アンチャーテッドの画像・ジャケット写真

アンチャーテッド / トム・ホランド

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

新作

ジャンル :

「アンチャーテッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

新作

解説・ストーリー

世界的人気ゲーム『アンチャーテッド』シリーズをトム・ホランド主演で実写映画化したアクション・アドベンチャー大作。怪しげなベテラン・トレジャーハンターのサリーにスカウトされ、危険なトレジャーハンティングの世界に飛び込んだ若者ネイトが、生き別れた兄の行方と50億ドルの財宝を求めて繰り広げる命がけの大冒険を壮大なスケールで描き出す。共演にマーク・ウォールバーグ、アントニオ・バンデラス。監督は「「ヴェノム」のルーベン・フライシャー。海洋冒険家フランシス・ドレイクの末裔ながら、今はしがないバーテンダーをしている青年ネイト。ある日、プロのトレジャーハンターであるサリーにスカウトされる。どこか信用できないサリーだったが、幼い頃に生き別れた兄サムを知っていたことから、誘いを受け入れ、トレジャーハンターになることを決意するネイトだったが…。 JAN:4547462125521

「アンチャーテッド」 の作品情報

作品情報

製作年:

2022年

製作国:

アメリカ

原題:

UNCHARTED

「アンチャーテッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

エビータ

ヴェノム

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

ジャスティス 闇の迷宮

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

兄の行方と50億ドルの財宝を求めて ネタバレ

投稿日:2022/05/15 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(2022年制作・アメリカ)ルーベン・フライシャー監督。
幼い頃、孤児院で兄のサムと別れ別れになったネイト(トム・ホランド)。
ニューヨークでバーテンダーをしていたが、たまにセコい盗みとかやっちゃう。
現れたのが、骨董商サリー(マーク・ウォールバーグ)。
大航海時代マゼランが、遠征から帰る途中に隠したという、50億ドルの財宝を探しており、
兄のサムとは、パートナーだったから行方がわかるかも、という誘いにネイトはバディを組む事になる。
事は簡単ではない、まず「大きな鍵」をオークション会場から盗む。
モンカーダの子孫で、、財宝を狙っている、サンティアゴ(アントニオ・バンデラス)
との争い、2つ揃わなければ使えない、もう一つの「大きな鍵」を持っているクロエ。
果たしてクロエは仲間なのか?サンティアゴの部下も手強い。

ネイトは盗みの才能はあるが、あとは身体のキレと頭脳のキレが武器だ。
着地後の姿勢とかもうスパイダーマン?
そこで糸出せっ!!て思うシーンがあってもガマンガマン・・。
『スパイダーマン』じゃあないトム・ホランドのアクション。なかなかやるじゃないか。
飛行機での闘い、古代の船舶、黄金の財宝がザクザク・・
アクションアドベンチャーならではのアイテムが興奮させる!
目まぐるしいながらも、トム・ホランドの表情も良く、面白い作品でした。
(行方不明のサムがオマケ映像に登場、続編をにおわせた。)

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

気軽に楽しめるアトラクションムービー

投稿日:2022/05/01 レビュアー:飛べない魔女

あっという間の116分。
最初からド派手なアクションぶちかましてきて
最期までハラハラしながら飽きずに見れました。
身軽で身体能力の高いトムくんの軽快なアクションと
サリー(マーク・ウォールバーグ)とのテンポの良い小粋な会話も
凄く楽しかったです。

謎ときは、この手の映画ではありがちな、なんでそんな少ない情報で
すぐに解けちゃうの?
という展開で都合よく進みます。
(でないと、話が進まないしね(笑))
あらま、サリーはいったいどうやってここに入ったの?
入れたんならもっと早く入れや!
という不思議なシーンもあったけど
まあ、その辺は深く考えるのはよしましょう(笑)
アトラクションムービーが、楽しくなくなりますからね。

続編アリですかね。
トムくんの新シリーズ始動ということでしょう。
楽しかったです。(あ、また書いちゃった(;^_^A)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

典型的トレジャーハンティングの話、というだけでは終わりません

投稿日:2022/06/13 レビュアー:hinakksk

 エンタテインメントに徹していて、とても面白かった。ゲームの映画化というだけあって、ご都合主義も色々あるけど、終ってみれば、楽しかったと満足できる内容。終盤までは、騙し騙され、裏切り裏切られ、という展開にすごくストレスフルだけれど、最後は信頼して笑顔で爽やかに終るのがとてもいい。それに対するご褒美も用意されていて、徒労に終わらないのもいい。

 終盤は、映画冒頭につながる、上空の貨物機での絶体絶命のスリリングな攻防や、空飛ぶ(!?)2隻の帆船上での手に汗握る怒涛のアクションの連続で、見応えがあります。若いトム・ホランドが演じているので、とてもフレッシュ。バーテンダー役も似合っていて、その特技が闘いぶりに度々活かされているのも一興かと。

 エンディングクレジットの途中に挿入されている映像から判断すると、どうやら続編があるらしい。アンチャーテッドというのは、「地図のない」とか「未踏の」とかいう意味なので、逆説的にそこに到達するには地図が必要。次回はナチスの地図をめぐる話らしいです。猫のミスター・ウィスカーズの登場場面がもっとあると嬉しいかな。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

最後まで楽しめた

投稿日:2022/05/19 レビュアー:勇光

ゲームを実写化したってだけあって、奇想天外度はけっこう高かったと思う。
が、そのぶんドラマ性がイマイチ。行方不明の兄との兄弟愛みたいなもんをチョコチョコ出して来たり、トムとマークの友情みたいなもんを出して話をしめくくっていたが、それらがストーリーを盛り上げているとは思われなかった。「モンスターハンター」みたいにはじめっからドラマはやりませんよって感じでアクションだけに徹した感じにしたほうがよかったと思う。
で、そのアクションだが、これはかなり派手なところがあり、面白かった。バーテンダーのトムが酒瓶をぐるぐる回しながらカクテルをつくるところとかも楽しかった。

惜しむらくは美人が出て来ないこと。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ツッコミどころが多過ぎて・・・

投稿日:2022/06/16 レビュアー:ホラーは観ないKEN

序盤は良かったものの、
地下道に入ってからは ツッコミどころが多過ぎて・・・。
幸い、映画のテンポは それほど悪くなかったので、最後まで観られましたが。

高評価のレビューが多い中、低評価で ごめんなさい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全12件

アンチャーテッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

兄の行方と50億ドルの財宝を求めて

投稿日

2022/05/15

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(2022年制作・アメリカ)ルーベン・フライシャー監督。
幼い頃、孤児院で兄のサムと別れ別れになったネイト(トム・ホランド)。
ニューヨークでバーテンダーをしていたが、たまにセコい盗みとかやっちゃう。
現れたのが、骨董商サリー(マーク・ウォールバーグ)。
大航海時代マゼランが、遠征から帰る途中に隠したという、50億ドルの財宝を探しており、
兄のサムとは、パートナーだったから行方がわかるかも、という誘いにネイトはバディを組む事になる。
事は簡単ではない、まず「大きな鍵」をオークション会場から盗む。
モンカーダの子孫で、、財宝を狙っている、サンティアゴ(アントニオ・バンデラス)
との争い、2つ揃わなければ使えない、もう一つの「大きな鍵」を持っているクロエ。
果たしてクロエは仲間なのか?サンティアゴの部下も手強い。

ネイトは盗みの才能はあるが、あとは身体のキレと頭脳のキレが武器だ。
着地後の姿勢とかもうスパイダーマン?
そこで糸出せっ!!て思うシーンがあってもガマンガマン・・。
『スパイダーマン』じゃあないトム・ホランドのアクション。なかなかやるじゃないか。
飛行機での闘い、古代の船舶、黄金の財宝がザクザク・・
アクションアドベンチャーならではのアイテムが興奮させる!
目まぐるしいながらも、トム・ホランドの表情も良く、面白い作品でした。
(行方不明のサムがオマケ映像に登場、続編をにおわせた。)

気軽に楽しめるアトラクションムービー

投稿日

2022/05/01

レビュアー

飛べない魔女

あっという間の116分。
最初からド派手なアクションぶちかましてきて
最期までハラハラしながら飽きずに見れました。
身軽で身体能力の高いトムくんの軽快なアクションと
サリー(マーク・ウォールバーグ)とのテンポの良い小粋な会話も
凄く楽しかったです。

謎ときは、この手の映画ではありがちな、なんでそんな少ない情報で
すぐに解けちゃうの?
という展開で都合よく進みます。
(でないと、話が進まないしね(笑))
あらま、サリーはいったいどうやってここに入ったの?
入れたんならもっと早く入れや!
という不思議なシーンもあったけど
まあ、その辺は深く考えるのはよしましょう(笑)
アトラクションムービーが、楽しくなくなりますからね。

続編アリですかね。
トムくんの新シリーズ始動ということでしょう。
楽しかったです。(あ、また書いちゃった(;^_^A)

典型的トレジャーハンティングの話、というだけでは終わりません

投稿日

2022/06/13

レビュアー

hinakksk

 エンタテインメントに徹していて、とても面白かった。ゲームの映画化というだけあって、ご都合主義も色々あるけど、終ってみれば、楽しかったと満足できる内容。終盤までは、騙し騙され、裏切り裏切られ、という展開にすごくストレスフルだけれど、最後は信頼して笑顔で爽やかに終るのがとてもいい。それに対するご褒美も用意されていて、徒労に終わらないのもいい。

 終盤は、映画冒頭につながる、上空の貨物機での絶体絶命のスリリングな攻防や、空飛ぶ(!?)2隻の帆船上での手に汗握る怒涛のアクションの連続で、見応えがあります。若いトム・ホランドが演じているので、とてもフレッシュ。バーテンダー役も似合っていて、その特技が闘いぶりに度々活かされているのも一興かと。

 エンディングクレジットの途中に挿入されている映像から判断すると、どうやら続編があるらしい。アンチャーテッドというのは、「地図のない」とか「未踏の」とかいう意味なので、逆説的にそこに到達するには地図が必要。次回はナチスの地図をめぐる話らしいです。猫のミスター・ウィスカーズの登場場面がもっとあると嬉しいかな。

最後まで楽しめた

投稿日

2022/05/19

レビュアー

勇光

ゲームを実写化したってだけあって、奇想天外度はけっこう高かったと思う。
が、そのぶんドラマ性がイマイチ。行方不明の兄との兄弟愛みたいなもんをチョコチョコ出して来たり、トムとマークの友情みたいなもんを出して話をしめくくっていたが、それらがストーリーを盛り上げているとは思われなかった。「モンスターハンター」みたいにはじめっからドラマはやりませんよって感じでアクションだけに徹した感じにしたほうがよかったと思う。
で、そのアクションだが、これはかなり派手なところがあり、面白かった。バーテンダーのトムが酒瓶をぐるぐる回しながらカクテルをつくるところとかも楽しかった。

惜しむらくは美人が出て来ないこと。

ツッコミどころが多過ぎて・・・

投稿日

2022/06/16

レビュアー

ホラーは観ないKEN

序盤は良かったものの、
地下道に入ってからは ツッコミどころが多過ぎて・・・。
幸い、映画のテンポは それほど悪くなかったので、最後まで観られましたが。

高評価のレビューが多い中、低評価で ごめんなさい。

1〜 5件 / 全12件