アサシン クリード

アサシン クリードの画像・ジャケット写真
アサシン クリード / マリオン・コティヤール
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

29

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「アサシン クリード」 の解説・あらすじ・ストーリー

マイケル・ファスベンダー主演、伝説のアサシンが未来を懸けて戦うアクションアドベンチャー。2016年、記憶を失くした死刑囚のカラム・リンチは信じがたい運命に導かれる。遺伝子操作で祖先の記憶を呼び覚まされた彼は、その経験を追体験する。※一般告知解禁日:5月2日

「アサシン クリード」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: イギリス/フランス/香港/アメリカ/台湾/マルタ/カナダ
原題: ASSASSIN’S CREED

「アサシン クリード」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アサシン クリードの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR63672 2017年07月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
64枚 8人 7人

【Blu-ray】アサシン クリード(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
115分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR63672 2017年07月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
30枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全29件

動画ポイントで見させt頂いてなんですが、これはつまらん!

投稿日:2017/06/10 レビュアー:飛べない魔女

見終わって1日もたっていないのに
はて?どんな内容の映画だっけ?って思っちゃうほど
わけのわからない内容でした。

死刑が実行されたはずの死刑囚が謎の施設に連れていかれ
そこで遺伝子に記憶されているという祖先の行動を探り
秘法の果実を手に入れさせようとする話。
コンセプトはいいのかもしれませんが、
なにせストーリーがわかりづらい!
画像も暗くて何が起こっているのかよくわからない。
唯一、おお!と思ったのは過去で飛んだり跳ねたりするシーンだけ。
せっかくポイントをいただいて見させてもらったのに
こんなこと言うのは心苦しいですが、時間の無駄でした。
つまらんものを見てしまいました(;^_^A

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見ない方が良いですよ・・・ネタバレ

投稿日:2017/06/09 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

DISCAS様にいただいたポイントで見ました。
いつもありがとうございます。

さて見終わった感想ですが、レビュータイトルの通りです。
ストーリーが支離滅裂で内容が良く理解できない。
なんか予告編とか見るとカッコよく見えますが、あんまり大したことはありません。
過去の回想でパルクールのように走りまわって飛び回る部分は見事でした。
でも根幹にあるストーリーの書き込み部分が中途半端過ぎて、凄い走って飛んでて凄いな〜って感じになってしまいました。
内容の60パーセントは、UFOキャッチャーのようなアームに掴まれた主人公が回想しているだけ。
途中から秘宝ものになって、最後は良く分からないうちにみんなが目覚めてアサシンが復活?
なんでこんな作品作ったのでしょうか?

残念な作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ファンタジー・アクション

投稿日:2017/06/08 レビュアー:カマンベール

死刑囚のカラム(マイケル・ファスベンダー)が処刑の日に、
目覚めるとスペインの研究施設「アニムス」にいます。

世界的に大ヒットした「アサシンクリード」というゲームの映画化。
先祖の過去へダイブして、人の心を操る「エデンの果実」のありかを
探り取り戻すのが、カリムの受けるミッションです。

なんと1492年のスペインへダイブしちゃうんです。
1492年って、コロンブスがアメリカ大陸を発見した年です。
コロンブスの墓とかの話もチラッと出てきます。

マイケル・ファスベンダーが、獰猛にして果敢な男で、
アクションシーンは、中層ビルの屋上を走る、走る、
ビルを飛び移る、駆け上がる、ビルからビルへ飛び移る、
高層38メートルから落下する(これはスタントマンですが・・)

基本実写にこだわったと監督が言ってるけれど、
「まさか、そんなわけあるまいぞ!!ありえねーよ」と思う!!
ルネッサンス期の中世スペインの雰囲気、宗教的に十字軍的衣装や、
ファスベンダーの陰気さ、博士役のマリオン・コティヤールの
艶やかさ・・・とか、私は結構好きでした。
いかにも、途中で終わりますから、続編は視野に入っているようですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

よくある話

投稿日:2017/05/26 レビュアー:だいこんさん

なんだかよく見る話だった。
悪者だと思ってた人々が実は善いひとで、悪者をやっつけるためにしたはずがそっちへ鞍替えする。みたいな話だった。
過去の記憶と現在が混在してよくわからないことになってた。

一度見たくらいでは理解できないのかも?です

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

デイビッドが生身の人間として登場するが・・

投稿日:2018/03/15 レビュアー:勇光

映像は美しい。リドリー・スコットの映画のよう。場面展開もスピーディーでアクションは派手だし、処刑された殺人犯が生きて目を覚ましたりして奇想天外度も高い。ただ、設定説明がなに言ってるのか意味不明。そのため、登場人物たちが何を目的に頑張っているのかがさっぱりわからない。エデンの園でイブが食べたリンゴの実がなにかの機械の玉で、これが全人類の自由と平和にかかわる大きな機能を持ってるらしいのだが、どういう機能なのかの説明がない。わかるのは、テンプル騎士団のような組織とアサシン教団なるものの2つの組織が戦っているということだけ。
主人公が「エイリアン・コヴェナント」のデイビッドにしか見えず、どうも正義の味方に思われないのだが、この配役も失敗だったのではないかと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全29件

アサシン クリード