1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. アジアTVドラマのDVDレンタル
  4. 時代劇のDVDレンタル
  5. 哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜
No.57 RANKING

哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜

哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜の画像・ジャケット写真

哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜 / シン・ヘソン

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

新作

「哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

新作

解説・ストーリー

シン・ヘソンとキム・ジョンヒョン共演によるラブコメ時代劇第17巻。大統領官邸のシェフ、チャン・ボンファンは超のつく女たらし。何者かの策略でとある事件の容疑者にされたボンファンは、逃げようとしてプールに落ち…。第33話と第34話を収録。

「哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

韓国

原題:

????/Mr.Queen

「哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

私の娘コンニム

恋の記憶は24時間〜マソンの喜び〜

ウラチャチャ My Love

コレクターズ 〜ソウルに眠る宝刀を盗み出せ〜

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

笑った!笑った!超お勧め!

投稿日:2022/06/08 レビュアー:ken_ken

タイムスリップものだけどこれがまた新しい。

大統領官邸のイケメンシェフのチェ・ジニョク氏(役名はどうでもいい)。ホテル上階からプールに落ち、目覚めたのが1850年代の朝鮮時代。おまけに身体は王妃(哲仁王后)だった・・・
男が女にタイムスリップって、またまた新しい形です。

※中国ドラマのリメイクでした。作風が違うので別物といった感じですが。

おしとやかな王妃(シン・ヘソン)が急にわけわからんことを言い出し、男みたいに活発になるギャップを担当するシン・ヘソンのはっちゃけぶりに驚きです。シン・ヘソンさん、あれ、こんなに背が高かった?こんなにコメディーうまかった?彼女が韓服で王宮を縦横無尽する姿は、なんか気持ちいい!

昼行燈を装っている王様(キム・ジョンヒョン)は、不正を働く一族出身の王妃を嫌っていたが、この変貌ぶりに戸惑う・・・よくあるパターンだけど楽しい!

王妃の心の声、チェ・ジニョク氏の声の良さで、本人出ていなくても存在感あり過ぎで嬉しい!

前半は、王妃に振り回される王様、王室の面々、側近たちとのドタバタ劇で、久しぶりにドラマで大笑いさせて頂きました。

王妃の側近の女官に目新しい役者さん(私的には)を配置していて、この2人がとてもよかった。
特に、若い女官のシーンでの楽しい演出がドツボでした。そよかぜです!

序盤のチェ・ジニョク氏のくだりを抜けると、最後まで一気に嵌るドラマです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

哲仁王后(チョルインワンフ)〜俺がクイーン!?〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

笑った!笑った!超お勧め!

投稿日

2022/06/08

レビュアー

ken_ken

タイムスリップものだけどこれがまた新しい。

大統領官邸のイケメンシェフのチェ・ジニョク氏(役名はどうでもいい)。ホテル上階からプールに落ち、目覚めたのが1850年代の朝鮮時代。おまけに身体は王妃(哲仁王后)だった・・・
男が女にタイムスリップって、またまた新しい形です。

※中国ドラマのリメイクでした。作風が違うので別物といった感じですが。

おしとやかな王妃(シン・ヘソン)が急にわけわからんことを言い出し、男みたいに活発になるギャップを担当するシン・ヘソンのはっちゃけぶりに驚きです。シン・ヘソンさん、あれ、こんなに背が高かった?こんなにコメディーうまかった?彼女が韓服で王宮を縦横無尽する姿は、なんか気持ちいい!

昼行燈を装っている王様(キム・ジョンヒョン)は、不正を働く一族出身の王妃を嫌っていたが、この変貌ぶりに戸惑う・・・よくあるパターンだけど楽しい!

王妃の心の声、チェ・ジニョク氏の声の良さで、本人出ていなくても存在感あり過ぎで嬉しい!

前半は、王妃に振り回される王様、王室の面々、側近たちとのドタバタ劇で、久しぶりにドラマで大笑いさせて頂きました。

王妃の側近の女官に目新しい役者さん(私的には)を配置していて、この2人がとてもよかった。
特に、若い女官のシーンでの楽しい演出がドツボでした。そよかぜです!

序盤のチェ・ジニョク氏のくだりを抜けると、最後まで一気に嵌るドラマです。

1〜 1件 / 全1件