1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書
No.119 RANKING

シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書

シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書の画像・ジャケット写真

シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書 / ヴィクトル・グリゴリエフ

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

新作

ジャンル :

「シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

新作

解説・ストーリー

地球の命運を託された少年の冒険と成長を描くウクライナ製ジュブナイル・ファンタジーアドベンチャー。異星人同士の抗争に巻き込まれた夢見がちな少年・ヴラドが、奇妙な変圧器型ロボット・ボボットらと共に、地球と人類を守るべく立ち上がる。

「シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書」 の作品情報

作品情報

製作年:

2018年

製作国:

ウクライナ

原題:

THE BOBOT

「シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ウクライナの子供らに、日常が戻りますように。

投稿日:2022/07/03 レビュアー:ぴよさん

 ウクライナ製、2018年だからつい4年前の作品という事実。同年に公開されたセルゲイ・ロズニ
ツァ監督の『ドンバス』は、現在のロシア侵攻に至る東部ドンバス地方の内戦を描いており、既に
不穏な空気が立ち込めていたことが分かる。

 そんな中で作られた、ダーク・ジュブナイル。ボーイスカウト中の少年が、地球の命運を左右する
事態に巻き込まれる…というのは見事に定番だが、ハリウッド的な文法では描かれない。少年はどこ
か後ろめたさを引きずるように描かれ、爽快感が無い。人類側が「破壊者」でそれを正そうとする
異星人の「回収者」という図式、不穏なビジュアルの回収者達が、しかし悪とは言い切れないという
ヒネリも、観る者を惑わせる。

 原題は『ボボット』 不朽の名SF『禁断の惑星』の「ロビー」を思わせる二足歩行のロボットは、
この21世紀に生まれたとは思えないレトロデザイン。そう言えば「禁惑」のイドの怪物が「モービ
アス博士の潜在意識×研究所の電力」であったのとも設定は似ていて、この映画は「禁惑」オマージュ
なんだと想像できる。

 ビジュアルコンセプトもハリウッド的でなく、スチームパンクならぬスクラップパンクとでも形容
したくなる。ガジェットの数々は子供の精神世界を表しているかのような、オモチャ箱的カオスに満
ちている…ただ全体にウェザリングが過ぎていて、ダスティな印象を残す。


 想像する。普通にキャンプも出来、映画も観られていた日常が、或る日を境に失われることを。
戦争という愚かな選択をする為政者たち。子供らを平穏に暮らせさせることも出来ないなら、異星人
にでもお願いして、排除してもらうしかないな。


このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

シールド・オブ・プラネット 異星人と予言の書

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

ウクライナの子供らに、日常が戻りますように。

投稿日

2022/07/03

レビュアー

ぴよさん

 ウクライナ製、2018年だからつい4年前の作品という事実。同年に公開されたセルゲイ・ロズニ
ツァ監督の『ドンバス』は、現在のロシア侵攻に至る東部ドンバス地方の内戦を描いており、既に
不穏な空気が立ち込めていたことが分かる。

 そんな中で作られた、ダーク・ジュブナイル。ボーイスカウト中の少年が、地球の命運を左右する
事態に巻き込まれる…というのは見事に定番だが、ハリウッド的な文法では描かれない。少年はどこ
か後ろめたさを引きずるように描かれ、爽快感が無い。人類側が「破壊者」でそれを正そうとする
異星人の「回収者」という図式、不穏なビジュアルの回収者達が、しかし悪とは言い切れないという
ヒネリも、観る者を惑わせる。

 原題は『ボボット』 不朽の名SF『禁断の惑星』の「ロビー」を思わせる二足歩行のロボットは、
この21世紀に生まれたとは思えないレトロデザイン。そう言えば「禁惑」のイドの怪物が「モービ
アス博士の潜在意識×研究所の電力」であったのとも設定は似ていて、この映画は「禁惑」オマージュ
なんだと想像できる。

 ビジュアルコンセプトもハリウッド的でなく、スチームパンクならぬスクラップパンクとでも形容
したくなる。ガジェットの数々は子供の精神世界を表しているかのような、オモチャ箱的カオスに満
ちている…ただ全体にウェザリングが過ぎていて、ダスティな印象を残す。


 想像する。普通にキャンプも出来、映画も観られていた日常が、或る日を境に失われることを。
戦争という愚かな選択をする為政者たち。子供らを平穏に暮らせさせることも出来ないなら、異星人
にでもお願いして、排除してもらうしかないな。


1〜 1件 / 全1件