1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ホラーのDVDレンタル
  5. ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス

ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス

ポスト・モーテム 遺体写真家トーマスの画像・ジャケット写真

ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス / ヴィクトル・クレム

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

新作

ジャンル :

「ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

新作

解説・ストーリー

遺体写真家と可憐な少女が呪われた村の秘密に挑むハンガリー製ホラー。死体と遺族を撮影する遺体写真家のトーマスは、戦争と疫病で荒廃した村に暮らす少女・アナと共に、村に棲み着く悪霊を撮影していく。だが、怒り狂った霊たちが村人に襲い掛かり…。※一般告知解禁日:5月6日

「ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス」 の作品情報

作品情報

製作年:

2020年

製作国:

ハンガリー

原題:

POST MORTEM

「ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

コップ・ハンター

バンディット 実在した最強無敵の銀行強盗

ハンガリー連続殺人鬼

人生に乾杯!

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

死後の世界を垣間見た男と少女が怪事件に挑む…

投稿日:2022/06/04 レビュアー:コタロウ(!)

1918年、第一次世界大戦末期、ドイツ兵トーマスは爆風で意識を失い、死者と見なされて墓穴に投げ込まれた。
しかし、彼は少女の幻影に呼びかけられて意識を取り戻し、生還する。
それから半年後のハンガリー、トーマスは、死者と遺族の家族写真を撮影する写真家として働いていた。
冬のある日、少女アナが「私の村で、死者の遺体を撮って欲しい」とトーマスの元を訪れる…

スペイン風邪の流行、敗戦国ハンガリー、季節は冬という設定のためか、雰囲気が暗い。
ハンガリーにはホッローケーという美しい村があるが、アナの村もそこと似ている。
しかし、大地も遺体も凍りつく冬の季節のため緑はない。
白色が目立ち色彩の乏しい映像だったが、どこか静謐な雰囲気があった。

幽霊が出るというアナの村では、様々な怪異が起こる。黒い人影、空中浮揚、霊による殺人などだ。
横たわっていたはずの遺体が、謎のポージングを見せたりもする。
とりあえずホラー作品なのだろう。怖くないが…

仮死状態で生まれたアナは、伯母の介抱で息を吹き返した。
死から生還したトーマスとアナ、二人には惹かれ合うものがあるらしい。
トーマスに宿を提供する女教師マルチャは、彼のために命を懸けて献身する。
しかし、彼女がトーマスから得たのは愛ではなく、感謝だった…
「Post Mortem」の意味は「死後」とのこと。
死後の世界を垣間見たトーマスとアナの活躍は、まだまだ続くらしい。
トーマスって…いや、私の心が汚れているのだろう

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

私をお墓に連れてって

投稿日:2022/05/23 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0


タイムが116分もあるので こりゃ駄目だと思うのだが アカデミー
外国映画賞受賞とかデカくあるので びっくりだが 何だよ候補かよ
w これにいつも 皆騙されるのだが 候補つうのは普通の娯楽映画
より まず駄目のが多いよね だいたい獲ったのはドラマイカーだべ

薄暗い画面がもうホラーとしての魅力無し 第一次世界大戦の頃か
爆弾でスローで空中を飛ぶ兵士達で演出力無し ああ1分で早送り
血を吸うカメラな死体愛好症ホラーであるのは趣味が良いwのだが
良心的にお芸術目指していて またかよとなる 演出にメリハリが
ないので 恥ずかしがらずにマリオバーバやルチオフルチで勉強
してねと言いたくなるね 知らねえんじゃないの

ただ単に気色の悪い死体に星ひとつ おまけ

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

★チェック

投稿日:2022/08/12 レビュアー:★チェック

★チェック

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

死後の世界を垣間見た男と少女が怪事件に挑む…

投稿日

2022/06/04

レビュアー

コタロウ(!)

1918年、第一次世界大戦末期、ドイツ兵トーマスは爆風で意識を失い、死者と見なされて墓穴に投げ込まれた。
しかし、彼は少女の幻影に呼びかけられて意識を取り戻し、生還する。
それから半年後のハンガリー、トーマスは、死者と遺族の家族写真を撮影する写真家として働いていた。
冬のある日、少女アナが「私の村で、死者の遺体を撮って欲しい」とトーマスの元を訪れる…

スペイン風邪の流行、敗戦国ハンガリー、季節は冬という設定のためか、雰囲気が暗い。
ハンガリーにはホッローケーという美しい村があるが、アナの村もそこと似ている。
しかし、大地も遺体も凍りつく冬の季節のため緑はない。
白色が目立ち色彩の乏しい映像だったが、どこか静謐な雰囲気があった。

幽霊が出るというアナの村では、様々な怪異が起こる。黒い人影、空中浮揚、霊による殺人などだ。
横たわっていたはずの遺体が、謎のポージングを見せたりもする。
とりあえずホラー作品なのだろう。怖くないが…

仮死状態で生まれたアナは、伯母の介抱で息を吹き返した。
死から生還したトーマスとアナ、二人には惹かれ合うものがあるらしい。
トーマスに宿を提供する女教師マルチャは、彼のために命を懸けて献身する。
しかし、彼女がトーマスから得たのは愛ではなく、感謝だった…
「Post Mortem」の意味は「死後」とのこと。
死後の世界を垣間見たトーマスとアナの活躍は、まだまだ続くらしい。
トーマスって…いや、私の心が汚れているのだろう

私をお墓に連れてって

投稿日

2022/05/23

レビュアー

裸足のラヴァース 2.0


タイムが116分もあるので こりゃ駄目だと思うのだが アカデミー
外国映画賞受賞とかデカくあるので びっくりだが 何だよ候補かよ
w これにいつも 皆騙されるのだが 候補つうのは普通の娯楽映画
より まず駄目のが多いよね だいたい獲ったのはドラマイカーだべ

薄暗い画面がもうホラーとしての魅力無し 第一次世界大戦の頃か
爆弾でスローで空中を飛ぶ兵士達で演出力無し ああ1分で早送り
血を吸うカメラな死体愛好症ホラーであるのは趣味が良いwのだが
良心的にお芸術目指していて またかよとなる 演出にメリハリが
ないので 恥ずかしがらずにマリオバーバやルチオフルチで勉強
してねと言いたくなるね 知らねえんじゃないの

ただ単に気色の悪い死体に星ひとつ おまけ

★チェック

投稿日

2022/08/12

レビュアー

★チェック

★チェック

1〜 3件 / 全3件