アナスタシア

アナスタシアの画像・ジャケット写真

アナスタシア

全体の平均評価点:(5点満点)

14

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「アナスタシア」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

『タイタンA.E.』のドン・ブルース&ゲイリー・ゴールドマンが、20世紀FOX初のアニメスタジオで製作した第1弾。イングリッド・バーグマンの『追憶』で知られるロマンティックな物語を壮大なスケールでアニメ化。ロシア、ロマノフ王朝の皇女アナスタシアを巡る謎をファンタジックな映像で綴る。声の出演にメグ・ライアン、ジョン・キューザック。宮殿で幸せな日々を送っていた少女アナスタシア。しかし邪悪な魔法使いラスプーチンが皇帝一家にかけた呪いによりロシア革命が勃発。混乱の中、アナスタシアはひとり取り残されてしまう・・・。 JAN:4988142427786

「アナスタシア」 の作品情報

作品情報

製作年: 1997年
原題: ANASTASIA

「アナスタシア」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アメリカ物語

タイタン A.E.

おやゆび姫 サンベリーナ

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

『追想』をアニメ化

投稿日:2006/09/24 レビュアー:kazupon

1956年制作の『追想』
イングリッド・バーグマンが、アナスタシアを演じています。当時彼女が何歳だったのか知りませんが、とても美しく気品があります。衣装も美しく、ロシア・ロマノフ王朝の華やかさが偲ばれます。ユル・ブリンナーも精悍で素敵です。
アニメ化された本作では、子供向けに(?)魔法使いが出てきたり、重要なアイテムにオルゴールが使われます。
ミュージカル仕立てで、苦手な方もいらっしゃるかも知れませんが、けっこう楽しく『追想』よりも分かり易く出来ていると思います。
アナスタシアの声をメグ・ライアンが。(可愛らしいですよ。)
映画とアニメ。見比べてみるのもお勧めです。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

56年の『追想』がかなりベースになっています

投稿日:2006/03/13 レビュアー:オタエドン

イントロには『追憶』と、よく似た題名が書かれていますが・・・
数千本あるビデオを3〜4年計画で整理を始めています。アニメコーナーに取り掛かっていたところで、ついつい観直してしまいました。結構楽しめましたよ。1枚のDVDに2本入るので、後ろに『追想』を入れながら、やっぱり見直しちゃった〜〜アホやな〜!と思いつつ、さすがに、ユル・ブりンナーやイングリット・バーグマンの演技には、アニメでも敵わないな〜と。アニメの方で、全くそっくり真似したシーンもあり、こうして見比べてみるのも、結構面白いかも!!人物像なんか、ほんにそっくりよ。ラスプーチンを悪者魔法使いに登場させるあたり、なかなか考えたな〜と感じましたが。ロシア・ロマノフ王朝の歴史への興味も湧いたかな?さて、アニメが終了したら、モノクロなクラシック作品に取り掛かる予定。一番古い作品が1916年の『イントレランス』、19年の『国民の創世』あたりかな。さすがに『月世界旅行』は保存していなかった。見直しながら、はまるとするか。最後の方、このアニメとは関係ないレビューになって、申し訳ない。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

これは単なるアニメにあらず…

投稿日:2006/10/14 レビュアー:ジャスミンティー

アナスタシア…メグ・ライアン
ディミトリー…ジョン・キューザック
この二人が声で出演してます。(豪華!ピッタリ!)

製作に3年を費やしたそうで、音楽、絵、どれをとっても
見ごたえあり!

家族でハラハラ・ドキドキしながら(大人も十分楽しめる)
ストーリーです。

悪役のラスプーチンもまわりの家来(?)共々、邪悪さと
コミカルな両面でナカナカ愛嬌のある憎めないキャラになって
ます。(小さなお子さんは怖いかな?)

とにかく、アニメでも、ミュージカル、そして
立派にラブストーリを兼ね備えた作品なのです。

未見の方はぜひ見て下さい!
アニメでも、十分満足しますよ!

『ONCE A PONA DECENBER』
大事な【オルゴール】と共に流れる思い出の曲…
素敵な曲です!

メイキングも見て楽しんでください!
★★★★☆

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

結局、わんこ ネタバレ

投稿日:2009/01/15 レビュアー:メ・モスケ君

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近ロシアに興味があるので借りてみた。
(それならロシアやソ連の映画借りろよってツッコミはおいといて)
2,3ヶ月前のある日、ロシア建築(たまねぎ)にふと興味がわいたのがきっかけで
ロシアがマイブーム。一番すきなのは聖ワシリィ大聖堂。
他にも、意外と宮殿とか豪華でロマンチックでメルヘンなのもいいし、
ソ連時代の巨大建築物も見逃せない。
だけど、外務省海外安全ホームページによると紛争地域でなくてもロシア全域に
「十分注意してください」と注意報が載っていたり、不良警官やテロも心配で
やっぱり旅行に行くには勇気がいる国ではあるのだ。
治安さえ良ければ今一番行ってみた国かもしれないのに。

この映画を見てもロシアをそんなに学べないけれど、
アナスタシア伝説ははじめて知った。そんなミステリアスな伝説があったなんて!
アナスタシアはじゃじゃ馬な子。ノラ猫みたいな子でもある。
想像通りのロマンチックなお話なのだが、そういう子だから素直に応援できる。
この映画は実はディスニーじゃないと聞いたのだが、
アニメとはいえファッションがディスニー作品より何気にかわいいと思う。
シャネルで買い物するし。おばぁさんのドレスもセンスいい。
でも、この映画で一番キュンとくるのは、わんこだ。(名前は忘れた)
ウラジミールとかいうオッサンに妙になついているのもキュンとくるし、
王冠をのっけてる姿もキュンとくるし、究めつけはラスト!
キスシーンが恥ずかしくて、耳で目を隠す仕草はたまらなく胸キュン!
このわんこ君はこの映画の一番の見所だと思います。

『追憶』もみてみたい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ある意味、実話でもあるので

投稿日:2006/08/28 レビュアー:猫ぱんち

話を広がらせることが逆に難しかったのかな?とも思います。盛り上がりに欠け、中途半端な出来になってしまっていますね。夜中に観たので、途中、居眠りしてしまいました。映画館で観た予告はもっと面白そうだった記憶があるんだけどな…。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全14件

アナスタシア

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:14件

『追想』をアニメ化

投稿日

2006/09/24

レビュアー

kazupon

1956年制作の『追想』
イングリッド・バーグマンが、アナスタシアを演じています。当時彼女が何歳だったのか知りませんが、とても美しく気品があります。衣装も美しく、ロシア・ロマノフ王朝の華やかさが偲ばれます。ユル・ブリンナーも精悍で素敵です。
アニメ化された本作では、子供向けに(?)魔法使いが出てきたり、重要なアイテムにオルゴールが使われます。
ミュージカル仕立てで、苦手な方もいらっしゃるかも知れませんが、けっこう楽しく『追想』よりも分かり易く出来ていると思います。
アナスタシアの声をメグ・ライアンが。(可愛らしいですよ。)
映画とアニメ。見比べてみるのもお勧めです。

56年の『追想』がかなりベースになっています

投稿日

2006/03/13

レビュアー

オタエドン

イントロには『追憶』と、よく似た題名が書かれていますが・・・
数千本あるビデオを3〜4年計画で整理を始めています。アニメコーナーに取り掛かっていたところで、ついつい観直してしまいました。結構楽しめましたよ。1枚のDVDに2本入るので、後ろに『追想』を入れながら、やっぱり見直しちゃった〜〜アホやな〜!と思いつつ、さすがに、ユル・ブりンナーやイングリット・バーグマンの演技には、アニメでも敵わないな〜と。アニメの方で、全くそっくり真似したシーンもあり、こうして見比べてみるのも、結構面白いかも!!人物像なんか、ほんにそっくりよ。ラスプーチンを悪者魔法使いに登場させるあたり、なかなか考えたな〜と感じましたが。ロシア・ロマノフ王朝の歴史への興味も湧いたかな?さて、アニメが終了したら、モノクロなクラシック作品に取り掛かる予定。一番古い作品が1916年の『イントレランス』、19年の『国民の創世』あたりかな。さすがに『月世界旅行』は保存していなかった。見直しながら、はまるとするか。最後の方、このアニメとは関係ないレビューになって、申し訳ない。

これは単なるアニメにあらず…

投稿日

2006/10/14

レビュアー

ジャスミンティー

アナスタシア…メグ・ライアン
ディミトリー…ジョン・キューザック
この二人が声で出演してます。(豪華!ピッタリ!)

製作に3年を費やしたそうで、音楽、絵、どれをとっても
見ごたえあり!

家族でハラハラ・ドキドキしながら(大人も十分楽しめる)
ストーリーです。

悪役のラスプーチンもまわりの家来(?)共々、邪悪さと
コミカルな両面でナカナカ愛嬌のある憎めないキャラになって
ます。(小さなお子さんは怖いかな?)

とにかく、アニメでも、ミュージカル、そして
立派にラブストーリを兼ね備えた作品なのです。

未見の方はぜひ見て下さい!
アニメでも、十分満足しますよ!

『ONCE A PONA DECENBER』
大事な【オルゴール】と共に流れる思い出の曲…
素敵な曲です!

メイキングも見て楽しんでください!
★★★★☆

結局、わんこ

投稿日

2009/01/15

レビュアー

メ・モスケ君

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最近ロシアに興味があるので借りてみた。
(それならロシアやソ連の映画借りろよってツッコミはおいといて)
2,3ヶ月前のある日、ロシア建築(たまねぎ)にふと興味がわいたのがきっかけで
ロシアがマイブーム。一番すきなのは聖ワシリィ大聖堂。
他にも、意外と宮殿とか豪華でロマンチックでメルヘンなのもいいし、
ソ連時代の巨大建築物も見逃せない。
だけど、外務省海外安全ホームページによると紛争地域でなくてもロシア全域に
「十分注意してください」と注意報が載っていたり、不良警官やテロも心配で
やっぱり旅行に行くには勇気がいる国ではあるのだ。
治安さえ良ければ今一番行ってみた国かもしれないのに。

この映画を見てもロシアをそんなに学べないけれど、
アナスタシア伝説ははじめて知った。そんなミステリアスな伝説があったなんて!
アナスタシアはじゃじゃ馬な子。ノラ猫みたいな子でもある。
想像通りのロマンチックなお話なのだが、そういう子だから素直に応援できる。
この映画は実はディスニーじゃないと聞いたのだが、
アニメとはいえファッションがディスニー作品より何気にかわいいと思う。
シャネルで買い物するし。おばぁさんのドレスもセンスいい。
でも、この映画で一番キュンとくるのは、わんこだ。(名前は忘れた)
ウラジミールとかいうオッサンに妙になついているのもキュンとくるし、
王冠をのっけてる姿もキュンとくるし、究めつけはラスト!
キスシーンが恥ずかしくて、耳で目を隠す仕草はたまらなく胸キュン!
このわんこ君はこの映画の一番の見所だと思います。

『追憶』もみてみたい。

ある意味、実話でもあるので

投稿日

2006/08/28

レビュアー

猫ぱんち

話を広がらせることが逆に難しかったのかな?とも思います。盛り上がりに欠け、中途半端な出来になってしまっていますね。夜中に観たので、途中、居眠りしてしまいました。映画館で観た予告はもっと面白そうだった記憶があるんだけどな…。

1〜 5件 / 全14件