僕だけがいない街

僕だけがいない街の画像・ジャケット写真

僕だけがいない街 / 藤原竜也

全体の平均評価点:(5点満点)

43

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「僕だけがいない街」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

三部けいの大ヒット・コミックスを藤原竜也と有村架純の共演で実写映画化したミステリー・サスペンス。“リバイバル”という不思議な現象に巻き込まれた青年が、現在と小学校時代を行き来しながら誘拐殺人事件の回避と真犯人の特定に奔走するさまをスリリングに描く。監督は「ツナグ」の平川雄一朗。ピザ屋でアルバイトする売れない漫画家の藤沼悟。彼は、事件や事故に遭遇すると、その原因が発生する直前の時点に時間が巻き戻る不思議な能力を持っていた。ある日、リバイバルのせいでケガをした悟は、病院に付き添ってくれたバイト仲間の愛梨と思いがけず距離を縮めていく。そんな中、悟の母・佐知子が何者かに殺害され、リバイバルに遭遇した悟の意識は1988年のまだ小学生だった悟自身の頭の中に飛んでしまうのだが…。 JAN:4548967281477

「僕だけがいない街」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「僕だけがいない街」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

女子ーズ

ナイトピープル

リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜

おじいちゃんは25歳

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全43件

原作ファンから見てもまずますの及第点

投稿日:2016/08/08 レビュアー:飛べない魔女

原作漫画を読みました。(すんごく面白かったです。先を読むページが震えるくらい!)
深夜にやっていたTVアニメも全部録画して観ました!
こちらもラスト以外は原作に忠実に出来ており、面白かったです。
子供の時の主人公の声を、土屋太鳳ちゃんがやっていたのですが、なかなか上手でした。
そしていよいよ実写映画、ときたらやはりコケルだろうなぁと思うじゃないですか。
だから映画館では敢えて見ませんでした。
ところが、映画の方もなかなかコンパクトにまとめていて、良かったと思います。
キャスティングがどうかなぁ・・という不安はあったのですが、
絶叫俳優である藤原竜也くんのちょっと押さえた演技も良かったです。
特に子役ちゃんたちの演技が素晴らしい!
リバイバル後の2006年の世界が、原作ではじっくり描かれていて、犯人との心理戦が巧みに交差する部分は、敢えて映画はバッサリ切りましたね。
そこを切り捨てることで、ラストを変えてみせました。
これはこれで有りだと思います。
期待していなかった分、楽しめましたよ。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと矛盾が... ネタバレ

投稿日:2016/08/06 レビュアー:Taku

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作を完読していたので、途中から違った展開になり、次どうなるんだろう?とそれなりに楽しむことができました。

ただ、藤沼悟自身が殺人未遂されるところのリバイバルからの帰還の説明がつかない。
・藤沼悟が生き延びた理由
・犯人が捕まらずにいた理由
愛梨の原作の雰囲気と有村架純の演技には少しかい離がある。
役作りがいまいち。もっと大切に感じさせるような演技が必要だったと思う。

違う結末で、ちょっと理不尽さを感じて、あまり幸せな気分になれませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

タイムスリップものはハズレが少ない

投稿日:2016/09/15 レビュアー:oyoyo

タイムリープによって18年前の児童連続誘拐殺人事件の謎に迫る青年の奮闘を描いたSFミステリー。

原作を知らずに観ました。
けっこう面白かったです。
藤原竜也さんの演技力が凄い。
子役達も演技が上手い。
これからが楽しみな子役達です。

回収されない伏線もあり、長い原作を2時間に収める事の難しさが伝わってきました。
↑ 褒めてないですよ(笑)
もう少し脚本を練ってほしかったです。
真犯人が早い段階で分かってしまうのも×。
テンポはいい、展開が早く、中だるみしない。

面白かったので、アニメ版をリストに入れました。

80点

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと薄味な仕上がり

投稿日:2016/09/07 レビュアー:kazupon

原作の漫画は読んでないけど、TVでやってたアニメは観ました。
サスペンス仕立てで、主人公が感じる違和感の正体やリバイバル現象に冒頭から引き込まれ、あっという間に物語の世界に入り込んでしまいました。
アニメを観てあらすじが分かっているのですが、十分に楽しめました。
でも、映画という尺の中で削られてしまったエピソードもあり、その分、薄味な仕上がりに感じました。
映画冒頭で、悟が母親と一緒にいた時に感じた違和感と、そこで母親が気付いてしまった過去の事件の真相が、悟の長い長いリバイバルの発端となるのです。
子供時代の悟を演じた中川翼君は純真そのもの、加代を演じた鈴木梨央ちゃんは芸達者で流石でした。
大人の悟を演じた藤原竜也さんは、ちょっと心配でしたが、いつものような絶叫系の演技はしないでくれたので安心しました。(笑)
愛梨役は有村架純ちゃん。
ちょっと“ほんわか”しているのが、愛梨のイメージと違っていたように感じましたが、それは私のイメージの問題ですから。
母親役の石田ゆり子さんは、若々しくて綺麗で文句無しに良かったです。
アニメでは母親の声が高山みなみだったので、本当に違和感しかなかったんです。
結末がアニメと違いますが(原作とも違うらしい)、作品タイトルを考えるとこれも有りかな?という感じです。
サスペンスの中に身を置いて楽しんでください。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

僕だけがいない街 ネタバレ

投稿日:2016/09/10 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ふとした瞬間に時間が元に戻る現象に襲われる主人公が子どものときの連続殺人事件を追いかける話。

 自分だけ今の状況を知っていて、周りを変えていこうとする設定だけである程度の面白さが担保されている内容でした。ただ同じことを何度も繰り返して、ちょっとだけさっきの状況と違うとかの面白さではなかったです。1幕目で母親が殺されたことにより、時間が戻って小学校時代に戻る。ここで子どものときに殺された女の子を救えば、母親は助かる。という論理で殺人事件を阻止しようとします。

 ただ主人公に起きるリバイバルという現象がどのタイミングで起こるのかとかよくわからず、何かショックが起これば起こるのかと思いきや、普通に逮捕されて連行されているときに起こったりするので、この主人公本当に大変な人生だな、と同情してしまいました。

 物語の半分は子ども時代で進みますが、子役のお芝居は上手いので見ることができるのはよかったです。ここが酷かったら目も当てられない状況になっていたと思います。

 リバイバル前と後で状況が変わっていますが、連続殺人犯と対決して橋から落とされた主人公が目覚めて大人になって無事という状況がよくわからず、あれは自力で助かったのかそもそも橋から落とされていなかったのかとか話に入り込めなかったです。濡れ衣を着せられた優しいお兄さんとかピザ屋の店長がいかにも怪しげに撮られていたりと周りの人物たちの描かれ方が浅かったりするのも気になりました。

 誰かを助けても別の誰かが死んでしまうタイムスリップものの面白さ悲しさみたいなものがあまり伝わってこず、まったりムードで進むサスペンスで残念でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全43件

僕だけがいない街

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:43件

原作ファンから見てもまずますの及第点

投稿日

2016/08/08

レビュアー

飛べない魔女

原作漫画を読みました。(すんごく面白かったです。先を読むページが震えるくらい!)
深夜にやっていたTVアニメも全部録画して観ました!
こちらもラスト以外は原作に忠実に出来ており、面白かったです。
子供の時の主人公の声を、土屋太鳳ちゃんがやっていたのですが、なかなか上手でした。
そしていよいよ実写映画、ときたらやはりコケルだろうなぁと思うじゃないですか。
だから映画館では敢えて見ませんでした。
ところが、映画の方もなかなかコンパクトにまとめていて、良かったと思います。
キャスティングがどうかなぁ・・という不安はあったのですが、
絶叫俳優である藤原竜也くんのちょっと押さえた演技も良かったです。
特に子役ちゃんたちの演技が素晴らしい!
リバイバル後の2006年の世界が、原作ではじっくり描かれていて、犯人との心理戦が巧みに交差する部分は、敢えて映画はバッサリ切りましたね。
そこを切り捨てることで、ラストを変えてみせました。
これはこれで有りだと思います。
期待していなかった分、楽しめましたよ。

ちょっと矛盾が...

投稿日

2016/08/06

レビュアー

Taku

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作を完読していたので、途中から違った展開になり、次どうなるんだろう?とそれなりに楽しむことができました。

ただ、藤沼悟自身が殺人未遂されるところのリバイバルからの帰還の説明がつかない。
・藤沼悟が生き延びた理由
・犯人が捕まらずにいた理由
愛梨の原作の雰囲気と有村架純の演技には少しかい離がある。
役作りがいまいち。もっと大切に感じさせるような演技が必要だったと思う。

違う結末で、ちょっと理不尽さを感じて、あまり幸せな気分になれませんでした。

タイムスリップものはハズレが少ない

投稿日

2016/09/15

レビュアー

oyoyo

タイムリープによって18年前の児童連続誘拐殺人事件の謎に迫る青年の奮闘を描いたSFミステリー。

原作を知らずに観ました。
けっこう面白かったです。
藤原竜也さんの演技力が凄い。
子役達も演技が上手い。
これからが楽しみな子役達です。

回収されない伏線もあり、長い原作を2時間に収める事の難しさが伝わってきました。
↑ 褒めてないですよ(笑)
もう少し脚本を練ってほしかったです。
真犯人が早い段階で分かってしまうのも×。
テンポはいい、展開が早く、中だるみしない。

面白かったので、アニメ版をリストに入れました。

80点

ちょっと薄味な仕上がり

投稿日

2016/09/07

レビュアー

kazupon

原作の漫画は読んでないけど、TVでやってたアニメは観ました。
サスペンス仕立てで、主人公が感じる違和感の正体やリバイバル現象に冒頭から引き込まれ、あっという間に物語の世界に入り込んでしまいました。
アニメを観てあらすじが分かっているのですが、十分に楽しめました。
でも、映画という尺の中で削られてしまったエピソードもあり、その分、薄味な仕上がりに感じました。
映画冒頭で、悟が母親と一緒にいた時に感じた違和感と、そこで母親が気付いてしまった過去の事件の真相が、悟の長い長いリバイバルの発端となるのです。
子供時代の悟を演じた中川翼君は純真そのもの、加代を演じた鈴木梨央ちゃんは芸達者で流石でした。
大人の悟を演じた藤原竜也さんは、ちょっと心配でしたが、いつものような絶叫系の演技はしないでくれたので安心しました。(笑)
愛梨役は有村架純ちゃん。
ちょっと“ほんわか”しているのが、愛梨のイメージと違っていたように感じましたが、それは私のイメージの問題ですから。
母親役の石田ゆり子さんは、若々しくて綺麗で文句無しに良かったです。
アニメでは母親の声が高山みなみだったので、本当に違和感しかなかったんです。
結末がアニメと違いますが(原作とも違うらしい)、作品タイトルを考えるとこれも有りかな?という感じです。
サスペンスの中に身を置いて楽しんでください。

僕だけがいない街

投稿日

2016/09/10

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ふとした瞬間に時間が元に戻る現象に襲われる主人公が子どものときの連続殺人事件を追いかける話。

 自分だけ今の状況を知っていて、周りを変えていこうとする設定だけである程度の面白さが担保されている内容でした。ただ同じことを何度も繰り返して、ちょっとだけさっきの状況と違うとかの面白さではなかったです。1幕目で母親が殺されたことにより、時間が戻って小学校時代に戻る。ここで子どものときに殺された女の子を救えば、母親は助かる。という論理で殺人事件を阻止しようとします。

 ただ主人公に起きるリバイバルという現象がどのタイミングで起こるのかとかよくわからず、何かショックが起これば起こるのかと思いきや、普通に逮捕されて連行されているときに起こったりするので、この主人公本当に大変な人生だな、と同情してしまいました。

 物語の半分は子ども時代で進みますが、子役のお芝居は上手いので見ることができるのはよかったです。ここが酷かったら目も当てられない状況になっていたと思います。

 リバイバル前と後で状況が変わっていますが、連続殺人犯と対決して橋から落とされた主人公が目覚めて大人になって無事という状況がよくわからず、あれは自力で助かったのかそもそも橋から落とされていなかったのかとか話に入り込めなかったです。濡れ衣を着せられた優しいお兄さんとかピザ屋の店長がいかにも怪しげに撮られていたりと周りの人物たちの描かれ方が浅かったりするのも気になりました。

 誰かを助けても別の誰かが死んでしまうタイムスリップものの面白さ悲しさみたいなものがあまり伝わってこず、まったりムードで進むサスペンスで残念でした。

1〜 5件 / 全43件