ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジの画像・ジャケット写真
ドクター・ストレンジ / ベネディクト・カンバーバッチ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

29

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ドクター・ストレンジ」 の解説・あらすじ・ストーリー

「SHERLOCK」シリーズのベネディクト・カンバーバッチ主演によるヒーローアクション。突然の交通事故により神の手を失った天才外科医、ドクター・ストレンジが、過酷な修業を経て魔術師として闇の魔術に立ち向かい、壮絶な戦いに巻き込まれていく。※一般告知解禁日:3月24日

「ドクター・ストレンジ」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: DOCTOR STRANGE

「ドクター・ストレンジ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ドクター・ストレンジの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDR6483 2017年06月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2,679枚 44人 47人

【Blu-ray】ドクター・ストレンジ(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
115分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR6483 2017年06月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1,318枚 28人 35人

関連作品

ユーザーレビュー:29件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全29件

挫折したストレンジの再生物語

投稿日:2017/06/09 レビュアー:ミルクチョコ

天才的な技術を誇るが傲慢な性格だけが欠点の神経外科医スティーブン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、不慮の事故で両手の機能を失い、治療法を求めて向かったカマー・タージで魔術を学ぶことに。特訓の末、魔術を習得した彼は、世界滅亡を企む邪悪な敵との戦いに身を投じていきます。

今までのマーベルコミックの世界とは異なり、腕力に依存しない、ちょっとコアな題材のせいか、テイストが違います。精神世界を映像化したりと面白いです。

都市がゆがみ、悪夢のような空間に吸い込まれる多次元の映像や、時空を超えた特撮アクションは一見の価値あり。
魔術を操る異色のヒーローものなれど、主人公の再生物語も手堅く描かれて、ドラマパートもしっかりしています。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

拷問ドクター

投稿日:2017/06/03 レビュアー:ビンス

ヒーローがヒーローになる要素として大事なもの
それは不幸
大概のヒーローは不幸に遭遇し
ヒーローとしての力を目覚めさせていきます。
何故に今回のヒーローがドクターなのかも
「ドクター+不幸=ヒーロー」という方程式でねじ伏せる
ドクター・ストレンジ
全く馴染みのないアメコミヒーローです。
マーベル・シネマティック・ユニバース作品という
アベンジャーズの世界観が「あり」の現実なので
もうどんなことが起こっても
一般人はあまり驚きませが(笑)
一体どんな敵が現れ
どうやって戦うかが注目でした。
そしたら西洋医学は東洋医学に屈する的な展開があり
アメリカンが好きそうな東洋の神秘的なあれやこれやがあり
ストレンジが身につけるのは魔術というカテゴリーのもの
でもって時空やら時間やら次元やらが押し寄せるストーリー
これが難解で脳が追い付いていかない
その難解さをさらに理解困難に陥れる映像
天地を無視し色んなものを捻じ曲げ迫ってくるその映像は
脳がパニック、目はクラクラ
酔いそうなほどです。
そんなところで縦横無尽に戦うもんだから
凄いことやってるんだろうけど
その半分も伝わってない感じ
おまけに個人的に苦手な
敵のボスが「デカすぎ」というのと
「形があるようで無い」というのが
揃っちゃったので気分も盛り上がりませんでした。
用語も色々難しく
頭に入ってこないです。
それでもよ〜〜くわかったことは
フル装備のストレンジは
無敵であるということ(笑)
あんな技使われちゃったら
敵もお手上げ(笑)
アベンジャーズにストレンジがいれば問題なし
拷問ドクター・ストレンジと改名すべきでしょう。
それほど敵にしたら心を萎えさせる技を使います(笑)
全部チャラにしちゃう力技も凄すぎ!

脳と目の酷使でしょう
甘いものが食べたいです。
是非ともスイーツをお供にして
ご覧いただきたいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

神秘的脅威との戦い

投稿日:2017/09/13 レビュアー:kazupon

ドクター・ストレンジも「マーベル・コミック」の中のヒーローらしい。
アニメ版も機会があれば観てみたいと思う。
さて、ドクター・ストレンジは、天才的な脳外科医だった。
しかし、自動車事故で神の手と呼ばれる両手の神経機能を失ってしまう。
ストレンジは自信家でプライドが高く、かつての名声が忘れられずに苦悩していた。
ある時、半身不随の患者を奇跡的に治した者がいると聞きつけ、カトマンズのカマー・タージへと旅立つ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここからは、師と仰ぐ人物との出会い、師の能力の披露、主人公の過酷な修行風景と続く。
ストレンジが教えを請うたのは、エンシェント・ワンと名乗る女性で魔術師だった。
既に彼女は物語冒頭で登場しており、それは「インセプション」に似たシーンだった。
ビルや道路が傾いたり、垂直になったり、歯車のように回転したり、
それはもう、ワクワクする圧巻のシーンだった。
後に、カマー・タージの図書館を守るウォンが言うには、
アベンジャーズは物理的脅威と戦い、自分たちは神秘的脅威と戦っているということだった。
ドクター・ストレンジがマーベルのヒーローである証拠に
永遠の存在になろうとするカエシリウスと戦うシーンも出て来る。
その時にストレンジを認めた「浮遊マント」の思考能力があるような動きも楽しかった。
そして、エンドロールも始めから最後までお見逃しなく。
途中でマイティソーも出て来るし、エンドロール最後では、ストレンジをエンシェント・ワンに推したモルドが、何やら怪しげな存在として登場する。
続編に半端ない期待を持ってしまう。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは序章という感じですかね

投稿日:2017/06/11 レビュアー:飛べない魔女

まずはドクターストレンジが
どんな人で、なぜその力を備えるようになったのか
そして彼らの敵は何なのか?のご紹介章といったところですね。
特殊魔法の能力を身に着け、普通の人でなくなってしまったドクターが
自分の意志とは裏腹に、戦いに巻き込まれいきます。
結果的に世界は救われましたが
まだまだこれは序章でしょう。
次の敵は予想もしていなったあの人が敵になるようです。

しかし映像がすごいですね。
縦になったり横になったり
逆さまになったとおもったら
奈落の底に落ちてみたり。
これ映画館でみたらくらくらしちゃったのでは?
ましてや3Dなんかで見ちゃった挙句には
3D酔いすること間違いなし(笑)

クリスティーンとドクターの恋の行方も気になるところ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うーん

投稿日:2017/04/22 レビュアー:だいこんさん

映画館で観た。そこそこの面白さだけどマーベル作品にしてはいまひとつ。
個人的には主人公の顔が嫌い。


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全29件

ドクター・ストレンジ