機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKYの画像・ジャケット写真
機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

12

  • DVD
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」 の解説・あらすじ・ストーリー

『機動戦士ガンダムUC』を手掛けたサンライズ第1スタジオによる新ガンダムシリーズ。ムーア同胞団のイオ・フレミングとリビング・デッド師団のダリル・ローレンツが宿命の戦いに挑んでいく。全4話に新作カットを加えたディレクターズカット版を収録。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本
原題: MOBILE SUIT GUNDAM THUNDERBOLT DECEMBER 

「機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKYの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
70分 日・英 日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR3492 2016年12月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
800枚 18人 21人

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKYの詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs 01:09:31
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 全年齢対象 購入:無期限
レンタル:初回再生から72時間
購入期限:
レンタル:2018年03月31日 23:59

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

見ていて心が痛くなる

投稿日:2016/12/12 レビュアー:四十肩六郎

僕はザク系が大好きです。
サイコザク、めっちゃかっこいいです。
ザクを今風にしたオリジンや今作のデザイン、めっちゃ興奮しますw

ファンネルや意味あるかわからない変形なんていらないのです、今作のような仕様は大歓迎w

ただストーリーが重い、少年少女の恋愛がらみは大嫌いだが、この手の内容は苦手です。
身体的に障害がある兵士の苦悩、憎しみ合う連邦とジオンの兵士たち、もう少しライトな感覚だったら最高だったのにw

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

右に『サンダーボルト』、左に『この世界の片隅に』

投稿日:2017/02/23 レビュアー:ぴよさん

 昨年、戦争映画(?)の傑作『この世界の片隅に』が生まれた。平凡な庶民
の姿を淡々と描き、エモーショナルな演出を排して、それゆえに胸が握りつぶ
されるような、戦争への憤りを描き出した。
(ここで両作を比較することは、全く的外れなことかもしれないけれど、まあ
タワゴトと笑っていただきたい。なぜか頭の中で結びついてしまったので)

 さて『サンダーボルト』は、らしからぬほどに、ただただ生々しく戦場の姿
を描くことに徹している。近いと言えば『0083』あたりだが、これほど兵士が
死ぬサマにこだわって描写したG作品は無かった。「皆殺しの富野」は、時に
ドラマのために登場人物を殺してきた。そのいちいちの死に意味があるという
(それは逆説的に、その生に意味があったという証明)ことを語ってきた。

この『サンダーボルト』では近視眼的に戦場を描くことで、その意味さえ失わせ
ている。そもそも原作の太田垣康男が「ガンダム的なモノへの反発」から描いた
この作品は、そのフォーマットに則ってはいるが、Gを意図的に悪用して、虚像
を破壊しようとしているかのようだ。だがそれが奇しくも、よりリアルにG世界
を補強する結果になってしまったという不思議。
 コックピットでジャズを鳴らす不謹慎は、『地獄の黙示録』オマージュ、いや
パロディであり、戦争の狂気を増幅させる。(音楽に菊地成孔を起用したのは
まったくアタリだ)ア・バオア・クーで流れる『Ronald Reagan Other Side』
は菊池節全開のプログレッシブなジャズ。菊地率いる dCprG の楽曲も、場面に
活きる。この手法は一歩間違うと、青臭かったり、反感を買うだけになりかね
ないが、ここでは菊地の音楽的不謹慎さが見事にハマった。

 現代の日本に住んでいれば、傷痍軍人を目にすることは、ほぼ無い。今や作品
などでも触れられることは、まれだ。ジオンの「リビングデッド師団」は傷痍兵
を多く取り入れて構成された部隊という設定。これほどに、アニメで傷痍兵を描
いた作品は無いのではなかろうか。『この世界の片隅で』のすずは、不発弾頭の
爆発に巻き込まれて腕を失った。一方、ダリルは戦闘の中で両足と左腕を失い、
その後、人体実験の為に残された右腕も切断され、サイコ・ザクへの接続という
狂った生き方を選ばされる。
 五体満足だった頃の記憶がリフレインするのは『ジョニーは戦場へ行った』の
オマージュ。『この世界』と『サンダーボルト』は、戦争の混乱と狂気を両極端
の手法で表しているのだ。おもいっきり乱暴な言い方をするなら、両作品がその
まま「左」と「右」の視点になって、戦争というものを見つめている…そんな
ふうに思える。


このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ガンダムに魅力が無い

投稿日:2017/02/23 レビュアー:oyoyo

ガンダムに魅力が無かった。
ジムより凄いという演出はあったが、なぜか魅力に感じられなかった。

お気に入りレビュアーさんは、音楽が厳しかったとコメントしてますが、
同感です。
音楽の使い方は良かった。
ジャズも好きなほうだ。
でも映像とは合ってなかったです。
マクロス風になるのを避けたかったんだろうけど、ちょっとアンバランスでした。
音楽が邪魔をしてる感じ。

あと、キャラクターの絵柄が好きになれなかった。
モビルスーツ戦はかっこよかったですが。

宇宙世紀ものの映像化は評価します。

60点

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一風変わったガンダムシリーズですが・・・ネタバレ

投稿日:2017/02/03 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

不協和音のモダンジャズがバックに流れまくり見ていた私には厳しかった。
耳が痛くなりました。
まだヘビメタとかだったら良いのに・・・
絵柄もガラッと変わり、キャラクターたちも支離滅裂で何をしたいのか意味が分からない。
ガンダムシリーズいろいろありますが、私的には最低の評価。

完全に好き嫌いがハッキリでる作品だと思います。

合わない作品でした。
残念です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

真正面から一年「戦争」を描いた戦争映画だ。

投稿日:2017/01/22 レビュアー:Dama_Darma

本作は極めて贅沢なエンターテイメントだ。
戦場の乾ききった雰囲気と、その重圧の中で精神の均衡を保つためのルーティンというものを
視覚的に、聴覚的に、特に音楽という形で伝えてくる。

キャラクターデザインもそうだ。筋肉質だけど、どこか痩せこけた体形。
人間らしさを象徴する唇の描写。
乾ききった雰囲気は別の形でも見せつけてくる。
義手・義足の傷病兵を寄せ集めた部隊。義足の延長線上に行われる兵器実験。
勝利のために少年兵たちを前線に送る作戦。
少年兵たち。といえば大元であるガンダムシリーズもアムロ・レイをはじめとした民間人がなし崩し的に戦場に投入されていく流れもそうなのだけど、彼らは奇跡的に勝利者だったから悲壮感が薄い。

だが本作は違う。登場人物はみな英雄ではない、ただの一般兵たちなのだ。
戦争中という状況と狂気が、否応なしに彼らを振り回す。

そうした乾ききった世界を、さながらアルコールのように劇中の音楽が陶酔を与えて、狂気を麻痺させていく。
そうした陶酔がふっと覚めたとき、ジャズの旋律は途切れて、いびつな不協和音が聞こえてくる。

音楽に注目して見てほしい。
そして、この乾ききった虚無感を堪能してほしい。
こうした重さを映画としてみることができるのは、きわめて贅沢だ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
72時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。