ノイズの画像・ジャケット写真

ノイズ / 藤原竜也

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

新作

ジャンル :

「ノイズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

新作

解説・ストーリー

筒井哲也の同名コミックスを廣木隆一監督が、主演に藤原竜也と松山ケンイチを迎えて実写映画化したサスペンス・ドラマ。“黒イチジク”の栽培で活気を取り戻しつつある過疎の島を舞台に、一人の怪しげなよそ者の登場で島の未来が大きく狂っていく様をスリリングに描く。周囲から孤立した小さな島“猪狩島”に妻子とともに暮らす泉圭太。農園を営む彼が栽培する“黒イチジク”が評判を呼び、過疎に苦しむ島の復興に大きな期待が高まっていた。そんなある日、怪しげな男が働き口を求めて島にやって来る。ところが、圭太とその親友・田辺純、2人の後輩で島に赴任したばかりの新米警官・守屋真一郎の3人は、男ともみ合った末、誤って殺害してしまう。島の未来のために死体の隠ぺいを決意する圭太たちだったが…。 JAN:9999207698762

「ノイズ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2022年

製作国:

日本

「ノイズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

片岡翔

原作:

筒井哲也

音楽:

大友良英

関連作品

関連作品

愛なんていらねえよ、夏

いねむり先生

母と暮せば

ZOO

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

すねた目つきも可愛い

投稿日:2022/05/20 レビュアー:じゃじゃまる

松山ケンイチ(ラブ)、藤原竜也、神木隆之介主演「ノイズ」を見ました
共演黒木華、永瀬正敏、柄本明、余貴美子、などなど

「殺した、埋めた、ばれたら終わり」

イチジク農家として島の再生のホープ圭太と、幼馴染の純。
その島にある日現れた元受刑者。圭太は誤って彼を殺してしまう(ほんとは傷害致死か正当防衛)
しかし、彼の作る「黒イチジク」は過疎の島に、国からの交付金5億が下りてくることが内定していた。
偶然居合わせた幼馴染で新米警官の真一郎とともに、隠すことを決意するが。。

途中までは面白く見ました。さすがに実力者3人のキャストで、どうなるか、ドキドキしながら見てました。
ところがその受刑者の保護司の死体が出たことで、その島に大量の警官と、刑事が押し寄せる。

増えていく死体。。ホントにハラハラしてました

途中で??、あれ、もしかして、、という予感。(大体当たる。。)

ラストはちょっと冗漫になってしまいましたが、役者がいいと最後まで楽しんで見れますね

あまり書くとネタバレになるのでこの辺で。。

やっぱ、マツケンすごい。あのすねた目つきが、こえーーーよ。


このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

寂れた町の救世主、とんだトラブルに遭遇

投稿日:2022/06/23 レビュアー:くまげらの森

「グランドジャンプ」で連載されていた筒井哲也原作「ノイズ【noise】」を廣木隆一監督
によって映画化したクライム・サスペンス。
愛知県の離島の町・猪狩町。何の名産もない寂れてゆくばかりの島。
島で育った泉圭太(藤原竜也)が研究開発した『黒いちじく』がようやく安定供給できるようになり、
島の経済活性化に一役買っていた。
島にとって圭太は「希望の星」だった。
地域振興として5億円の支給が内定しようとしているのだ。

ところが!
出所したばかりの男が保護司と一緒にこの村で面接をうけようとやってくる。
無断でいちじくのビニールハウスに侵入した男は、泉圭太ともみ合いになり
石にぶつかって死んでしまう。幼馴染で農園も手伝っている猟師の純(松山ケンイチ)、
警察官の真一郎(神木隆之介)とともに、アクシデントに立ち尽くす3人・・・。
そして、3人は今事件や問題は起こされないという結論で死体を隠すことにする。

幸い、猟師の純の所にはイノシシ解体用の大きな作業所と冷蔵庫があった。
イノシシのフリをしてブルーシートに死体を包み、移動させたが途中で村の老人
庄吉に観られた。
そこへ庄吉に聞いたと女町長がやってきて、さらに庄吉までやってくる。

おもしろい話である・・・
言ってみれば「ハリーの災難」風で、死体は増えるわ、刑事(永瀬正敏)が乗り込んだところに
あるはずの死体がないわ!秘密はどんどん広がるが、町ぐるみで圭太の難を救う連帯感。

フェリーでの隠蔽工作も映像化されてわかりやすかったし、いちじく畑のロケーションも素晴らしい。
3人の生い立ちもストーリーにちゃんと組入れ、ほぼ8割は原作通りだなと思った。
ところが!!
最後がなんか違う!あれ、こんな感じだったかな?
こんなに松山ケンイチ押しだっけ?違う、藤原竜也の鮮やかなしっぺ返しだったはずだ・・。
それに加奈(黒木華)も、もっとひねてたはずだ・・
私はノベライズを読んだのですが、原作コミックはまた違うらしいです。
うーん、映画は映画として、それなりに楽しめという事でしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

何かが足りない映画でした。

投稿日:2022/06/27 レビュアー:いち映画ファン

音楽、効果音、映像、話の流れ、刑事の服装など、なんか大学の映画研究会が楽しんで制作した
ような映画だったです。時間も長くてもっと上手くまとめられなかったのだろうか。
良い俳優たちを揃えたのに無駄になってしまった気がしました。私個人としては残念でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

地上波2時間ドラマ以下の愚作

投稿日:2022/07/02 レビュアー:felicis

なんで日本映画はこんなにくだらない作品に巨額を投じれるんだろう。
メリハリなくだらだら進みくだらないストーリー。見るために費やした時間を返してほしい。
こんなくだらない映画に金使うなら、日本のアニメ界にもっと投資をしてほしい。
あ〜くだらない。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ノイズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

すねた目つきも可愛い

投稿日

2022/05/20

レビュアー

じゃじゃまる

松山ケンイチ(ラブ)、藤原竜也、神木隆之介主演「ノイズ」を見ました
共演黒木華、永瀬正敏、柄本明、余貴美子、などなど

「殺した、埋めた、ばれたら終わり」

イチジク農家として島の再生のホープ圭太と、幼馴染の純。
その島にある日現れた元受刑者。圭太は誤って彼を殺してしまう(ほんとは傷害致死か正当防衛)
しかし、彼の作る「黒イチジク」は過疎の島に、国からの交付金5億が下りてくることが内定していた。
偶然居合わせた幼馴染で新米警官の真一郎とともに、隠すことを決意するが。。

途中までは面白く見ました。さすがに実力者3人のキャストで、どうなるか、ドキドキしながら見てました。
ところがその受刑者の保護司の死体が出たことで、その島に大量の警官と、刑事が押し寄せる。

増えていく死体。。ホントにハラハラしてました

途中で??、あれ、もしかして、、という予感。(大体当たる。。)

ラストはちょっと冗漫になってしまいましたが、役者がいいと最後まで楽しんで見れますね

あまり書くとネタバレになるのでこの辺で。。

やっぱ、マツケンすごい。あのすねた目つきが、こえーーーよ。


寂れた町の救世主、とんだトラブルに遭遇

投稿日

2022/06/23

レビュアー

くまげらの森

「グランドジャンプ」で連載されていた筒井哲也原作「ノイズ【noise】」を廣木隆一監督
によって映画化したクライム・サスペンス。
愛知県の離島の町・猪狩町。何の名産もない寂れてゆくばかりの島。
島で育った泉圭太(藤原竜也)が研究開発した『黒いちじく』がようやく安定供給できるようになり、
島の経済活性化に一役買っていた。
島にとって圭太は「希望の星」だった。
地域振興として5億円の支給が内定しようとしているのだ。

ところが!
出所したばかりの男が保護司と一緒にこの村で面接をうけようとやってくる。
無断でいちじくのビニールハウスに侵入した男は、泉圭太ともみ合いになり
石にぶつかって死んでしまう。幼馴染で農園も手伝っている猟師の純(松山ケンイチ)、
警察官の真一郎(神木隆之介)とともに、アクシデントに立ち尽くす3人・・・。
そして、3人は今事件や問題は起こされないという結論で死体を隠すことにする。

幸い、猟師の純の所にはイノシシ解体用の大きな作業所と冷蔵庫があった。
イノシシのフリをしてブルーシートに死体を包み、移動させたが途中で村の老人
庄吉に観られた。
そこへ庄吉に聞いたと女町長がやってきて、さらに庄吉までやってくる。

おもしろい話である・・・
言ってみれば「ハリーの災難」風で、死体は増えるわ、刑事(永瀬正敏)が乗り込んだところに
あるはずの死体がないわ!秘密はどんどん広がるが、町ぐるみで圭太の難を救う連帯感。

フェリーでの隠蔽工作も映像化されてわかりやすかったし、いちじく畑のロケーションも素晴らしい。
3人の生い立ちもストーリーにちゃんと組入れ、ほぼ8割は原作通りだなと思った。
ところが!!
最後がなんか違う!あれ、こんな感じだったかな?
こんなに松山ケンイチ押しだっけ?違う、藤原竜也の鮮やかなしっぺ返しだったはずだ・・。
それに加奈(黒木華)も、もっとひねてたはずだ・・
私はノベライズを読んだのですが、原作コミックはまた違うらしいです。
うーん、映画は映画として、それなりに楽しめという事でしょうか。

何かが足りない映画でした。

投稿日

2022/06/27

レビュアー

いち映画ファン

音楽、効果音、映像、話の流れ、刑事の服装など、なんか大学の映画研究会が楽しんで制作した
ような映画だったです。時間も長くてもっと上手くまとめられなかったのだろうか。
良い俳優たちを揃えたのに無駄になってしまった気がしました。私個人としては残念でした。

地上波2時間ドラマ以下の愚作

投稿日

2022/07/02

レビュアー

felicis

なんで日本映画はこんなにくだらない作品に巨額を投じれるんだろう。
メリハリなくだらだら進みくだらないストーリー。見るために費やした時間を返してほしい。
こんなくだらない映画に金使うなら、日本のアニメ界にもっと投資をしてほしい。
あ〜くだらない。

1〜 4件 / 全4件