1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. ミッドナイト・キラー
No.54 RANKING

ミッドナイト・キラー

ミッドナイト・キラーの画像・ジャケット写真

ミッドナイト・キラー / ブルース・ウィリス

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

新作

ジャンル :

「ミッドナイト・キラー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

新作

解説・ストーリー

ミーガン・フォックス、ブルース・ウィリス共演によるクライムサスペンス。フロリダ州警察の刑事・バイロンは、若い女性を狙う連続殺人事件を捜査していた。一方、FBIのレベッカは相棒と共に危険なおとり捜査を続け、同じ事件の犯人を追っていた。

「ミッドナイト・キラー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

アメリカ

原題:

MIDNIGHT IN THE SWITCHGRASS

「ミッドナイト・キラー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ラウンド ミッドナイト

ロック・ザ・カスバ!

ラッキーナンバー7

シン・シティ

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

若い女性を狙うシリアルキラーを追うクライムサスペンス

投稿日:2022/08/21 レビュアー:hinakksk

 ブルース・ウィリスが認知症であることを公表し、映画から引退すると報じられたので、最後に彼の勇姿をと思い、最近の作品のなかから今作をチョイス。ジャケット写真や解説では主演のように扱われていますが、彼の病状を考えれば当然ながら、今作では脇役に徹していて、登場場面も多くはありません。それでもFBI捜査官役を誠実に演じていて、彼らしい存在感を発揮しています。困難な状況のなかでも、ギリギリまで映画に出演し続けようとした熱意には頭が下がります。

 舞台は、2004年、フロリダ州ペンサコーラ、数年前から20歳前後の若い女性ばかりを狙った連続殺人事件が起きており、州警察フロリダ支部(FDLE)の刑事バイロン・クロフォード(エミール・ハーシュ)は熱心に犯人を追っているが、上司はこれ以上捜査の必要はないと反対し、地元警察も協力的ではない。被害者が売春婦や薬物依存者ばかりなので、自業自得だと考えられているのだ。バイロンは、人の命の重さには変わりがないと、捜査を続ける。

 一方、FBI捜査官レベッカ・ロンバルディ(ミーガン・フォックス)とカール・へルター(ブルース・ウィリス)もまた、上司の反対を押し切って、危険なおとり捜査によって同じ犯人を逮捕しようとしていたが、ターゲットが現れず、失敗続き。カールは、危険すぎるとレベッカに警告して、帰還命令に従って帰ってしまうが、諦めきれないレベッカはひとりでおとり捜査を続けようとする。捜査の過程で出会ったバイロンが、カールに代わって協力することになる。

 映画が始まって間もなく犯人は明らかにされており、次々と犠牲者が出るなか、捜査陣がいかにしてその連続殺人犯にたどり着くのかという展開になっています。テレビドラマのクライムサスペンスのような内容ですが、それなりにコンパクトにまとまっています。ただ、犯人に至る結末があっけなく、しかも最後に一番活躍するのは女性たちで、男性がちょっと頼りないのが残念です。原題にあるスイッチグラスというのは、背丈のあるイネ科の植物で、遺体が遺棄された現場や犯人から逃げる場面等で、スイッチグラスの草地が印象的に使われています。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2022/08/11 レビュアー:ビリケン

2点

面白くなかった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

今回の作品では

投稿日:2022/09/21 レビュアー:smart

ブルース・ウィリスはわき役ですね

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

つまらん!

投稿日:2022/08/21 レビュアー:あっちゃん

ブルース・ウィリスが主役じゃないのはわかっていたが、冒頭からあまりにもつまらない感じがしたので、30分で観るのをやめた。せめて吹替が収録されていればもう少し観てたかもしれない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ミッドナイト・キラー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

若い女性を狙うシリアルキラーを追うクライムサスペンス

投稿日

2022/08/21

レビュアー

hinakksk

 ブルース・ウィリスが認知症であることを公表し、映画から引退すると報じられたので、最後に彼の勇姿をと思い、最近の作品のなかから今作をチョイス。ジャケット写真や解説では主演のように扱われていますが、彼の病状を考えれば当然ながら、今作では脇役に徹していて、登場場面も多くはありません。それでもFBI捜査官役を誠実に演じていて、彼らしい存在感を発揮しています。困難な状況のなかでも、ギリギリまで映画に出演し続けようとした熱意には頭が下がります。

 舞台は、2004年、フロリダ州ペンサコーラ、数年前から20歳前後の若い女性ばかりを狙った連続殺人事件が起きており、州警察フロリダ支部(FDLE)の刑事バイロン・クロフォード(エミール・ハーシュ)は熱心に犯人を追っているが、上司はこれ以上捜査の必要はないと反対し、地元警察も協力的ではない。被害者が売春婦や薬物依存者ばかりなので、自業自得だと考えられているのだ。バイロンは、人の命の重さには変わりがないと、捜査を続ける。

 一方、FBI捜査官レベッカ・ロンバルディ(ミーガン・フォックス)とカール・へルター(ブルース・ウィリス)もまた、上司の反対を押し切って、危険なおとり捜査によって同じ犯人を逮捕しようとしていたが、ターゲットが現れず、失敗続き。カールは、危険すぎるとレベッカに警告して、帰還命令に従って帰ってしまうが、諦めきれないレベッカはひとりでおとり捜査を続けようとする。捜査の過程で出会ったバイロンが、カールに代わって協力することになる。

 映画が始まって間もなく犯人は明らかにされており、次々と犠牲者が出るなか、捜査陣がいかにしてその連続殺人犯にたどり着くのかという展開になっています。テレビドラマのクライムサスペンスのような内容ですが、それなりにコンパクトにまとまっています。ただ、犯人に至る結末があっけなく、しかも最後に一番活躍するのは女性たちで、男性がちょっと頼りないのが残念です。原題にあるスイッチグラスというのは、背丈のあるイネ科の植物で、遺体が遺棄された現場や犯人から逃げる場面等で、スイッチグラスの草地が印象的に使われています。

7点満点中

投稿日

2022/08/11

レビュアー

ビリケン

2点

面白くなかった。

今回の作品では

投稿日

2022/09/21

レビュアー

smart

ブルース・ウィリスはわき役ですね

つまらん!

投稿日

2022/08/21

レビュアー

あっちゃん

ブルース・ウィリスが主役じゃないのはわかっていたが、冒頭からあまりにもつまらない感じがしたので、30分で観るのをやめた。せめて吹替が収録されていればもう少し観てたかもしれない。

1〜 4件 / 全4件