フレンチ・コネクション

フレンチ・コネクションの画像・ジャケット写真
フレンチ・コネクション / ジーン・ハックマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

44

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「フレンチ・コネクション」 の解説・あらすじ・ストーリー

W・フリードキン監督によるドキュメンタリー・タッチの刑事ドラマ。マルセイユとニューヨークを結ぶ麻薬取引のルートを背景に、“ポパイ”ことドイル刑事が麻薬組織壊滅に執念を燃やす姿を描く。アカデミーでは作品・監督・脚色・編集賞に加え、G・ハックマンに主演男優賞をもたらした。 JAN:9999202581792

「フレンチ・コネクション」 の作品情報

製作年: 1971年
原題: THE FRENCH CONNECTION
受賞記録: 1971年 アカデミー賞 作品賞
1971年 ゴールデン・グローブ 作品賞(ドラマ)
1971年 NY批評家協会賞 男優賞

「フレンチ・コネクション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フレンチ・コネクションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR23151 2002年12月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 2人 2人

【Blu-ray】フレンチ・コネクション(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXD1009*D 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:44件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全44件

カッコイイとは、こういうことさ。

投稿日:2011/10/20 レビュアー:ゆういちろう

ザラついた映像とクールな語り口が超カッコイイ刑事アクションの傑作。
こういった70年代特有の画って、フィルムの質がまだ良くなかったかららしい。自然光だと光量が足りなくて、おのずと粒子が荒くなったんだって。でも表現にリアリティを追求し始めたこの頃の映画と、質感がとてもマッチしている。アンチヒーロー、さらにアンチカタルシスといえる本作には特にぴったりだ。

この作品の良さって、スタローンやシュワちゃん全盛期だったローティーンの頃には、実は分からなかった。観てスカッとする映画じゃないから。それなりの数の映画を観て、少々の人生経験も積んで、ジワジワと魅力が分かってきた感じだ。後に残るニガさやモヤッと感まで、まとめて飲み込めるようになってから味わいが増す作品なのかもしれない。もちろん単に好みの問題もあるけど。

それにしても、この当時のファッションて今見てもカッコイイよね。とくにシャルニエとかね。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

70年代の時代の風を浴びた者でしか撮れない刑事ドラマの大傑作!

投稿日:2010/01/15 レビュアー:KASPAR

やっぱ、傑作は傑作やね〜♪

今となっては、手本とされすぎてる既視感と間延び感が多少あるんやけど、それでもやっぱりあの有名な歩きチェイスシーンとか高架下シーンとかは手に汗握ってはらはらしたし、のめり込んで楽しんだっすねー♪

ほんで、あのラストのなんともいえない哀愁とやるせなさ・・・時代としてのアメリカンニューシネマ匂いも残る印象的なラストやね〜!

□■□■□■□■□

多少古さは感じるんやけど、70年代前半の独特の空気感(社会事情)があってこその映画ともいえるんで、ぜひ色んな人に観てもらいたい傑作やねー♪

観たことない人は、古いからって敬遠せずにぜひ観てね〜

ま、この映画については語りつくされてるんで、こんな簡単な感じで!

個人的満足度 80点!

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

地味ぃ〜ですよ。

投稿日:2005/12/13 レビュアー:Bikke兄

刑事コンビ物ハードボイルドの名作です。
ジーン・ハックマンもロイ・シャイダーも若いです!若いけどメチャ渋です。アクションもあり、カーチェイスは手に汗握ります。

しかし、リアリティに拘るあまりか古さなのか、あまりに地味です。
奥さんは途中で寝てました(苦笑)。
ストーリー、キャラ設定、役者、全て最高で傑作なんだけど。地味だけど地下鉄のシーンも好きです。

最近のアクション刑事物に慣れてる方には、チョット辛いかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ニューヨーク市警25時ネタバレ

投稿日:2008/06/03 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あれ、意外とレビュー少ないな。もはや古典として忘れられた存在なのでしょうか。昨今のド派手なアクションを期待すると肩すかしを食らいますが、ドキュメンタリーを倣ったかの荒々しい表現手法は、よくあるTV特番の『密着!なんたら警察』という番組を想起させるリアルさに満ちています。

冒頭での殺人シーン。サンドイッチをほおばりながら黒幕を監視する男は、街の雑踏を抜けフランスパンを買い古びたアパートメントへ帰るのですが、その道すがらの車の音、犬の遠吠えを丁寧にマイクは拾います。帰りついた男は無残にも暗殺者に殺害されるのですが、倒れた男の持つフランスパンを無造作にちぎり口にする暗殺者の姿には、現実に生きた男達の闘いの末路を感じさせるリアリティが滲み出てきます。
フランスからの麻薬密売ルートの黒幕は、オシャレで物腰も柔らかく女性に優しい紳士然とした表の顔を持っており、犯罪を楽しむかの余裕を感じさせる知能犯の凄みを感じさせます。一方彼を追い詰めるニューヨーク市警のポパイ刑事は、粗野でだらしなくスケベなブーツフェチでありますが、犯罪者を追う鬼気迫る執念には正義漢ではなく熱血漢といった、職務の追及を楽しんでいる男の美学・スタイルといったものを強く感じます。この2人の対峙を、語らずも滲み出る描写で上手く表す張り込みと尾行シーンは、静的でありながらな煮えたぎるような熱気を感じさせる対決となり彼等の人格さえも浮き彫りにします。
ぐっと我慢のポパイが爆発するカーチェイスシーンはやはり圧巻で、よく見ると破壊は控えめなのですが、カメラと編集の妙なのでしょうか2転3転する追跡劇にはなんど観ても興奮させられる迸りがあり、どっしりとしたアクションの醍醐味があります。
更には終盤での乱戦における混乱と、闇へと消え去るラストには混沌をも表現しており、ただのアクション映画ではないという趣を残す終幕の余韻は長く尾を引くのです。

状況説明が少ないため理解に苦しむ箇所もあるのですが、タレこみ屋とか市民の車を徴用するとか、本作から始まったのではと思わせる警察映画の味ともいえる様々なネタに溢れていて、対立する市警とFBIという図式も表されています。
バスの重低音が奏でるBGMは、重苦しく息苦しいまでの苛立たしさと脈打つ鼓動の力強さを思わせます。
緊張感を保ちつつも普通の生活を溶け込ませて現実感を付与する巧みさは、活きたアクション映画の原点としてもっと評価されてもよいと思わせる、確かなエネルギーに満ち溢れていることを再確認しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジーン・ハックマンって知ってます?

投稿日:2003/08/13 レビュアー:a

彼は日本でそんなに人気ないのか、
他の名優と比べて、名前が出てこない
です。なんでかなぁ。
これが、そのジーン・ハックマンが
2回目のアカデミー賞もらった作品です。
有名なカーチェイスはさすがに、今見たって凄い。

しかし、見所は、ジーン・ハックマン
が演じる「ポパイ」ですね。これ実在の人物なんだそうです
(まあ、実話だからね)。こわ。
悪役を退治する、正義感あふれる主人公じゃなく
獲物を追いかける、チーターとかそんな感じかな。

サンタの格好して全速力で走るおっさん
がこんなに怖い人物とは・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全44件

フレンチ・コネクション