草の響きの画像・ジャケット写真

草の響き / 東出昌大

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

新作

ジャンル :

「草の響き」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

新作

解説・ストーリー

佐藤泰志の短編小説を「菊とギロチン」「寝ても覚めても」の東出昌大主演で映画化した人間ドラマ。心を病み、妻を連れて故郷の函館に戻った男が、運動療法としてひたすら走る続ける中で周囲の人と織りなす葛藤と再生の人間模様を繊細に綴る。共演は奈緒、大東駿介、室井滋。監督は「なにもこわいことはない」「空の瞳とカタツムリ」の斎藤久志。東京で出版社に勤めていた和雄は、徐々に精神のバランスを崩し、妻の純子とともに故郷の函館に帰ってきた。やがて自律神経失調症と診断された彼は、運動療法として医師から指示されたランニングを始める。仕事を休み、毎日同じ場所を黙々と走り続ける和雄。一方、走ること以外何もできない夫を献身的に支えていく純子だったが…。 JAN:4907953220980

「草の響き」 の作品情報

作品情報

製作年:

2021年

製作国:

日本

「草の響き」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

加瀬仁美

原作:

佐藤泰志佐藤泰志

撮影:

石井勲

音楽:

佐藤洋介

関連作品

関連作品

MAKOTO

パンチライン

就活戦線異状あり

富士ファミリー 2017

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ひたすら走る東出昌大 ネタバレ

投稿日:2022/05/13 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(2021年制作・斉藤久志監督)
佐藤泰志の1979年発表の短編小説が原作。やはり「函館」が舞台である。
自律神経失調症と診断された主人公が、運動療法としてひたすらランニングをする話なのだが、
映画になりえる要素があるのか不安を覚えた。

改変された部分として、主人公には和雄という名前が付与され、結婚している。
妻の奈緒さんは可愛いのだが、洗濯物の取り込みなど和雄に注意する言葉がきつい。
(妊娠して)子供が出来て嬉しいですか、とボソボソ聞く奈緒。
ぎこちない雰囲気の夫婦である。
あまり良い改変でなかったと私は思う。

作者の佐藤泰志も28歳の時、自立神経失調症の診断を受けている。
以後、死までずっと精神安定剤を服用、療法としてのランニングを一日10キロ走った。
『草の響き』は、佐藤の本音に近い作品であるかもしれない。
函館の風景がとても美しい。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

草の響き

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

ひたすら走る東出昌大

投稿日

2022/05/13

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(2021年制作・斉藤久志監督)
佐藤泰志の1979年発表の短編小説が原作。やはり「函館」が舞台である。
自律神経失調症と診断された主人公が、運動療法としてひたすらランニングをする話なのだが、
映画になりえる要素があるのか不安を覚えた。

改変された部分として、主人公には和雄という名前が付与され、結婚している。
妻の奈緒さんは可愛いのだが、洗濯物の取り込みなど和雄に注意する言葉がきつい。
(妊娠して)子供が出来て嬉しいですか、とボソボソ聞く奈緒。
ぎこちない雰囲気の夫婦である。
あまり良い改変でなかったと私は思う。

作者の佐藤泰志も28歳の時、自立神経失調症の診断を受けている。
以後、死までずっと精神安定剤を服用、療法としてのランニングを一日10キロ走った。
『草の響き』は、佐藤の本音に近い作品であるかもしれない。
函館の風景がとても美しい。

1〜 1件 / 全1件