燃えよ剣の画像・ジャケット写真

燃えよ剣 / 岡田准一

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

新作

ジャンル :

「燃えよ剣」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

新作

解説・ストーリー

司馬遼太郎の名作歴史小説を「関ヶ原」の原田眞人監督&岡田准一主演コンビで映画化したスペクタクル歴史ドラマ。武士の理想を胸に、最期まで時代の流れに抵抗し続けた新選組副長・土方歳三の戦に明け暮れた壮絶な人生を圧倒的なスケールで描き出す。共演は柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明。けんかに明け暮れていた武州多摩の“バラガキ”土方歳三は、武士になるという夢を追い、盟友の近藤勇、沖田総司らと京都へ向かう。やがて元水戸藩士の芹沢鴨と手を組み、京都守護職を拝命した会津藩預かりとなり、市中を警護する新選組を結成する。副長となった土方は組織を厳しく統率し、討幕派勢力の制圧に八面六臂の活躍を見せていく。そんな中、絵師のお雪と出会い、恋に落ちる土方だったが…。 JAN:4988104130488

「燃えよ剣」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

日本

「燃えよ剣」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

セミオトコ

タフ 3 ビジネス殺戮篇

食堂かたつむり

関ヶ原

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

投稿日:2022/06/25 レビュアー:ビンス

時代劇で新選組を描き
岡田君やら鈴木君やら
信頼のおける豪華キャスト
期待せずにはいられない素材が揃っていたけど
いざ幕が上がってみると
そり立つような壁に道を塞がれたような気分。
きっと伝える側が伝えたいことも
10分の1も伝わらなかったのでは
そう思えてならない消化不良感で幕を下ろされました。
映画から伝わる「質感」は素晴らしく
大変好み
それは「視覚」から伝わる情報。
しかし「聴覚」から伝わる情報が
伝わらなければいけない情報が伝わってこない
何を言っているのか聞き取れない。
雰囲気でしか流れがつかめない。
DVDには字幕が付いているのだろうか。
是非とも付けるべきだし
付けていないなら愚策の「時すでに遅し」。
この時代に疎い人間からすれば
知りたいと思っていたのに
壁に阻まれて「初心者お断り」って言われているような。
文字通り壁に音が遮断される。
きっと歴史好きには
多少聞こえなくともわかる内容なのだろうし。
この辺は日本人として当然知ってなければいけない事なのかもしれない。
がしかし初心者マーク付けてる人に
もすこし親切にしてくれてもいいんでない?
そのせいもあって
2時間30分という長尺の時間が
より長く感じてしまいました。
キャスト的には
違和感しかない芸人ふたり以外は
とてもマッチしていたと思います。
特に沖田を演じた山田君のハマりっぷりと
土方の想い人を演じた柴咲コウちゃんが良かった。
強さのある瞳のコウちゃんが
「お慕い申し上げます」的な瞳でみつめる様は
その「ほぼすっぴん」なのでは?というお顔立ちと相まって
非常にに「こちらがお慕い申し上げます」気分になります。
あ、芹沢を演じた伊藤くんのモミアゲには笑ってしまったけど。

岡田君は
土方の特徴的な歩き方とか
改めて言うまでもないぐらいの所作の美さとか
今回も研究やら研鑽やら「道の積み重ね方」が凄くて
歴史もの、時代劇に必要不可欠な
現代の最重要人物と言ってもいいのではないかと思います。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

大河ドラマ(青天を衝け)とがぶってしまったけど。。

投稿日:2022/06/17 レビュアー:じゃじゃまる

岡田准一主演「燃えよ剣」を見ました
共演鈴木亮平、柴崎コウ、伊藤英明、山田涼介、などなど。。

土方歳三の一生と、幕末、新選組、戊辰戦争を描いた映画です

コロナで公開が1年以上延期されました

今大河で、幕末〜明治を描いているので、面白いのは大河とこの映画での徳川慶喜の立ち位置です。

描き方でこんなに違うのね、と思いました(こっちの慶喜はちょっとやばいやつです。目の下のクマがやばい)

撮影場所に何度も訪れた長谷寺が使われていたようで、見覚えのある風景が広がりました。

2時間半の長い映画ですが、やっぱり詰め込みすぎの感がありました

鴨が切られるところで前編、戊辰戦争で後編、のほうが、楽しめたと思いました

なんか、さらっといった感じがしました

せっかく伊藤英明がいい味だしてたのに。。(しかし、芹沢鴨ってあそこまで酒癖の悪い破綻者だったのか、、と思ってしまった)

池田屋ももっと詳しくやってほしかったな。
多少脚色してもいいから、岡田君の殺陣が見たかったニャー(どうも史実では2手に分かれていたので、土方は最後で押し入っていたようです)


そうそう、この映画、はんにゃ(お笑いコンビ)の金田とウーマンラッシュアワーの村本が出てますよ。
結構重要な役です。(まじめな役です)

最初、似てるなーと思ってたらエンドロールで、やっぱり本人だったのか、と思いました

見慣れた京都の街並みも随所に映って、ああ〜コロナ禍で、2年近く行ってないなーと思いました

有名俳優もちょこちょこ出ている豪華なキャストです。


大河と時代がかぶるので、やっぱ大河のほうが詳しいので、物足りなかったかな?

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

土方歳三の生涯

投稿日:2022/09/20 レビュアー:だいこんさん

いいですね、岡田クンの土方。男前だわ、性格まで。
だいたいイメージしてた土方歳三の感じでした。
五稜郭で死ぬまでの長い闘いの日々。侍でなかったが故の武士道への執着とかよくわかる気がする。

惜しむらくは長すぎる物語を2時間半で収めようとした点。せめて上下2作とかにしてもう少し詳しく描いてほしかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

土方歳三回想録

投稿日:2022/07/30 レビュアー:こうさま

司馬遼太郎原作、激動の幕末時代を新選組副長「土方歳三回顧録」のような視点で映画化した作品で監督の原田眞人は戦国時代の終わりを描いた「関ケ原」、太平洋戦争の終末である「日本のいちばん長い日」でもメガホンをとり、本作は幕府政治の終焉を表現している。
ペリーが浦賀に来航し長く続いた武家による政治に亀裂が入り出し、尊王攘夷論が盛り上がり新時代へと移行して行く激動の幕末時代、そんな中で京都の不逞浪士を取り締まる目的で結成された「新選組」有名な「池田屋事件」で討幕派を一掃したことで恐れられるようになる。
盟友近藤勇を組長として副長の地位についた土方、芹沢鴨一派を一掃し、近藤の理想とする組織にしようと奔走する土方、本作では土方の思想的な部分はあまり強調されず、愚直に士道を追い求め、武士であろうとする土方歳三が描かれている。
薩長同盟をきっかけとして時流は一気に変化し、大政奉還の後は旧幕府派と新政府との戦いとなり今まで官軍だったはずの土方も賊軍となるが、戦場を京都から会津そして蝦夷地に移してもなお土方歳三は戦い続ける。
盟友近藤勇や沖田総司がいなくなっても最後まで剣を納めなかった土方歳三の生きざまはなかなか強烈である。
複雑な歴史背景のあったこの時代に最後まで武士道を貫こうとしたこの男は時代のあだ花だったのだろうか、それともヒーローの一人だったのか。
原作とはチト違うとらえ方はなかなか面白い。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

燃えよ剣

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

投稿日

2022/06/25

レビュアー

ビンス

時代劇で新選組を描き
岡田君やら鈴木君やら
信頼のおける豪華キャスト
期待せずにはいられない素材が揃っていたけど
いざ幕が上がってみると
そり立つような壁に道を塞がれたような気分。
きっと伝える側が伝えたいことも
10分の1も伝わらなかったのでは
そう思えてならない消化不良感で幕を下ろされました。
映画から伝わる「質感」は素晴らしく
大変好み
それは「視覚」から伝わる情報。
しかし「聴覚」から伝わる情報が
伝わらなければいけない情報が伝わってこない
何を言っているのか聞き取れない。
雰囲気でしか流れがつかめない。
DVDには字幕が付いているのだろうか。
是非とも付けるべきだし
付けていないなら愚策の「時すでに遅し」。
この時代に疎い人間からすれば
知りたいと思っていたのに
壁に阻まれて「初心者お断り」って言われているような。
文字通り壁に音が遮断される。
きっと歴史好きには
多少聞こえなくともわかる内容なのだろうし。
この辺は日本人として当然知ってなければいけない事なのかもしれない。
がしかし初心者マーク付けてる人に
もすこし親切にしてくれてもいいんでない?
そのせいもあって
2時間30分という長尺の時間が
より長く感じてしまいました。
キャスト的には
違和感しかない芸人ふたり以外は
とてもマッチしていたと思います。
特に沖田を演じた山田君のハマりっぷりと
土方の想い人を演じた柴咲コウちゃんが良かった。
強さのある瞳のコウちゃんが
「お慕い申し上げます」的な瞳でみつめる様は
その「ほぼすっぴん」なのでは?というお顔立ちと相まって
非常にに「こちらがお慕い申し上げます」気分になります。
あ、芹沢を演じた伊藤くんのモミアゲには笑ってしまったけど。

岡田君は
土方の特徴的な歩き方とか
改めて言うまでもないぐらいの所作の美さとか
今回も研究やら研鑽やら「道の積み重ね方」が凄くて
歴史もの、時代劇に必要不可欠な
現代の最重要人物と言ってもいいのではないかと思います。

大河ドラマ(青天を衝け)とがぶってしまったけど。。

投稿日

2022/06/17

レビュアー

じゃじゃまる

岡田准一主演「燃えよ剣」を見ました
共演鈴木亮平、柴崎コウ、伊藤英明、山田涼介、などなど。。

土方歳三の一生と、幕末、新選組、戊辰戦争を描いた映画です

コロナで公開が1年以上延期されました

今大河で、幕末〜明治を描いているので、面白いのは大河とこの映画での徳川慶喜の立ち位置です。

描き方でこんなに違うのね、と思いました(こっちの慶喜はちょっとやばいやつです。目の下のクマがやばい)

撮影場所に何度も訪れた長谷寺が使われていたようで、見覚えのある風景が広がりました。

2時間半の長い映画ですが、やっぱり詰め込みすぎの感がありました

鴨が切られるところで前編、戊辰戦争で後編、のほうが、楽しめたと思いました

なんか、さらっといった感じがしました

せっかく伊藤英明がいい味だしてたのに。。(しかし、芹沢鴨ってあそこまで酒癖の悪い破綻者だったのか、、と思ってしまった)

池田屋ももっと詳しくやってほしかったな。
多少脚色してもいいから、岡田君の殺陣が見たかったニャー(どうも史実では2手に分かれていたので、土方は最後で押し入っていたようです)


そうそう、この映画、はんにゃ(お笑いコンビ)の金田とウーマンラッシュアワーの村本が出てますよ。
結構重要な役です。(まじめな役です)

最初、似てるなーと思ってたらエンドロールで、やっぱり本人だったのか、と思いました

見慣れた京都の街並みも随所に映って、ああ〜コロナ禍で、2年近く行ってないなーと思いました

有名俳優もちょこちょこ出ている豪華なキャストです。


大河と時代がかぶるので、やっぱ大河のほうが詳しいので、物足りなかったかな?

土方歳三の生涯

投稿日

2022/09/20

レビュアー

だいこんさん

いいですね、岡田クンの土方。男前だわ、性格まで。
だいたいイメージしてた土方歳三の感じでした。
五稜郭で死ぬまでの長い闘いの日々。侍でなかったが故の武士道への執着とかよくわかる気がする。

惜しむらくは長すぎる物語を2時間半で収めようとした点。せめて上下2作とかにしてもう少し詳しく描いてほしかった。

土方歳三回想録

投稿日

2022/07/30

レビュアー

こうさま

司馬遼太郎原作、激動の幕末時代を新選組副長「土方歳三回顧録」のような視点で映画化した作品で監督の原田眞人は戦国時代の終わりを描いた「関ケ原」、太平洋戦争の終末である「日本のいちばん長い日」でもメガホンをとり、本作は幕府政治の終焉を表現している。
ペリーが浦賀に来航し長く続いた武家による政治に亀裂が入り出し、尊王攘夷論が盛り上がり新時代へと移行して行く激動の幕末時代、そんな中で京都の不逞浪士を取り締まる目的で結成された「新選組」有名な「池田屋事件」で討幕派を一掃したことで恐れられるようになる。
盟友近藤勇を組長として副長の地位についた土方、芹沢鴨一派を一掃し、近藤の理想とする組織にしようと奔走する土方、本作では土方の思想的な部分はあまり強調されず、愚直に士道を追い求め、武士であろうとする土方歳三が描かれている。
薩長同盟をきっかけとして時流は一気に変化し、大政奉還の後は旧幕府派と新政府との戦いとなり今まで官軍だったはずの土方も賊軍となるが、戦場を京都から会津そして蝦夷地に移してもなお土方歳三は戦い続ける。
盟友近藤勇や沖田総司がいなくなっても最後まで剣を納めなかった土方歳三の生きざまはなかなか強烈である。
複雑な歴史背景のあったこの時代に最後まで武士道を貫こうとしたこの男は時代のあだ花だったのだろうか、それともヒーローの一人だったのか。
原作とはチト違うとらえ方はなかなか面白い。

1〜 4件 / 全4件