ウルフ・オブ・ウォールストリート

ウルフ・オブ・ウォールストリートの画像・ジャケット写真
ウルフ・オブ・ウォールストリート / レオナルド・ディカプリオ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

68

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 の解説・あらすじ・ストーリー

80年代から90年代のウォール街で“狼”と呼ばれた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回顧録を、「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演コンビで映画化したピカレスク伝記ドラマ。20代で億万長者にのし上がり、30代で逮捕されるまでのあまりにも破天荒すぎる栄光と転落の物語を描く。共演はジョナ・ヒル。80年代後半のウォール街。証券マンのジョーダン・ベルフォートは26歳で会社を設立すると、富裕層をカモにそのモラルなき巧みなセールストークで瞬く間に会社を社員700人の大企業へと成長させ、自らも年収49億円の億万長者に。彼のクレイジーな豪遊ライフは衆目を集め、当然のように捜査当局からも目を付けられるジョーダンだったが…。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: THE WOLF OF WALL STREET
受賞記録: 2013年 ゴールデン・グローブ 男優賞(コメディ/ミュージカル)

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウルフ・オブ・ウォールストリートの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
179分 日・英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-18 PDSZ137764 2014年05月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
320枚 15人 19人

【Blu-ray】ウルフ・オブ・ウォールストリート(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
179分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-18 PDBV138353 2014年05月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
255枚 8人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:68件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全68件

成金男の成功と挫折

投稿日:2014/05/14 レビュアー:ミルクチョコ

年収49億円も稼いだ実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのセンセーショナルな半生を描いたドラマ。
学歴もコネもない男ジョーダン(レオナルド・ディカプリオ)は、斬新な発想と巧みな話術で成り上がり、26歳で証券会社を設立。瞬く間に億万長者となり、その金を女、コカイン、車など物欲に注ぎ込みます。瞬く間に栄光の頂点に立ち「ウォール街のウルフ」と呼ばれるようになります。

ディカプリオと言えば、常に眉間にシワを寄せて、演じる役も暗めな人物が多かったですが、本作では、出世欲、物欲、性欲お金で買えるものなら全て買うという浮かれた起業家。しかも、今までの作品とは一転して、コメディタッチで下品です。
仕事ぶりよりも、パーティとドラッグとセックスと、欲望まみれで何もかもがぶっ飛んでいる懲りない人生。
罵られようと、獣欲に駆られたジョーダンは聞く耳など持ちません。
ジョーダンに「クライアントのポケットから、君のポケットに金を移動させろ」と業界のルールと麻薬や性行為についてまで教えた最初の指導者マーク・ハンナ(マシュー・マコノヒー)。序盤しか出てこないのに、怪しげな鼻歌のマシュー・マコノヒーの存在感が凄いです。

ジョーダンに、決して共感はできませんが、ドラッグ過剰摂取後の芝居には笑ってしまいます。ディカプリオの熱演が素晴らしいです
重厚な人間ドラマが多かったスコセッシ監督。金融業界を舞台に、ギラギラした過激な虚構の世界を作り上げ、70歳を越えても、バイタリティが凄いですね。
この狂乱に、道徳や社会性などを持ち込まず、説教臭さがなかったのが良かったのかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 35人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

全然オモロないしダラダラ長い

投稿日:2014/05/29 レビュアー:QWERTY

最悪でも「ギャング・オブ・ニューヨーク」程度の面白さはあるのかと思ったら
予想をはるかに下回るつまんなさでビックリした。
これも典型的な「権威のある監督だから評価が高いだけ」の駄作。
無名監督だったら単なる「くだらなすぎる下劣コメディ」で片づけられるレベル。

とにかく内容が薄過ぎ。
「成金詐欺師の栄枯盛衰物語」というありがち話で、そもそも3時間使うような物じゃない。
そのうえ上映時間の大半は、SEX、ドラッグでラリる、乱痴気騒ぎ、の繰り返し。
他はディカプリオがハイテンションで社員に向かってする昔のホリエモンみたいな演説と
オッサンたちがFワード連発でするくだらない与太話。
せめて逮捕される経緯くらいは面白いのかと思ったら、これもしょーもない結末。
本当にチョーつまんない。

肝心の証券詐欺にしても、仕組みがよく分かんない。
あの程度の電話営業でそんな大金が集まるのか?て感じ。
さらに、被害者の描写も無いのでリアリティがまるで無い。
おそらく、実際に騙されたのは中小企業の社長や機関投資家が多くて
解雇や医療保険の不払い、年金カット等の形で一般庶民にもかなりの被害が出たと思うけど・・

キャラクター描写も薄っぺら
主人公が悪事に走ることになった原因をちゃんと描いていないので感情移入できない。
ひたすらドラッグをキメて女とやりまくり、お札をばら撒いてハシャぎ
後はラリッてギャーギャーわめきながらドタバタするだけ。
最初から最後までクソ野郎で「さっさとブタ箱に入れや」と思うだけだった。

それにしても
こんな内容でも興行的には黒字みたいだから、レオ様人気っていまだにスゴイんだね。

このレビューは気に入りましたか? はい 20人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハイテンションで突っ走る3時間。Fワード祭、シャウト祭、顔芸祭w

投稿日:2014/04/11 レビュアー:みむさん

いやー、スコセッシ×ディカプリオなんで
期待値上がったまま見ましたが
その期待以上にオモシロかった。

実在の証券会社員が会社を立ち上げて・・・
というネタ、原作も同じ業界の人はけっこう読んでる。
難しいネタになりそうですが、
これが、ほんとに楽しく仕上がってます。

金融用語に疎い人でも大丈夫。
レオさんがカメラ目線でちょくちょく説明してくれます。

もう、レオさんの壊れっぷり最高。
JニコルソンとJキャリーが降臨したような顔芸に、
あの車のくだりはもう笑いすぎて涙出たw

その上、マコノヒーはチラリズムにもかかわらず
「んーんー・・んーんー」で
キョーレツなインパクトを残して去っていきますw

その他の登場人物も含め、
みんな叫ぶ叫ぶw
体感で8割くらいシャウトセリフだったようなw
ふぁっく!しっと!がっでむ!じーざす!
こんな言葉が飛び交いまくり。

マジメな視点で観ると、
ジョーダンの話術はスゴイの一言。
インチキ並べ立ててるけど
人を説得してしまう、圧倒してしまうあの話術。

そして、社員の前で行うアツいスピーチは
大げさで下品なところもあるものの、
トップがあんなふうだったら確かに盛り上がるのわかります。

3時間という尺にもかかわらず、
最初から最後まで目が離せません。
ダレません。

ハイテンションで突っ走る!

いやあ、楽しかった。

一番のツボ場面は
「デンワぁぁぁぁ〜・・・ダメェェェェ・・・・」って地べたを這うレオさんですw

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リキッド キャピタリズム

投稿日:2015/01/26 レビュアー:裸足のラヴァース

あるいはポスト資本主義 イスラム国こそ あらたな新帝国主義のマイナーな実践であろうか たかだか二百年を越えたか
そこらのアメリカは 資本主義の完成形を示した後に衰退を始めるのは この20〜30年後だが あらたに新帝国主義として
情け無用の必死のサバイバルに賭けるだろう

そんな時代に この映画の現代的意味 キャピタリズムに対する 考察の何がしかがあるのかしら 微妙にずれた物語なのね 
それはスコセシの時代を読む 寵児としての勘の鈍りであろうかしら

それは画面に現れている 乱痴気騒ぎはちっともゴージャスではないのだ 下品の体たらくはしかし 画面の贅沢と化させるのが 
スコセーシの面目であるはずが 画面はひたすら痩せている

ひとつひとつのエピソードがばっちり決まらないので マヒューが目立ったりするのだ ショットが中途半端になる 極彩色の
バカ騒ぎにちっとも精彩がない それでもって40分で吾輩は駄目出し 早送りと相成ったけど 早送りのボタンを止めて 
確認したいような突出した場面は 遂になかったね すべて読めるよ

しかしまあスコセーシ頑張ってね レオも大好きだよ キャリア積んでね と思ったりする はい

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

たとえ億万長者でも、こんな男はごめんです

投稿日:2014/06/29 レビュアー:飛べない魔女

一文無しから、その巧みな話術と悪知恵で、証券業界をのし上がって億万長者になったジョーダン・ベルフォード。
しかし、彼の生き様はドラックとセックスに溺れ、金にものを言わせてのハチャメチャな人生。
いくら億万長者でも、こんな男とは一緒に暮らしたくはありません。
映画としては面白いのかもしれませんが、
ジョーダン・ベルフォードが本を書いてまたまた大儲けし、そしてそれが映画になってさらに大儲けしたのかと思うと
やたら腹が立つんですけど(^_^.)
金儲けにたけている人は、転んでもただでは起きないのですね。

マシュー・マコノヒーの出番は少ないのに、この圧倒的な存在感はどうでしょう。
あのへんな鼻歌が耳付いて離れません。
妙に勇気が湧いてくる鼻歌です(笑)

レオ様の熱演は称賛に価しますが、F言葉連発、セックスシーン乱用、女性の裸体満載、
おじいさんになってもスコセッシ監督のそのパワーは衰えることがなく、そちらも称賛ですね。
「ふぁ○○ん・アイ・ラブ・ユー」なんて言い方もあるのですなー。
愛してるよ、こんちくしょう・・・ってな感じ?

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全68件

ウルフ・オブ・ウォールストリート