牛首村の画像・ジャケット写真

牛首村 / Koki,

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

HOT NEW!

ジャンル :

「牛首村」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

HOT NEW!

解説・ストーリー

「呪怨」シリーズの清水崇監督が実在の心霊スポットをテーマに贈る村シリーズの第3弾。“坪野鉱泉”など北陸の有名な心霊スポットを舞台に、不可解な現象に巻き込まれた女子高生を待ち受ける戦慄の恐怖を描く。主演はモデルで本作が女優デビューとなるKoki,。共演に萩原利久、高橋文哉。都内に暮らす女子高生の雨宮奏音は、ある心霊動画に出ていた女子高生が自分と瓜二つなことに驚愕する。しかも彼女が行方不明だと知り、妙な胸騒ぎを感じた奏音は、動画が撮影された廃墟“坪野鉱泉”がある富山へと向かうのだったが…。 JAN:4988101219254

「牛首村」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

日本

「牛首村」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン2

岸和田少年野球団

ペルソネル活動 3

写真甲子園 0.5秒の夏

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

北陸で埋もれた記憶を探す奏音(かのん)

投稿日:2022/06/23 レビュアー:くまげらの森

富山県魚津市に実在する心霊スポット坪野鉱泉を舞台に、清水崇監督の
「恐怖の村シリーズ」3作目。

Kokiが初主演という事で、なんとかアンバサダーとかモデルで活躍としか
知らないKokiのお芝居はどんなもんよ、という興味本位でございます。

結論から言えば、ホラーとしてはあまり怖くはない、とは言うものの
日本の田舎の風習や、祟り、人間の業、閉鎖社会の罪のようなものを浮き彫りに
させて、我々の根っこのところにある恐怖を痛く刺激するものでありました。
水たまりのシーンや、村人総立ちのシーンは工夫された演出で良かったです。
ラストシーンはちょっとした感動ものでした。
(ただし本当のラストは、「めでたしめでたし」では終わらない・・)

さて、Kokiさんですが、やはり足が素晴らしく長い!
顔立ちも可愛いし、奏音(かのん)として、ちゃんと演技になってましたね。
奏音の妹、詩音(しおん)と二役なんですが、ポッとした詩音と完全に演じ分けていて
お見事でした。
奏音のクラスメート萩原利久は、ちょっとアホっぽいですが、そんなセリフしか用意
しなかった脚本ミスでしょう。後半から登場の高橋文哉が、落ち着いた感じに映るのは、
萩原利久にとって二重の悲劇でした。

(ところで「牛の首」と言えば、小松左京の『くだんのはは』とか思い出しますが・・。
そちらも恐いですよ・・。)

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

牛首村

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

北陸で埋もれた記憶を探す奏音(かのん)

投稿日

2022/06/23

レビュアー

くまげらの森

富山県魚津市に実在する心霊スポット坪野鉱泉を舞台に、清水崇監督の
「恐怖の村シリーズ」3作目。

Kokiが初主演という事で、なんとかアンバサダーとかモデルで活躍としか
知らないKokiのお芝居はどんなもんよ、という興味本位でございます。

結論から言えば、ホラーとしてはあまり怖くはない、とは言うものの
日本の田舎の風習や、祟り、人間の業、閉鎖社会の罪のようなものを浮き彫りに
させて、我々の根っこのところにある恐怖を痛く刺激するものでありました。
水たまりのシーンや、村人総立ちのシーンは工夫された演出で良かったです。
ラストシーンはちょっとした感動ものでした。
(ただし本当のラストは、「めでたしめでたし」では終わらない・・)

さて、Kokiさんですが、やはり足が素晴らしく長い!
顔立ちも可愛いし、奏音(かのん)として、ちゃんと演技になってましたね。
奏音の妹、詩音(しおん)と二役なんですが、ポッとした詩音と完全に演じ分けていて
お見事でした。
奏音のクラスメート萩原利久は、ちょっとアホっぽいですが、そんなセリフしか用意
しなかった脚本ミスでしょう。後半から登場の高橋文哉が、落ち着いた感じに映るのは、
萩原利久にとって二重の悲劇でした。

(ところで「牛の首」と言えば、小松左京の『くだんのはは』とか思い出しますが・・。
そちらも恐いですよ・・。)

1〜 1件 / 全1件