1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 邦画のDVDレンタル
  4. TVドラマのDVDレンタル
  5. コンフィデンスマンJP 英雄編
No.2 RANKING

コンフィデンスマンJP 英雄編

コンフィデンスマンJP 英雄編の画像・ジャケット写真

コンフィデンスマンJP 英雄編 / 長澤まさみ

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

シリーズ

新作

ジャンル :

「コンフィデンスマンJP 英雄編」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

新作

解説・ストーリー

長澤まさみ主演の大ヒットTVシリーズの劇場版第3弾。今回はヨーロッパのマルタ島を舞台に、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人が英雄の称号をかけて壮絶な騙し合いバトルを繰り広げる。引き続き古沢良太が脚本を手掛け、田中亮が監督を務める。英雄と謡われた一人の男が死んだ。彼こそは、ダー子、ボクちゃん、リチャードがいずれも師と仰ぐ伝説のコンフィデンスマン“三代目ツチノコ”。そこで3人は“四代目ツチノコ”の称号をかけ、オサカナ争奪の真剣勝負をすることに。ターゲットは、マルタ島のヴァレッタにある、スペイン人の元マフィアが所有する幻の古代ギリシャ彫刻“踊るビーナス”。こうしてはるばる世界遺産の都市ヴァレッタへとやって来た3人の前に、日本の警察ばかりかインターポールまでもが立ちはだかるのだったが…。 JAN:4988632505338

「コンフィデンスマンJP 英雄編」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

日本

「コンフィデンスマンJP 英雄編」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

株価暴落

ミュージカル『テニスの王子様』Absolute King 立海 feat.六角〜First Service

パンク侍、斬られて候

Go Ape

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

またまた、またもや「どんでん返し」 ネタバレ

投稿日:2022/05/20 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

劇場版として3作目になる『コンフィデンスマンJP 英雄編』
「英雄」と謳われた詐欺師「三代目ツチノコ」が死んだ。
4代目の称号をかけ、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人がついに激突。
地中海に浮かぶマルタ島の首都、ヴァレッタへやって来た彼らは、元マフィア(城田優)が
所有するギリシャ彫刻「踊るビーナス」を7日以内に手に入れるべく争う。

う〜ん、その内輪の闘いは面白いのだろうか(笑)
今回は、「ダー子目線」「ボクちゃん目線」など、構成に含みがあり、いつものように時系列も
かなり重複するが、丁寧と言えば丁寧、しつこいと言えばやはりしつこい。
そういう事だったのか!
騙されたという「驚き」こそ何回もあるが、そもそも何回も観たいという「感動」は薄い。

気楽に観られるのがこのシリーズの良さなので、序盤の流れがやや固いのが損だった。
ともあれ、インターポールや日本の警察までやってきてのコンゲーム、
どんでん返しを楽しむべし。(瀬戸康史はじめ松重豊、真木よう子の演技も良かったと思う)

ちなみに、マルタ島のロケはコロナで許可が降りず撮影のみ。ほとんどのシーンは
国内で工夫して撮ったそうだ。いやはや、信用詐欺師ならぬ「映像詐欺師」たちの
仕事っぷり。地中海もどきのステキな海で、おサカナになって泳ぐしかないわね〜♪

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ザ・ラストゲームグランドフィナーレバトルロワイヤル

投稿日:2022/06/04 レビュアー:kazupon

監督:田中亮(2021年・日本・127分)
脚本:古沢良太

劇場版第3弾。キーワードは「ツチノコ」
序盤で「ツチノコ」と呼ばれる“英雄”のことが語られる。早い話が「鼠小僧」のような義賊のこと。そして、ダー子たちにとっては、彼らの師匠「三代目ツチノコ(角野卓三)」を意味する。
その三代目が亡くなり警察の捜査の手も迫る中、ボクちゃんはダー子に足を洗わせようとし、リチャードは情熱を失ったと言う。
しかし、ダー子は新しい「おサカナ釣り」がしたくてウズウズしているのだ。
そこで、この3人による「詐欺合戦」が提案され、敗者は勝者の“言い成り”になるというもの。
選ばれた舞台は、マルタ島のヴァレッタ。おサカナは、スペイン人と日本人のハーフで元マフィアのジェラール・ゴンザレス(城田優)、狙うお宝は幻の古代ギリシャ彫刻「踊るビーナス」
三者三様にあの手この手で「ザ・ラストゲームグランドフィナーレバトルロワイヤル」(←劇中、ダー子が命名)が繰り広げられる。

ロケ地マルタ島の美しさに見惚れてしまう。青い空、青い海。どの建物も砂の色をしていて、歴史の在りそうな建造物の佇まいも素敵だ。
しかし、コロナ禍だったこともあり、和歌山県の“ポルトヨーロッパ”というテーマパークでも撮影をしたそうだ。地中海をイメージした造りとなっていて、写真で観る限り本物そっくりの景観に見える。

本作での新しい登場人物は、ゴンザレスの城田優らの他に、生田絵梨花(ゴンザレスの女)、瀬戸康史(インターポール、マルセル真梨邑)、松重豊(丹波)、真木よう子(謎の女)等々。後はお馴染みの過去メンバー、登場人物が多数出演。
姿は見えないけれど、ジェシー(三浦春馬)やスタア(竹内結子)もストーリー内で活躍してくれる。
過去に遡っての種明かしにはもう慣れたけれど、最後の最後、ダー子たちもすっかり騙されていたワケなのねー。まだまだ「四代目ツチノコ」は誰も引き継げないみたい。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

笑える騙しあい

投稿日:2022/06/12 レビュアー:oyoyo

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ
「コンフィデンスマンJP」の劇場版第3作

今回も「騙された〜!」
楽しく騙されました。
ただ、さすがにコレは子猫ちゃんかな?
コレは本物かな?
と疑いながら観たので、騙されなかった所も少しはある(笑)

街全体が「世界遺産」に登録されている地中海のマルタ島の首都ヴァレッタが美しい。
と思いきや、ロケは日本国内で撮影したらしい。
騙された〜!

長澤まさみはやっぱりハマり役!
もう他の映画で長澤まさみ見ても「ダー子」にしか見えない(笑)

ジェシーとスターは当然出ないが、台詞の内で存在だけはしている・・・。

面白かった!

85点 

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

なかなか面白かった。

投稿日:2022/06/10 レビュアー:いち映画ファン

昨今の給付金不正受給などみみっちい詐欺事件をニュースで見ていて呆れていたが、
この映画を観てなんかスッキリした気分になった。面白かった。

マイページから最新投稿レビューを見つけてからはレビューアーの方々のレビュー
を作品選びの参考にしています。ベテランレビューアーの方々のレビューは興味深く
毎回楽しみにしています。脱会された方もおられますが、みなさん長く続けてほしい
です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

7点満点中

投稿日:2022/05/23 レビュアー:ビリケン

4点

まあまあでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

コンフィデンスマンJP 英雄編

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

またまた、またもや「どんでん返し」

投稿日

2022/05/20

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

劇場版として3作目になる『コンフィデンスマンJP 英雄編』
「英雄」と謳われた詐欺師「三代目ツチノコ」が死んだ。
4代目の称号をかけ、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人がついに激突。
地中海に浮かぶマルタ島の首都、ヴァレッタへやって来た彼らは、元マフィア(城田優)が
所有するギリシャ彫刻「踊るビーナス」を7日以内に手に入れるべく争う。

う〜ん、その内輪の闘いは面白いのだろうか(笑)
今回は、「ダー子目線」「ボクちゃん目線」など、構成に含みがあり、いつものように時系列も
かなり重複するが、丁寧と言えば丁寧、しつこいと言えばやはりしつこい。
そういう事だったのか!
騙されたという「驚き」こそ何回もあるが、そもそも何回も観たいという「感動」は薄い。

気楽に観られるのがこのシリーズの良さなので、序盤の流れがやや固いのが損だった。
ともあれ、インターポールや日本の警察までやってきてのコンゲーム、
どんでん返しを楽しむべし。(瀬戸康史はじめ松重豊、真木よう子の演技も良かったと思う)

ちなみに、マルタ島のロケはコロナで許可が降りず撮影のみ。ほとんどのシーンは
国内で工夫して撮ったそうだ。いやはや、信用詐欺師ならぬ「映像詐欺師」たちの
仕事っぷり。地中海もどきのステキな海で、おサカナになって泳ぐしかないわね〜♪

ザ・ラストゲームグランドフィナーレバトルロワイヤル

投稿日

2022/06/04

レビュアー

kazupon

監督:田中亮(2021年・日本・127分)
脚本:古沢良太

劇場版第3弾。キーワードは「ツチノコ」
序盤で「ツチノコ」と呼ばれる“英雄”のことが語られる。早い話が「鼠小僧」のような義賊のこと。そして、ダー子たちにとっては、彼らの師匠「三代目ツチノコ(角野卓三)」を意味する。
その三代目が亡くなり警察の捜査の手も迫る中、ボクちゃんはダー子に足を洗わせようとし、リチャードは情熱を失ったと言う。
しかし、ダー子は新しい「おサカナ釣り」がしたくてウズウズしているのだ。
そこで、この3人による「詐欺合戦」が提案され、敗者は勝者の“言い成り”になるというもの。
選ばれた舞台は、マルタ島のヴァレッタ。おサカナは、スペイン人と日本人のハーフで元マフィアのジェラール・ゴンザレス(城田優)、狙うお宝は幻の古代ギリシャ彫刻「踊るビーナス」
三者三様にあの手この手で「ザ・ラストゲームグランドフィナーレバトルロワイヤル」(←劇中、ダー子が命名)が繰り広げられる。

ロケ地マルタ島の美しさに見惚れてしまう。青い空、青い海。どの建物も砂の色をしていて、歴史の在りそうな建造物の佇まいも素敵だ。
しかし、コロナ禍だったこともあり、和歌山県の“ポルトヨーロッパ”というテーマパークでも撮影をしたそうだ。地中海をイメージした造りとなっていて、写真で観る限り本物そっくりの景観に見える。

本作での新しい登場人物は、ゴンザレスの城田優らの他に、生田絵梨花(ゴンザレスの女)、瀬戸康史(インターポール、マルセル真梨邑)、松重豊(丹波)、真木よう子(謎の女)等々。後はお馴染みの過去メンバー、登場人物が多数出演。
姿は見えないけれど、ジェシー(三浦春馬)やスタア(竹内結子)もストーリー内で活躍してくれる。
過去に遡っての種明かしにはもう慣れたけれど、最後の最後、ダー子たちもすっかり騙されていたワケなのねー。まだまだ「四代目ツチノコ」は誰も引き継げないみたい。

笑える騙しあい

投稿日

2022/06/12

レビュアー

oyoyo

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ
「コンフィデンスマンJP」の劇場版第3作

今回も「騙された〜!」
楽しく騙されました。
ただ、さすがにコレは子猫ちゃんかな?
コレは本物かな?
と疑いながら観たので、騙されなかった所も少しはある(笑)

街全体が「世界遺産」に登録されている地中海のマルタ島の首都ヴァレッタが美しい。
と思いきや、ロケは日本国内で撮影したらしい。
騙された〜!

長澤まさみはやっぱりハマり役!
もう他の映画で長澤まさみ見ても「ダー子」にしか見えない(笑)

ジェシーとスターは当然出ないが、台詞の内で存在だけはしている・・・。

面白かった!

85点 

なかなか面白かった。

投稿日

2022/06/10

レビュアー

いち映画ファン

昨今の給付金不正受給などみみっちい詐欺事件をニュースで見ていて呆れていたが、
この映画を観てなんかスッキリした気分になった。面白かった。

マイページから最新投稿レビューを見つけてからはレビューアーの方々のレビュー
を作品選びの参考にしています。ベテランレビューアーの方々のレビューは興味深く
毎回楽しみにしています。脱会された方もおられますが、みなさん長く続けてほしい
です。

7点満点中

投稿日

2022/05/23

レビュアー

ビリケン

4点

まあまあでした。

1〜 5件 / 全5件

同シリーズ作品を借りる