
任務の過程で堕落から逃れられなくなってしまった。

クインの変貌ぶりがすごい。
役者の、役とは思えない姿に圧倒される。

最近、ファイナルシーズンが出て、見直し出したのだけど、やっぱり面白い。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

HOMELAND/ホームランド シーズン6

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

クインは最後の最後までクインだった

投稿日

2017/11/17

レビュアー

ちょこりん♪

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やっぱり、ホームランドは面白い!(`・∀・´)イイ!
今回は、キャリーのハチャメチャな行動よりもクインがメインのようなシーズンでした
以下、ネタバレありありですっていうか、クインを語っちゃいます(苦笑)


前シーズンでサリン攻撃にあっていたクイン(´_ _`)シュン
もうね、見てて痛々しくて、あのまま死んじゃうのかもなんて思っていたのですが
生きていてリハビリをしてるクイン、身体が自由にならないイライラがマックス
そんなクインに付き添うキャリー
今までの大活躍していた二人を知っているファンならば、なんだか寂しくなってしまうよね
昼間っからドラッグしたり、娼婦を買ったり、お酒を飲んだり・・・
荒れた生活のクインをみているのは辛かった (´;д;`)ウエーン
そんな生活から今までのクインを取り戻したのは皮肉にも陰謀に気づいた事がきっかけでした
最後の次期大統領とキャリーを守ったあの行動は、2回も観てしまった!
涙なくしては観られないいいシーンだったわー どばーっ(┬┬○┬┬)
密かに次シーズンで、クインは生きていないかな?なんて思ったけど、きっと彼はフェイドアウトだね
そして当初、いい大統領になると思われた時期大統領のエリザベス
あの終わり方は、めちゃ怖い。。。・ヾ(。><)シ ぎょぇぇぇ
もう、疑心暗鬼になって周りにいる人は全て排除していっているもの
クインが持っていた写真の中に、幼い息子の写真と一緒に笑顔のキャリーがの写真があったねー
あれを見たキャリーの表情も良かった!この二人、お似合いだと思ったんだけどなー
そしてそんなクインに好意を寄せていたアストリッドの最期も切なかったね
ちょい役で、ティーバック役で有名なロバート・ネッパーも出てましたね(笑)
常にキャリーを助けるマックスも今回は大活躍でしたね ミ凸ヽ(^_^ )太鼓判だね
あの情報操作は、ある意味現代でもあり得ることなので本当に怖い
情報過多の現代では、なにを信じていいのか、本当に分からなくなりますね。。。

今回はNYが舞台となり、キャリーがCIAを離れているせいか、あまりアクションシーンがなくて
今までのシーズンと比べるとちょっと地味な印象がありますが
クインの最期のあの場面は、このホームランドでも1,2を争う印象に残るシーンとなったと思います
(*´ノ∀`)クイン、今までお疲れ様でした
さて、次のシーズンでは、キャリーが復職するとか、しないとか?!
フラニーがまた大きくなっているんだろうなぁ♪




役者魂。

投稿日

2021/01/29

レビュアー

vol6

久しぶりにHOME LAND。
たまにこうやって見てみると、やっぱアメリカのテレビドラマはお金のかかり方も違うし、
脚本もうまいし、何と言っても役者がうまい。

日本のドラマって役者の絶対数が違うのもあるんだろうけど、今旬の人、
つまり役者じゃないアイドルや有名人が半分以上占めていて、それはやっぱり
大目に見てもうまいとは言えない。
更にいうと役者もビジュアルや人気、プロダクションの大小で選ばれてるとしか思えない
人選。下手くそだらけ。
ああ、またこの人か・・
って感じで見れるドラマがない。

日本のドラマからアメリカのドラマに移ると、その落差に愕然とする。
保育園の学芸会、大人のドラマ。

で、ここまでは仕事、任務優先で生きてきたキャリーも、
こどもをもうけ、大切な人を失ったり失いかけたり、年齢も重ねて
人生の中で何が自分にとって優先すべきか、が揺らぎ始めている。

こどもを持つ、イコール生き方も制限されるのは妊娠する性が女性という物理的な
こともあって、男性ではなく女性。
この辺のジレンマは実際妊娠経験のある女性にしか分からないだろう。

仕事も大事だし、こどもも大事。
でも立場上、自分にしかできないのではないかと思える仕事が目の前に来ると
現場ではどうしても仕事に傾きがちになる。

そして、かつてはバリバリのやり手だったキャリーの元相棒クイン。
もう最初に登場した時の男前で鋭利な刃物のような彼の面影は全くない。
毒ガスの充満した個室に閉じ込められ瀕死の状態になった。
そこから治療の過程で薬物を投与せざるを得ない状況になってから薬漬けになり、
任務の過程で堕落から逃れられなくなってしまった。

クインの変貌ぶりがすごい。
役者の、役とは思えない姿に圧倒される。

最近、ファイナルシーズンが出て、見直し出したのだけど、やっぱり面白い。

1〜 2件 / 全2件