1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. ほんとうのピノッキオ
No.78 RANKING

ほんとうのピノッキオ

ほんとうのピノッキオの画像・ジャケット写真

ほんとうのピノッキオ / ロベルト・ベニーニ

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

準新作

ジャンル :

「ほんとうのピノッキオ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

準新作

解説・ストーリー

「五日物語 -3つの王国と3人の女-」「ドッグマン」のマッテオ・ガローネ監督がピノッキオの物語を、カルロ・コロディの原作に改めて立ち返り、ダークな世界観と圧倒的映像美で映画化したファンタジー・ドラマ。出演はジェペット役にロベルト・ベニーニ、ピノッキオ役にフェデリコ・エラピ。ある日、貧しい木工職人のジェペット爺さんが丸太から人形を彫り出すと、それはいきなりしゃべり始めた。驚いたジェペットは人形をピノッキオと名付けると、我が子ができたと喜び、彼を学校へ通わせようとする。ところがやんちゃなピノッキオは、移動人形劇の一座に潜り込み、そこで団長に捕まってしまう。“人間になりたい”と願うピノッキオは、おしゃべりコオロギの忠告に耳を貸すことなく、その後も危険な大冒険を重ねていくのだったが…。 JAN:4907953221079

「ほんとうのピノッキオ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2019年

製作国:

イタリア

原題:

PINOCCHIO

「ほんとうのピノッキオ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ナイト・オン・ザ・プラネット

ルナ

ダウン・バイ・ロー

ゴモラ

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

生真面目すぎるピノッキオ譚

投稿日:2022/07/07 レビュアー:hinakksk

 邦題の「ほんとうの」というのは、たぶん時代背景やカルロ・コロディの原作に忠実という意味なのだろうと思うのだが、原作に忠実ということと、映像として面白いかどうかということは、全く別問題なのではないだろうか。この映画の美術はコンセプトが統一されていて本当にすばらしいと思うのだけれど、ストーリーは淡々とし過ぎていて盛り上がりもなく、面白くも楽しくも怖くもなかった。幻想的ではあるが、全体的にとても陰気で暗澹としていて、少々不気味でグロテスク。

 自分自身で作った木彫りの人形が生きていると知って、息子ができたとジェペットが大喜びする場面と、願いが叶って本当の人間になれたピノッキオが大喜びする場面を除いては、あまり喜怒哀楽が表現されていない。ピノッキオも他の登場人物もほとんど笑ったり泣いたりしない。騙されて金貨を失っても平気そうだし、玩具の国で子どもたちは楽しそうに遊ぶけれど、その楽しさが伝わってこない。感情までもがコントロールされていて、とても様式的に感じる。

 ピノッキオを次々と襲う苦難にハラハラドキドキもしなかったし、様々な過酷な体験から多くを学びピノッキオは賢さを身につけていくのだけれど、彼の成長が生き生きとした実感として伝わってこなかった。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

実写化ファンタジー

投稿日:2022/06/03 レビュアー:あんちゃん

映像や出だしの雰囲気だと、ダークな内容かと疑ってしまう。
けど、中身は健全な内容。
子供の頃読んだ絵本などの実写化といって良い。
だから、もう少し明るい色使いをして欲しかった。
暴力やダーク表現を嫌悪する立場としては、安心して見られる作品かどうか分からない場合、ストーリー無視で全体を早送りで捉えてから、普通再生するか否か決める時があり、今回はまさにそれになった。
終盤の仕上がりを思うと、なんかもったいない。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ほんとうのピノッキオ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

生真面目すぎるピノッキオ譚

投稿日

2022/07/07

レビュアー

hinakksk

 邦題の「ほんとうの」というのは、たぶん時代背景やカルロ・コロディの原作に忠実という意味なのだろうと思うのだが、原作に忠実ということと、映像として面白いかどうかということは、全く別問題なのではないだろうか。この映画の美術はコンセプトが統一されていて本当にすばらしいと思うのだけれど、ストーリーは淡々とし過ぎていて盛り上がりもなく、面白くも楽しくも怖くもなかった。幻想的ではあるが、全体的にとても陰気で暗澹としていて、少々不気味でグロテスク。

 自分自身で作った木彫りの人形が生きていると知って、息子ができたとジェペットが大喜びする場面と、願いが叶って本当の人間になれたピノッキオが大喜びする場面を除いては、あまり喜怒哀楽が表現されていない。ピノッキオも他の登場人物もほとんど笑ったり泣いたりしない。騙されて金貨を失っても平気そうだし、玩具の国で子どもたちは楽しそうに遊ぶけれど、その楽しさが伝わってこない。感情までもがコントロールされていて、とても様式的に感じる。

 ピノッキオを次々と襲う苦難にハラハラドキドキもしなかったし、様々な過酷な体験から多くを学びピノッキオは賢さを身につけていくのだけれど、彼の成長が生き生きとした実感として伝わってこなかった。

実写化ファンタジー

投稿日

2022/06/03

レビュアー

あんちゃん

映像や出だしの雰囲気だと、ダークな内容かと疑ってしまう。
けど、中身は健全な内容。
子供の頃読んだ絵本などの実写化といって良い。
だから、もう少し明るい色使いをして欲しかった。
暴力やダーク表現を嫌悪する立場としては、安心して見られる作品かどうか分からない場合、ストーリー無視で全体を早送りで捉えてから、普通再生するか否か決める時があり、今回はまさにそれになった。
終盤の仕上がりを思うと、なんかもったいない。

1〜 2件 / 全2件